タグ「幹部」が付けられているもの

危官房長官チラカソーネ

 総裏大臣ヨゴシマクリタインの女房役で、キタネイダスやケガレシアを超える実力を持つ幹部。害気目出身で、竜巻や突風を主体とした豪快な散らかしっぷりを発揮する。

 キレイズキーがサウンドワールド、マジックワールド、プリズムワールドの、3大ブレーンワールドを掃除したと豪語していたのは、実はヨゴシマクリタインとチラカソーネによって「散らかされた」のを掃除しただけであった。

 その事実から分かるように、相当な実力を有しており、独特の拳法スタイルで敵を翻弄し、あらゆる攻撃を無力化あるいは逆転させてしまう。そのファットなスタイルからは想像もつかない素早い動きも特徴だ。

 ヨゴシマクリタインの側近としてムゲンゴミバコを通してヒューマンワールドに来訪。人類に宣戦布告し、手始めに街を破壊をした。ゴーオンジャーの迎撃をことごとく破って戦闘不能に陥れるが、範人と軍平の身体を張った作戦が奏功して敗れる。その後、ドッキリウムによって巨大化を果たし、エンジンオー、セイクウオーを倒すものの、怒りに燃えるガンバルオーのエネルギーを吸収することは出来ず、爆発四散して敗れ去った。ドッキリウムの摂取は「ピロピロ飲み」で行った。

 「~なのーね」を語尾につけて喋り、「キカンボー」と言いつつ敵の攻撃を吸収する。等身大での敗退時は「そ、そんな馬鹿な...自分が散らかりそうね~」と叫んだ。(声:島田敏)

総裏大臣ヨゴシマクリタイン

 ガイアークで最も高い地位と実力を持つ重鎮。ヨゴシュタインの父親であり、元来は害地目出身であると思われる。女房役に危官房長官チラカソーネを従えている。

 キレイズキーがサウンドワールド、マジックワールド、プリズムワールドの、3大ブレーンワールドを掃除したと豪語していたのは、実はヨゴシマクリタインとチラカソーネによって「散らかされた」のを掃除しただけであった。また、かつてジャイアン族の大半を滅ぼしてもいる。ただし、総裏大臣なる役職の存在に関しては、ケガレシアとキタネイダスの与り知らぬものであった。なお、キレイズキーはヨゴシマクリタインの側近の一人であった。

 キレイズキーのムゲンゴミバコを使って次元を超え、ヒューマンワールドに侵攻。これまでのキタネイダスやケガレシアの手ぬるいやり方に業を煮やし、徹底的な破壊とゴーオンジャー殲滅を狙って攻撃してくる。ケガレシアとキタネイダスのことは、ウガッツと同等にしか評価していない。

 ヨゴシュタインと同じくパワーに優れ、ドッシリと構えて戦況を冷静に見守っており、ゴーオンジャーの必殺技を避けようともしない。また、巨大ロボ相手でも等身大で挑むなど、計り知れない実力と自信を持っている。

 「~ナリナ」を語尾につけて喋り、ヨゴシュタインに似た声をしているが、やや低く重々しい口調である。滅ぼした3つのワールドのゴミの持つ次元パワーを固めた赤く光る鉱石を、ムゲンゴミバコより取り出し、食している。

 最後はヘルガイユ宮殿中のエネルギーを手に入れ、究極のパワーでヒューマンワールドをゴミ化し始めるが、ゴーオンジャーとゴーオンウイングスによって阻止され、その野望は潰えた。断末魔の叫びは「我が負けるなど、決してあってはならぬナリナ...。我は11次元の覇者、ガイアークの総裏大臣。アイムソーリー!」(声:梁田清之)

掃治大臣キレイズキー

 サウンドワールド、マジックワールド、プリズムワールドの、3大ブレーンワールドを滅ぼしたというガイアークきっての実力者。ガイアークなのに「綺麗好きー」なのだが、その真価は「おぞましく掃除する」ことにあり、あらゆる美しい物は彼の眼前で次々と瓦礫へ姿を変えていく。

 「ヒューマンワールドの正義の味方を掃除する、掃治大臣キレイズキーであります」と名乗り、「~であります」を語尾に付けて丁寧な口調で話す。しかしながら、その裏には破壊者としての余裕と警戒心が渦巻いている。その余裕は「お出かけでありますか。ルルルのル」というコミカルな言い回しに現れ、その警戒心は「利き腕は預けない」「背後に立たせない」という発言に顕著だ。ケガレシアやキタネイダスを当初は見下していたが、祝杯を交わすなどすぐに打ち解けた様子。

 優秀なるハンターでもあり、左目のサングラス状パーツには索敵機能がある。基本的に敵の攻撃を余裕で防御しつつ追い詰める戦闘スタイルをとるが、物陰から狙撃することも厭わない。

 ムゲンゴミバコを使用してゴーオンジャーの連続必殺技から逃れ、さらにそのムゲンゴミバコを使用してゴーオンジャー分断作戦に出る。その隙にヒューマンワールドを爆弾で一掃するべく各地に爆弾を仕掛けて「ヒューマンワールド年末ジャンボ大掃除大作戦」の準備をし、更に滅ぼした3大ワールドから得たドッキリウムによって「超産業革命」で巨大化する。だが、集合したゴーオンジャーが完成させたエンジンオーG12の前に敗れ去ってしまった。

 断末魔の叫びは「無念であります...害気大臣!害水大臣!骨は拾ってクリーナー...」。(声:竹本英史)

G3プリンセス

炎神戦隊ゴーオンジャー G3プリンセス CD-BOX

 ロムビアコに対抗する為には、女性の歌声しかない。

 その為に結成された、早輝、美羽、ケガレシアのスペシャルアイドルユニット、それがG3プリンセスである。G3は「ゴーオンジャー」「ゴーオンウイングス」「ガイアーク」を表す。

