タグ「ゴーオンウイングス」が付けられているもの

G5プリンス

 座敷わらしを楽しませる為に、大翔の呼びかけで急遽結成された男性5人組ユニット。大翔をはじめとし、走輔、連、範人、軍平で構成。

 大翔の書き下ろし曲「君とギュッと♪」を一瞬でマスターし、ダンスまで付けて完璧に披露した。

ゴーオンオールスターズ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 炎神合体によって完成するエンジンオー、ガンバルオー、セイクウオー、キョウレツオーに、ゴローダーGTを加えた巨大ロボ軍団の総称。

 名乗りは以下の通り。


 「強大な列車の王、キョウレツオー!」

 「巨大なる炎神の王、エンジンオー!」

 「さらなる炎神の王、ガンバルオー!」

 「空を制する天空の王、セイクウオー!」

 「爆走する正義の車輪、ゴローダーGT!」


 「無敵の音を轟かす、ゴーオンオールスターズ!」


 連携攻撃を繰り出した後、一気に各炎神に分離してエンジンオーG12へと合体する。その流れは正に変幻自在だ。

セイクウオーバルカ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 セイクウオーの右腕に、トリプターの代わりにバルカを「炎神武装」で合体させた形態。

 バルカ自体に飛行能力がないにも関わらず、セイクウオーの飛行能力は維持されており、上空からの正確な砲撃は地上のガイアークにとっての脅威となる。

ガンバルオートリプター

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 ガンバルオーの左腕に、バルカの代わりにトリプターを「炎神武装」で合体させた形態。

 非常時の形態ではあるものの、ガンパード及びトリプターの卓抜した射撃能力を生かしての遠距離攻撃は強力で、俊敏性も高くなっている。

ゴーオンプリンセス

 炎神を含めた全男性陣の動きをシャワーバンキに止められてしまい、奔走する早輝、美羽、ベアールVが心を一つにして結成した女性だけの3人戦隊。ベアールVはゴローダーGTを使用して戦いに参加している。

 早輝「乙女の祈りはいつの日も」

 美羽「この世に花が満ちるよに」

 ベアールV「正義がこの世に満ちる事」

 全員「三人そろってゴーオンプリンセス!」

の口上を披露。

 女性ならではの繊細で流麗な連続攻撃が特徴で、シャワーバンキを撃退している。

セイクウオーガンパード

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 セイクウオーから左腕のジェットラスを分離させ、代わりにガンパードを「炎神武装」で合体させた形態。

 ジェットラス不在により航空能力は低下しているが、トリプターとガンパードという射撃に長けた組み合わせにより、遠距離攻撃に対する優位性は大幅に向上している。

ガンバルオージェットラス

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 ガンバルオーから右腕のガンパードを分離させ、代わりにジェットラスを「炎神武装」で合体させた形態。

 ジェットラスのみの航空能力ではガンバルオーに航空能力を付与できず、ガンパードの遠隔攻撃力が失われるという欠点こそあるが、ジェットラスの打撃力のアドバンテージにより、接近戦の戦闘力は大きく向上している。

エンジンオージェットラス

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 エンジンオーの左腕を収納し、ジェットラスを左腕に「炎神武装」で合体させた形態。

 エンジンオージェットリプター程バランスはとれていないものの、ジェットラスの爆撃能力が付加されることで、近距離のみならず遠距離での攻撃力もアップしている。

G3プリンセス

炎神戦隊ゴーオンジャー G3プリンセス CD-BOX

 ロムビアコに対抗する為には、女性の歌声しかない。

 その為に結成された、早輝、美羽、ケガレシアのスペシャルアイドルユニット、それがG3プリンセスである。G3は「ゴーオンジャー」「ゴーオンウイングス」「ガイアーク」を表す。

 「ゴーオンジャーのスマイル担当、サキです」「ゴーオンウイングス ラブリー担当、ミウです」「ガイアーク セクシー担当、ケガレシアです」という既定の挨拶がある。

 戦闘時の名乗りは「スマイル満開!ゴーオンイエロー!」「キラキラ世界!ゴーオンシルバー!」「惚れなきゃ後悔!ケガレシア!」である。

 ジェットコースターに乗ってのスマイル特訓、特殊形状記憶ケガレメタル製のアイドルお色気ポーズ養成ギプスによる特訓、バレーボールのサーブマシンによる素早い身のこなし特訓を経て、遂にアイドルとして完成を果たした3人は、見事「G3プリンセスラップ」を披露することでロムビアコの縮小に成功する。そして、素晴らしいトライアングル攻撃により、ロムビアコを粉砕するのだった。

