タグ「コンピレーションアルバム」が付けられているもの

Best Hit (ベスト・ヒット)

ベスト・ヒット

 1枚ものとしては、和田アキ子最良のベスト盤。ヒット・シングルを時系列的に網羅し、根底にある魅力と時代による楽曲の変遷とが手に取るように分かる。

 「和製R&B」が意味するところは、このベスト盤でほぼ理解できるだろう。まず、デビュー曲から検証してみると、割とオーソドックスなブルーズのリズムに乗って、実に生き生きと「日本の歌謡曲」が歌われている。それはかつてロカビリーを様々なシンガーがカヴァーしたのとは異なり、むしろ笠置シヅ子や美空ひばりが歌ったような和製ブギーの血を引くものとすれば理解しやすい。そこには、日本人好みのメロディーと、いわゆる「舶来モノ」のリズムが融合したときの何とも言えない快感がある。

 「どしゃぶりの雨の中で」になると、さらにその傾向は強くなる。極めてブルージィなアレンジメントではあるが、メロディは日本の歌謡曲そのもの。「笑って許して」、「天使になれない」も同様の色が強い名曲である。「古い日記」に至っては、ジェイムズ・ブラウン顔負けのパワフルなソウルなのだが、やはり歌謡曲の要素がビシビシと響いて気持ちいいことこの上ない。

 「あの鐘を鳴らすのはあなた」は、和田アキ子が最も大切にしていると公言している曲だが、このアルバム中の白眉であろう。しかし、意外にも歌謡曲っぽさが希薄で、メロディ的にはシャンソンのようで優雅である。

 問題は「雨のサタデー」以降の曲。ここからは、従来とは逆の発想を元に作られた曲が殆ど。つまり、歌謡曲そのもののアレンジメントおよびメロディを、和田アキ子がソウルフルに歌い上げるというもの。この代表的な成功例が「だってしょうがないじゃない」、「愛、とどきますか」である。前半と後半、好みは分かれるところかもしれない。

Classic Yes (クラシック・イエス)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

クラシック・イエス(紙ジャケット仕様)

 イエスのベスト盤(またはオムニバス盤)としては、第2集ということになろうか。前作「イエスタデイズ」もそうだが、この盤も相当偏っている。「究極」以降のアルバムからは「不思議なお話を」の1曲のみ、後は「サード・アルバム」、「こわれもの」、「危機」からとなっている。ボーナストラックのライヴ音源にしても、例外なくだ。

 実際、現在の視点に立ってみると、選曲が黄金期に集中しているため「ベスト」ということになろうが、当時の状況を考えれば「ドラマ」でイエスとしての個性を見失ったような状態に置かれたスクワイアが、この黄金期を匂わせる本作を編纂した、と言えないだろうか。「イエスショウズ」と同様の意図が感じられるとも言えよう。

 スクワイアが編纂しただけあって、ベース(低音)がオリジナルよりブーストされており、随分とヘヴィな印象を受ける。しかし、真に重要なのは、ライヴ音源によるボーナストラックの「ラウンドアバウト」と「アイヴ・シーン・オール・グッド・ピープル」である。「イエスソングス」時期よりもさらに疾走感を増して演奏され、その興奮度は最大。オリジナル・アナログ盤では付録のシングル盤に収録されていた。

Yesterdays (イエスタデイズ)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

イエスタデイズ(紙ジャケット仕様)

 イエス初のオムニバス盤である本作は謎に満ちている。その謎の主体は、その選曲にある。冒頭の「アメリカ」と最後の「ディア・ファーザー」はオリジナル・アルバム未収録曲とあって、未収録曲を収録するスタンスを採ることの多いオムニバス盤としての手法に基づいている為例外とするが、その他の曲がすべて「ファースト・アルバム」と「時間と言葉」の曲で占められているのだ。