 「ゴーオンジャーのスマイル担当、サキです」「ゴーオンウイングス ラブリー担当、ミウです」「ガイアーク セクシー担当、ケガレシアです」という既定の挨拶がある。

 戦闘時の名乗りは「スマイル満開!ゴーオンイエロー!」「キラキラ世界!ゴーオンシルバー!」「惚れなきゃ後悔!ケガレシア!」である。

 ジェットコースターに乗ってのスマイル特訓、特殊形状記憶ケガレメタル製のアイドルお色気ポーズ養成ギプスによる特訓、バレーボールのサーブマシンによる素早い身のこなし特訓を経て、遂にアイドルとして完成を果たした3人は、見事「G3プリンセスラップ」を披露することでロムビアコの縮小に成功する。そして、素晴らしいトライアングル攻撃により、ロムビアコを粉砕するのだった。

 勿論、ケガレシアは正義側と組むつもりは毛頭なく、このスペシャルアイドルユニットは1日限定となった。

害地副大臣ヒラメキメデス

 害地大臣ヨゴシュタイン配下の副大臣。「ポク・ポク・ピーン!とひらめくは、害地副大臣ヒラメキメデスです」と名乗る。ガイアークきっての策士であり、マシンワールドにおける戦いでは炎神達に連戦連勝。炎神達の戦意をすっかり喪失させてしまうほどの実力を持つ。

 自信家で、丁寧な言葉遣いが特徴。ヨゴシュタインには絶対の忠誠を誓っており、ヨゴシュタインもヒラメキメデスに絶大な信頼を寄せている。だがケガレシアを評して「度し難いお方」と呟くなど、ヨゴシュタイン以外の大臣はあまり尊敬していない。

 マシンワールドでのガイアーク蜂起前は一介の発明家に過ぎず、害地大臣の座を狙う野心を抱きかけたが、ヨゴシュタインに害地副大臣を任ぜられ、ハカリバーを授けられたのをきっかけに、ヨゴシュタインを絶対的な存在として崇敬するようになった。

 三対の翼を持つ特別仕様の蛮ドーマを自在に操る。その速度は(赤色ではなく緑色なのに)通常の蛮ドーマの3倍に達し、さらに3機の蛮ドーマに分離させることも可能だ。

 また、ウガッツをパワーアップさせるネジを所持している。その戦いは冷静に戦況を分析し、計算しつくした上で攻撃をするという理論型だ。

 三大臣がマシンワールドを追われる直前、ヒラメキメデスはトリプターとジェットラスの追跡に遭い、異世界に逃げ込む。その後、トリプターとジェットラスを振り切ったつもりだったが、結局トリプターとジェットラスはヒューマンワールドまで追ってきた。

 何か名案を考える時は「ポク、ポク、ピーン!」と3基の電球が点灯する。(声:中井和哉)

害気大臣キタネイダス

 汚染された大気を好むガイアーク三大臣の一人。「黒く染まった空気よ! 私、害気大臣キタネイダス」と名乗る。

 三大臣きっての頭脳派で、数々の兵器や薬品等を開発している。語尾に「ぞよ」を付けて話す。

 頭脳派ではあるが、戦闘能力も他の大臣に劣ることはなく、常に余裕綽々で戦況を把握している。

 横暴の限りを尽くすヨゴシマクリタインに対し、「ガイアークに独裁者はいらないゾヨ!」と言い放って反乱。ゴーオンジャーにデウス・ハグル・マギアの存在を教えて散って行った。(声:真殿光昭)

害地大臣ヨゴシュタイン

 汚染された大地を好むガイアーク三大臣の一人。「乾きひび割れた土よ! 我、害地大臣ヨゴシュタイン」または「大地を汚す憎い奴・害地大臣ヨゴシュタインなり」と名乗る。

 武闘派の幹部であるが、基本的にガイアークの仲間には優しい。三大臣の実質的リーダーで、「なり」を語尾に付けて話す。配下に害地副大臣ヒラメキメデスがいる。

 パワーに優れ、その豪快な体技によって圧倒する。

 やや感情に流されやすい傾向があり、ヒラメキメデスを失った際やホロンデルタールの存在を確認した際には、ケガレシアやキタネイダスの存在を無視して単独で暴走。ホロンデルタールの力を得てパワーアップまで果たし、大地だけでなく全ての破壊者を名乗るが、結果、それによりわが身を滅ぼすこととなる。

 本名は「バロン・ヨゴレックス・ド・シュタイン」であるらしい。

 断末魔の叫びは「き、今日はヒューマンワールドではなく、このヨゴシュタイン最期の日だったナリか~!」(声:梁田清之)

害水大臣ケガレシア

 汚染された水を好むガイアーク三大臣の一人。「濁り腐った水よ! わらわ、害水大臣ケガレシア」と名乗る。

 色気で蛮機獣を手なずけ、暴力で支配する女幹部だ。語尾に「おじゃる」を付けて話す。

 初めてゴーオンジャーの目の前に現れた時には、範人に「キレイな人だ」と評されたが、早輝には「おばさん」と呼ばれ烈火の如く怒る。その際、自らを「偉大なる機械生命体の乙女」と称した。

 手にした鞭を自在に操り、肩の配水管から爆発性の液体を噴射。口からも爆発性の蒸気を噴射する。

 横暴の限りを尽くすヨゴシマクリタインに対し、「わらわたちが目指したのは、蛮機族全員が気持ち良く暮らす理想のゴミ世界。仲間を踏みにじるお前に、そんな世界は作れないでおじゃる!」と物申し、ゴーオンジャーにデウス・ハグル・マギアの存在を教えて散って行った。(演:及川奈央)