タグ「一般の人々」が付けられているもの

清水奈央

 早輝が働くケーキ店にやってきた、ケガレシアにそっくりな子連れマダム。早輝の失敗で生クリームたっぷりのケーキを顔面に直撃させられたが、そのケーキの美味しさに怒ることも忘れてしまう。(演:及川奈央)

美空警部補

 軍平が所属する特犯科に、左京を訪ねてきた警部補。その声はキタネイダスにそっくり。(演:真殿光昭)

浄土頭取

 大翔のパーティに招かれた財界人。「ルネッサ~ンス」と言いつつ大翔とワイングラスで乾杯する。その声はヨゴシュタインやヨゴシマクリタインにそっくり。(演:梁田清之)

須塔家の執事

 須塔財閥の長である大翔と美羽の父に使える執事。

 大翔と美羽の両親が、2人をスイスに連れ帰るよう指示した為、大翔と美羽の家から強制的に荷物を撤去した。

 美羽には「じい」と呼ばれている。(演:須永慶)

ムゲンゴミバコの転送先に居た人々(GP-44)

 走輔、連、軍平の飛ばされてきた「つくし幼稚園」に籠城していた銀行強盗の犯人2人(犯人A・演:甲斐将馬、犯人B・演:清家利一)。掟破りの人間相手の変身を果たした走輔達により取り押さえられ、警察へ連行された。

 早輝と大翔が飛ばされてきた遊園地のお化け屋敷の係員(演:喜多川務)。アトラクションとは知らなかった早輝と大翔によって多数のお化け役係員が叩きのめされてしまい、憤慨していた。

私立轟ヶ丘高等学校の人々

 都内にあると思われる私立高校で、湯島学が通っている。

 湯島の拾った魔法の杖に目をつけたケガレシアが、保健の先生・汚石冷奈として潜入。その美貌は教師の間でも人気だ。美羽はこの高校に転校してきた女子高生に扮し、潜入捜査をした。

 先生A(演:村岡弘之)は、大翔と美羽を門前払い。汚石冷奈の美貌に夢中になっている。

 教師A(演:後藤公太)は、美羽が転校生として入ったクラスの教師。文節を区切った独特の喋り方が特徴だ。

 男子生徒A(演:関根史仁)は、湯島学のクラスメイトで、彼を「美羽とお似合いだ」とからかう。

 イケメン学生(演:多賀名将也)は、「とど高映研」のイケメン俳優。某韓流スターっぽい出で立ちで美羽とのキスシーンに挑む。

 学生監督(演:春日勇人)、「とど高映研」の鬼監督。美羽にロマンチックなキスシーンを強要した。

湯島学

 轟ヶ丘高校の男子生徒で、「ニュートン」と呼ばれる「偏屈な変人」だが、轟ヶ丘高校創始以来の秀才である。

 常にノートパソコンを携帯しており、様々な研究をしているらしいが、その研究内容は一般の学生にとっては奇異そのもの。その思考は非常にロジカルで、恋愛などといった感情を「非論理的」と否定する。

 マジックワールドから飛来した魔法の杖と本を入手し、その研究に没頭していたところ、ケガレシアに目を付けられる。そして、保健の先生・汚石冷奈に化けたケガレシアにうまく誘導され、難解な呪文の解読を進めていく。

 美羽が女子生徒に変装し轟ヶ丘高校へ潜入捜査をし始めると、「非論理的」ながら美羽に一目惚れ。美羽を自分のものにしたい心理をケガレシアに利用され、魔法の杖のパワーを引き出してビンバンキをマホービンバンキへとパワーアップさせてしまった。

 美羽がゴーオンシルバーだと知り、また美羽に「真心だけが女の子のハートを動かす」という言葉で説得され、真心を込めた魔法で美羽を援護、マホービンバンキを撃退する。だが、結局美羽のハートを射止めることはできず、ノートパソコンから呪文の解読データも消えてしまうのだった...。(演:森廉)

青年(GP-40)/烈鷹

 やっと就職した会社があっさり倒産したことで人生の歯車が狂い、自暴自棄の生活をしていた青年。

 ブレーンワールドの各次元には、稀に同じ姿と魂を持った者が相互に存在することがあるとされており、この青年もサムライワールドの烈鷹と同じ姿・魂を有している。

 雷々剱と獄々丸に見出され、烈鷹の魂の宿る剣を手にし、自らの「自分を必要としない世界を滅ぼす」という荒んだ心のままに炎神大将軍を復活させた。復活した炎神大将軍は青年の心を表現するかのように破壊の限りを尽くすが、烈鷹の魂の存在を信じる走輔との交流や晴之助・昭之助との交流により、やがて烈鷹の清廉な魂を取り戻す。青年の叫びと共に炎神大将軍は炎神キャストに分離するのだった。