 発売時を考えると傑作アルバムが出揃っているので、「こわれもの」や「サード・アルバム」、「危機」「海洋地形学の物語」「リレイヤー」といったアルバムから壮大な組曲がエディットされてでも収録されそうなものだが、そういった作品はなぜか一切無視されている。もしかしたら、「サード・アルバム」で名声をものにしたイエスが、それ以前の歴史をファンに知ってもらおうと意図したのかも知れないし、単に本人達のノスタルジーであったのかも知れない。

 実際、このオムニバス盤を聴いていると無性に初期2枚が聴きたくなる。本オムニバス盤発売時のイエスは、モラーツの脱退や音楽性の試行錯誤などもあって、結構疲弊していたのではないだろうか。初期へのノスタルジーという解釈は、強ち外れとは言いがたいのではないか。

 以後、かなりのオムニバス盤が発売されるイエスだが、ここまで極端で妙な個性を放つものは現れようがない。

A Wizard, A True Star (神秘の軌跡)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

神秘の軌跡 1

 いきなり私的なことで恐縮だが、偶然某所の棚に陳列してあった、このアンソロジー盤。全ての紙ジャケを揃えるまで、それほどマーク・ボランを掘り下げるつもりの無かった私だが、オリジナル・アルバムを自由に聴くことが出来る環境に置かれ、徐々にオリジナル・アルバム以外の音源に興味が沸くこととなった。そんなとき、目に飛び込んできたのが、この3枚である。実に発売より6年経過してからの入手。

 このアンソロジー、いくら好きでも未発表音源で埋め尽くされて辟易するようなものが横行する中、実に編集のセンスが良く、適度に発表済みの音源を混ぜることによって、マーク・ボランがどのようにして楽曲を組み立てていったかという臨場感を生み出している。当然、スタジオ・ワークをそのまま編集したわけではないのだが、雰囲気という意味で素晴らしい。

 確かに、未発表のものを多く求める意味では、かなり不足の感はある。紙ジャケ盤等にボーナス・トラックとして収録されたものとの重複もあって、全体に「未発表」っぽいものが少ないのは確かだ。しかし、殆どのアウトテイクや企画モノで聴かれる強烈なクォリティには圧倒されるし、ラフなデモやライヴ音源には、更なる未発表音源への興味を掻き立てられワクワクしてしまう。

 マーク・ボランは、音の中に永遠に生きている。

Great Hits (グレイト・ヒッツ)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

グレイト・ヒッツ(紙ジャケット仕様)

 ベスト盤である。だが、アルバム未収録曲が多く収録されているので、オリジナル・アルバムと見做しても十分説得力のあるアルバムだ。その一曲一曲が、ヒット連発中のT・レックスを雄弁に物語る。

 これほど素晴らしいベスト盤は、他にクィーンの「グレイテスト・ヒッツ」ぐらいしか思いつかない。シングル・ヒットの嵐がしっかりと収録され、とにかく全編心躍りっぱなし。「ジルバの恋」や「サンダーウィング」といったB面曲や、過去のアルバム既収録曲もフォローされているが、A面曲に劣らない曲ばかりで、この構成力に参ってしまう。このベスト盤は何度聴いても凄いの一言である。

 改めて説明するまでもないだろうが、「イージー・アクション」、「20センチュリー・ボーイ」などは、ボラン・ブギーの超傑作だし、「ザ・スライダー」とはダブってしまうが、「テレグラム・サム」や「メタル・グルー」、「ザ・スライダー」など名曲中の名曲もズラリ。「ザ・グルーヴァー」は売り上げが落ち始めた頃のものだが、「T! R! E! X!」とシャウトするコーラスや倦怠感を伴って歌うボランが本当に魅力的な隠れた名曲だ。

 あぁ、常に盛り上がりっぱなしという感じだ。魅力あるクールなオモチャが窮屈そうに詰め込まれたトイ・ボックス、それがこのアルバムである。T・レックス初心者は、まずこのアルバムから聴いてみても良いのでは?