アオシマ ミニ合体 トライダーG7

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

AOSHIMA Mini Gattai TRIDER G7

 28年前に発売された、懐かしの「アオシマ ミニ合体 トライダーG7」を、真面目に塗って製作。

 といっても、このアイテムは「アオシマ ミニ合体 トライダーG7」そのものではなく、3度目くらいの「金型流用別キャラ」である「BBガンボット シュワルツェネッガー」というトンデモアイテム。

 トライダーと殆ど仕様が変わっていないので(成型色は完全に別物)、素直にパチ組みしてみました。

 パーツの合いが悪すぎて、とても継ぎ目を消したりする余裕はありませんでしたので、ちょっと汚いですが。

 しかも、頭部に付属するゾロメカしか作る気力がありませんでした。

仮面ライダー01 仮面ライダー旧1号(桜島1号)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

MASKED RIDER 1(OLD SAKURAJIMA ver.)

 「桜島1号」は、仮面ライダー2号との初共演時に登場した、赤いCアイが特徴の旧1号です。

 このバージョンが商品化されるということは、そのブランドがマニアックなファンに認知された証拠。ソフビ魂のブランドイメージも安泰といったところでしょうか。

 一際目を引く赤いCアイが美しい上、本体自体が全て新造形というこだわりっぷり。旧2号と並べる際は、是非こちらをチョイスしたいところ。

レオパルドン&スパイダーマン

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

LEOPARDON & SPIDERMAN

 東映版「スパイダーマン」は、「ジャッカー電撃隊」と「バトルフィーバーJ」のミッシングリンクとも言うべき内容を有した、知る人ぞ知る傑作特撮TVドラマです。

 マーヴェルの版権に関する問題から、長らく商品化のチャンスに恵まれませんでしたが、全話DVD-BOXセットの発売をきっかけにしたのか、遂にレオパルドンが超合金魂化されました。

 商品展開期間が限定されているのか否かは定かではありませんが、ソフビ魂版スパイダーマンを同梱したり、どこから見ても「キャラウィール」なスパイダーマシンGP-7(ポピニカ風との触れ込み)が付属したり、至れり尽くせりの内容になっています。とにかく、「東映スパイダーマン関連のトイを全部詰め込んでおけ」的な気合が感じられます。

 レオパルドン自体は、母艦形態のマーベラーに完全変形するギミックを搭載しつつ、劇中のスーツにも準拠したスタイルを再現可能。各関節の可動や、マーベラーに極小GP-7を格納するギミックなど、完成度の高い当時の超合金を超える仕様になっています。

 ソフビ魂スパイダーマンは、名乗りポーズの中の最初のポーズをイメージして立体化。クモの巣パターンが手書きになっており、工程に携わった方の苦労が偲ばれる一品です。

AG-V10 マーシィドッグ

B・ATM-03 1/48 SCALE FATTY

 アクティックギア第10弾は、スコープドッグの湿地戦用カスタマイズモデルである、マーシィドッグ。

 下半身のみ防水装備という危なっかしい設定が、却ってリアル感を生み、ファン人気の高いモデルです。クメン編でキリコがアッセンブルEX-10に参加した際に運用しました。