 勿論、ケガレシアは正義側と組むつもりは毛頭なく、このスペシャルアイドルユニットは1日限定となった。

炎神ジャン・ボエール

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 ジャンボジェット機型の炎神で、ウイング族歴戦の勇士。ウイング族に属するが、ジャイアン族にも属するという変則種である。「吾輩すべてがファーストクラス! 炎神ジャン・ボエールであ~る」と名乗る。

 ジャイアン族だけに体躯は巨大だが、高速性能、旋回性能共に卓越しており、まさに大空の王者たるに相応しい。マシンワールドでは、大翔や美羽の教官を務め、いわばゴーオンウイングス誕生の立役者である。また、トリプターやジェットラスの上官(または尊敬する師)らしく、トリプターには「ボエールのおじき」、ジェットラスには「ボエール空将」と呼ばれる。

 「ボエ~」が口癖で、フランス語を交えて話し、語尾に「あ~る」と付ける知性派。「アテンションプリーズ! テイクオフ!」で離陸。物腰はかなり柔らかく、厳しく鍛え上げる教官のイメージからは程遠い。また、物事をズバリ教示するようなことはあまりせず、言動にはヒントを与えて行動させるという特徴がある。一人称は「吾輩」で、炎神ソウルのビジュアルは船長のイメージだ。

 背中には放水機構を備え、消火活動を行うことも可能だ。

 ジャン・ボエールの炎神ソウルは何故か神出鬼没であり、あらゆる場所に突如出現する。(声:西村知道)

エンジンオージェットリプター

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 エンジンオーの両腕を収納し、トリプターを右腕に、ジェットラスを左腕に合体させた形態。

 ウイング族の戦闘テクニックが付加され、攻守共に優れた能力を発揮できる。トリプターのローターで敵の攻撃を跳ね返すことも可能だ。

ウイングブースター

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 ウイングトリガーにロケットダガーを「アテンション!」の掛け声で組み合わせ完成させる必殺武器。個人武器だが、基本的に2人同時攻撃で必殺技とする。

 「トリプターソウル・セット」「ジェットラスソウル・セット」で炎神ソウルをセットしスタンバイ、「ウイングブースター」で狙いを定め、「ブーストアップ」でトリガーに指を掛けてエネルギーを充填、ウイングブースターのサンプリング音声による「Three, Two, One, Zero」のカウントダウンの後、「ゴーオン!」の掛け声と共に炎神のエネルギーが射出され、敵に炸裂する。

ロケットダガー

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 ゴーオンウイングス専用の、宇宙ロケット型ゴーオンギア。別名「スイッチ噴射剣」。

 ダイアルを捻ることで戦闘開始。3つのスイッチの切り替えと組み合わせにより、6種類の特殊攻撃能力を発揮する。

ウイングトリガー

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 大翔、美羽専用の操縦桿型変身アイテム。

 炎神ソウルをセットすると、ディスプレイからホログラム状に投影された炎神たちと会話が出来るのは、ゴーフォンやシフトチェンジャーと同様。この時、炎神たちがディフォルメされた3Dアニメのような姿で登場するのも同じだ。

 熱感知と赤外線スキャンによる索敵機能(サーチモード)の他、勿論、通信機としても機能。チェンジソウルをセットすることで、ゴーオンウイングスへの変身機能が作動する。

 変身後は右腰のホルスターに収納している。炎神のコクピットにセットすることで、操縦桿として機能する。

須塔美羽/ゴーオンシルバー

 セレブ兄妹である須搭兄妹の妹。兄は大翔。大翔のことは「アニ」と呼んでいる。好奇心旺盛で放っておけない性格だが、結構キツい一言を放ったりもする。また、思い込みによる勘違いも激しく、尊敬してやまない大翔の事でさえ誤解することも。

 ガイアーク三大臣がヒューマンワールドに現れる以前、ヒラメキメデスによってヒューマンワールドに誘い込まれたトリプターとジェットラスが、炎神キャストと炎神ソウルに分離して行動不能に陥った際、その声を心で受け止めたのが須塔兄妹だった。その鋭さと能力を買われ、ジェットラスの相棒に選ばれた美羽は、マシンワールドで厳しい訓練を受けてゴーオンシルバーとなった。

 合気道やアクロバティックな体術を得意とし、柔軟性を生かした戦闘スタイルは華麗で優美だ。

 兄と同様、危険を察知する特殊能力を持つ。「花はその命をかけて教えてくれる。私自身の心を」という持論があり、得意のフラワーアレンジメントを嗜む際に、その予知能力が特に強く発揮されるようだ。

 幼い頃(演:吉田愛里)、祖父(演:森下明)の怪談話が大好きで兄妹揃って聞いていたが、その話があまりにも怖すぎてトラウマとなり、以来お化けが弱点になってしまった。

 ゴールドカードを所持しており、軍平には「シルバーなのにゴールド?」と言われている。須塔兄妹には、高額商品をまとめ買いするほどの財力がある。

 炎神ジェットラスをパートナーとし、変身グリップ・ウイングトリガーでゴーオンシルバーに変身する。ジェットラスのコクピットに座る際は「ぶっ飛ぶよ、ジェットラス」と呼びかける。キャッチフレーズは「キラキラ世界」。(演:杉本有美)