 サムライワールドへの憧れを口にしたこともあったが、事件の後は自分の歩むべき道を見出し、一社会人として真っ当な生活を送ろうとしている。(演:半田健人)

母親(GP-37)

 古代炎神のソウルを探し回る範人と軍平に、「犬や猫でもお探しですか?」と声をかけた子連れの女性。

 範人と軍平が「強いて言えばマンモスと恐竜...かな」と答えた為、首をかしげる。(演:森田亜紀)

中古車屋の社長

 早苗がギンジロー号を売り飛ばしてしまった中古車販売店の社長。走輔達にまけてくれと迫られて困惑する。(演:濵田秀)

楼山早苗

 早輝の姉。ゴーオンジャー男性陣に「早輝と同じ遺伝子とは思えな~い(失礼な!)」と評される美貌と魅力の持ち主。その魅力は古代炎神達をもメロメロにしてしまった。

 幼少時(演:荒川ちか)より、早輝のおねしょを証拠写真に撮って脅したり、かくれんぼで早輝を置き去りにしたり、早輝のケーキを自分が食べておきながら早輝に食べられたと報告したりと、早輝にとって天敵のような存在。早輝は「悪魔」と評している。

 突如、鹿児島より上京してきたが、その目的は早輝から金をせびることだったらしく、早輝の属するゴーオンジャーの男性メンバーをその美貌で虜にし、彼らからも少しずつ巻き上げようと考えていたようだ。なお、男性陣には自分のことを「サナチュ」と呼ばせる。

 軍平だけが真摯になって早苗を叱ったことから、軍平の前では真人間になったかのように振る舞ったが、それは軍平を虜にする周到な作戦であり、隙を見てギンジロー号を売り飛ばし、結局大金を手にしている。ゴーオンジャーにとっても「悪魔なオンナ」であった。(演:英玲奈)

黒岩幸

 黒岩六郎の娘で、ヒロシの妹。夢を追う父を、ヒロシと共に応援している。学校には行っていないようだが、勉強はしっかりやっているようだ。(演:小西結子)


※文中の黒岩兄妹は、当サイトのシステムの関係でカタカナ表記とさせて頂きました。ヒロシの本来の表記は「大」、ミユキの本来の表記は「幸」です。

黒岩大

 黒岩六郎の息子で、ミユキの兄。父の夢を追う姿に憧れており、父の夢の一番の理解者でもある。自給自足の生活にも適応しており、川釣りの腕前は確かだ。(演:市川理矩)


※文中の黒岩兄妹は、当サイトのシステムの関係でカタカナ表記とさせて頂きました。ヒロシの本来の表記は「大」、ミユキの本来の表記は「幸」です。

黒岩六郎

 骨董屋で見つけた宝の地図を手に、東京からヒロシとミユキの兄妹を連れて、半年前に山奥へとやって来た男。妻を亡くした上、務めていた会社も潰れてしまい、宝に一縷の望みを賭けたようだ。

 キャリアの割にタフなトレジャーハンターとしての資格は充分で、その生き様は子供達にとって憧れとして映っている。自給自足の為のあらゆるノウハウを心得ており、子供達もまっすぐに育っているようだ。だが、ある面では宝への妄執に憑かれている。それは、子供達が宝で大きな家を建て、父と共に仲良く暮らす姿を夢見ていたからだ。

 宝の地図には「黄金の龍」の存在が示されており、それをドリルバンキに奪われてしまう。そこでゴーオンジャーが「黄金の龍」発掘に協力、「黄金の龍」は見事に発見されるが、それは古代にヒューマンワールドにやって来た炎神達であった。

 「黄金の龍」が飛び去るのを目撃した六郎は、また子供達と共に東京で普通の暮らしをすると心に決めたのであった。(演:志水正義)


※文中の黒岩兄妹は、当サイトのシステムの関係でカタカナ表記とさせて頂きました。ヒロシの本来の表記は「大」、ミユキの本来の表記は「幸」です。

若者(GP-31)

 大音量でオーディオを鳴らしつつ、ドライブしていた若者。その「雑音」はロムビアコの格好の餌となってしまい、恐怖を味わうこととなる。(演:戸井悠太)

主婦(GP-30)

 「ガイアクア」によって悪の心に染まってしまった走輔と連がでっち上げた、インチキ保険「ガイアーク保険」の勧誘を受けた主婦。何となく加入してしまう。(演:白鳥美羽)

柏木左京

 警視庁特犯係の刑事。軍平にとっては、警官時代のかつての相棒である。(演:今井朋彦)

店員(GP-23)

 大翔御用達の高級ブランドショップの店員。「別荘に届けてくれ」の一言で通る程、大翔はお得意様であるらしい。

 走輔が試着したスーツは、しめて100万円也。(演:渡部荘一郎)