 全体的にはスコープドッグのノーマルタイプと印象があまり変わらないのですが、カスタマイズの集中した下半身に注目すれば、魅力的な装備が満載。

 アクティックギアでは、専用のバックパックやエアバージ、足裏のハイドロ・ジェット機構を再現。嬉しい仕様となっています。

AG-V09 ファッティー

B・ATM-03 1/48 SCALE FATTY

 アクティックギア第9弾は、サンサ編より登場するバララントのAT・ファッティー。

 宇宙戦用として開発されたと思しきATで、「ファッティー」とはギルガメス軍が勝手につけた呼び名です。大挙して登場する様は、まさに量産機に相応しい存在感でした。

 ギルガメスATとは一味違う、ほぼ緑一色のカラーリング。降着ポーズは「体育座り」と呼ばれる特殊なもの。非常に個性的なATです。

 アクティックギアでは、特徴的なスタイル・ギミックを再現。グリーンのカラーリングは成型色が担っているものの、発色の良さが完成度を上げています。

仮面ライダー05 仮面ライダーX

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

MASKED RIDER X

 「ソフビ魂」の仮面ライダーXは、「仮面ライダー龍騎」、「仮面ライダーカイザ」と同時に発売されました。

 Xライダーは深海用改造人間「カイゾーグ」であり、その硬質なデザインと常備武器・ライドルの特異さから、現在でも人気の高いライダーです。

 ソフビ魂版は番組後半のグレーに近いスーツを再現。特徴的なマフラーや、ライドルを引き抜く直前のポージングなど、キャラクター性を存分に表現しています。

Kabaya オーガバスター「幻の大陸編」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Kabaya OgreBuster

 カバヤの食玩と言えば、既にスタンダードなブランドとして定着していますが、たまにとんでもないオリジナルモノを出して楽しませてくれます。

 ここでは、全10種という大型シリーズ(?)「オーガバスター・幻の大陸編」を紹介。

 結構塗装がしっかりしていて見た目は良好なのですが、何となくユルい造形が、可愛らしさを醸し出しています。それぞれのジャンルも異様にバラけていて幅が広く、同一シリーズだとは思えないバリエーション。

 全部集めると最強合体形態が作れるのですが、合成ゴム製で軸径の精度もマチマチなので、途中で組み立ては断念。もう1セット買って瞬間接着剤で固めて作るのが必須です。

ATH-09-STTC 1/48 SCALE SCOPEDOG TURBO CUSTOM For CHIRICO

 アクティックギア第8弾は、一際高い人気を誇るスコープドッグターボカスタム。

 現在でも評価の高いOVA「ザ・ラスト・レッドショルダー」に登場した「TYPE20」と呼ばれる機体です。

 レッドショルダーカスタムに勝るとも劣らぬ重装備に加え、ジェットローラーダッシュの展開ギミックが実に嬉しいトイです。

 レッドショルダーカスタムにて改良されたスコープドッグ本体には、更なる改良が加えられており、平手も両手が付属。さらにヘビィマシンガン保持用のグリップも左右用が付属。シーン再現性の大幅拡大が可能です。なお、本体がリニューアルされたことで、降着ポーズのギミックが完全に変更されました。

 一体ごとに妥協しない完成度を目指す、このシリーズ。以後も期待大です。

仮面ライダー10 仮面ライダーZX

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

MASKED RIDER ZX

 ZXは、以前は知る人ぞ知る仮面ライダー10号だったのですが、最近では、「仮面ライダーSPIRITS」というコミックで主役的扱いを受けるに至り、一気に知名度を増したようです。

 「ソフビ魂」では、ライダーシリーズ第1弾である旧1号との同時発売という、衝撃的なラインナップで話題に。「10人ライダーをソフビ魂で揃えます」という気概を感じさせ、歓喜した覚えがあります。

 シンプルに見えて複雑な曲線が多く、胸部分が別素材のパーツで造形された劇中のスーツ。再現の仕方によって印象がまるで変わってしまうキャラクターですが、このソフビ魂版は、見事にトータルイメージをとらえています。

仮面ライダー09 仮面ライダースーパー1

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

MASKED RIDER SUPER 1

 スーパー1は、いわゆる「9号ライダー」ですが、「ソフビ魂」の仮面ライダーシリーズ第2弾、旧2号と同時発売されました。

 何故か当初の発売予定より、大幅に遅れてしまうという事態になりましたが、こだわりの手袋造形を見ると、それも分かる気がします。

 スーパー1のシンプルながら力強いスタイルを完全再現。スーパー1の特徴的なポーズを率直に造形しており、ある種無難なポージング(立ち姿に主眼)を採用してきたソフビ魂の中では、やや異色です。