須塔大翔/ゴーオンゴールド

 セレブ兄妹である須搭兄妹の兄。妹は美羽。常に冷静沈着でクールな若者であり、常に鍛練と論理的思考を怠らない。

 ガイアーク三大臣がヒューマンワールドに現れる以前、ヒラメキメデスによってヒューマンワールドに誘い込まれたトリプターとジェットラスが、炎神キャストと炎神ソウルに分離して行動不能に陥った際、その声を心で受け止めたのが須塔兄妹だった。その鋭さと能力を買われ、トリプターの相棒に選ばれた大翔は、マシンワールドで厳しい訓練を受けてゴーオンゴールドとなった。

 ボクシングを得意とし、「隠れ家」の豪邸ではサンドバッグを使った鍛練に余念がない。その戦闘スタイルはボクシングを最大限に生かした接近強襲型だ。また、危険を察知する特殊能力を持ち、その予感はボンパーのガイアーク反応を凌ぐ迅速・正確さを誇る。

 多様な才能の持ち主でもあり、俳優の素質、カレーの鉄人、カンフーの達人、和の伝統芸能の才などは、その分野の目利きからアプローチされるほど。

 幼い頃(演:江原省吾)、祖父(演:森下明)の怪談話が大好きで兄妹揃って聞いていたが、その話があまりにも怖すぎてトラウマとなり、以来お化けが弱点になってしまった。

 炎神トリプターをパートナーとし、変身グリップ・ウイングトリガーでゴーオンゴールドに変身する。トリプターのコクピットに座る際は「舞うぜ、トリプター」と呼びかける。トリプターには「アニキ」と呼ばれている。キャッチフレーズは「ブレイク限界」。(演:徳山秀典)

ゴーオンウイングス

 「テイクオフ! ゴーオンウイングス!」

 ヒューマンワールドで炎神ソウルと炎神キャストに分離して行動不能になったウイング族の心の声を聞き、ウイング族のパートナーとなった兄妹。


  • 須塔大翔/ゴーオンゴールド
  • 須塔美羽/ゴーオンシルバー

 以上の2人兄妹。

 ゴーオンジャー同様「ゴーオン!」を合言葉とし、兄弟ならではの連係とマシンワールドでの厳しい鍛練の賜物である高い戦闘力を発揮する。

 勝利のサインは「タッチダウン」だ。

炎神ジェットラス

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 ジェット戦闘機型の炎神で、ウイング族に属する。「銀(しろがね)のエアマスター! 炎神ジェットラスだ」と名乗る。

 トリプターと共にヒラメキメデスを追ってヒューマンワールドにやって来た。ヒラメキメデスをマシンワールドより追い出したことにより、マシンワールドにおける炎神達に勝利がもたらされたと確信している。

 超高速で空を駆け抜け、様々なテクニックと抜群の攻撃力を駆使して敵機を確実に撃墜する。

 パートナーの美羽とは、ヒラメキメデスにヒューマンワールドに誘い込まれた際に出会った。ヒューマンワールドでトリプター共々行動不能になった時、助けてくれたのが大翔と美羽だったのだ。美羽のことはバディ(buddy)と呼んでいる。

 「ギーン」と叫びつつ滑空する。その英語混じりの口調はニヒルで、「私の牙からは逃げられない」と絶対の自信を覗かせる。作戦終了の折には「ミッション・コンプリート」と宣言する、スパイ映画の主人公のような言動が特徴だ。(声:古島清孝)

炎神トリプター

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 ヘリコプター型の炎神で、ウイング族に属する。「縦横無尽トリッキー! 俺っち炎神トリプター」と名乗る。

 ジェットラスと共にヒラメキメデスを追ってヒューマンワールドにやって来た。ヒラメキメデスをマシンワールドより追い出したことにより、マシンワールドにおける炎神達に勝利がもたらされたと確信している。

 卓越した旋回性能とステルス性、そして高速追跡能力を備えており、敵機を確実に追い詰める。

 パートナーの大翔とは、ヒラメキメデスにヒューマンワールドに誘い込まれた際に出会った。ヒューマンワールドでジェットラス共々行動不能になった時、助けてくれたのが大翔と美羽だったのだ。

 「ケッコーケッコー」と自らを鼓舞し、「バタバタバタ...」と叫びつつ空を自在に飛び回る。そのやんちゃな性格は典型的な西部のアメリカンボーイといった風情で、自らを「俺っち」と称する。(声:石川静)