危官房長官チラカソーネ

 総裏大臣ヨゴシマクリタインの女房役で、キタネイダスやケガレシアを超える実力を持つ幹部。害気目出身で、竜巻や突風を主体とした豪快な散らかしっぷりを発揮する。

 キレイズキーがサウンドワールド、マジックワールド、プリズムワールドの、3大ブレーンワールドを掃除したと豪語していたのは、実はヨゴシマクリタインとチラカソーネによって「散らかされた」のを掃除しただけであった。

 その事実から分かるように、相当な実力を有しており、独特の拳法スタイルで敵を翻弄し、あらゆる攻撃を無力化あるいは逆転させてしまう。そのファットなスタイルからは想像もつかない素早い動きも特徴だ。

 ヨゴシマクリタインの側近としてムゲンゴミバコを通してヒューマンワールドに来訪。人類に宣戦布告し、手始めに街を破壊をした。ゴーオンジャーの迎撃をことごとく破って戦闘不能に陥れるが、範人と軍平の身体を張った作戦が奏功して敗れる。その後、ドッキリウムによって巨大化を果たし、エンジンオー、セイクウオーを倒すものの、怒りに燃えるガンバルオーのエネルギーを吸収することは出来ず、爆発四散して敗れ去った。ドッキリウムの摂取は「ピロピロ飲み」で行った。

 「~なのーね」を語尾につけて喋り、「キカンボー」と言いつつ敵の攻撃を吸収する。等身大での敗退時は「そ、そんな馬鹿な...自分が散らかりそうね~」と叫んだ。(声:島田敏)

総裏大臣ヨゴシマクリタイン

 ガイアークで最も高い地位と実力を持つ重鎮。ヨゴシュタインの父親であり、元来は害地目出身であると思われる。女房役に危官房長官チラカソーネを従えている。

 キレイズキーがサウンドワールド、マジックワールド、プリズムワールドの、3大ブレーンワールドを掃除したと豪語していたのは、実はヨゴシマクリタインとチラカソーネによって「散らかされた」のを掃除しただけであった。また、かつてジャイアン族の大半を滅ぼしてもいる。ただし、総裏大臣なる役職の存在に関しては、ケガレシアとキタネイダスの与り知らぬものであった。なお、キレイズキーはヨゴシマクリタインの側近の一人であった。

 キレイズキーのムゲンゴミバコを使って次元を超え、ヒューマンワールドに侵攻。これまでのキタネイダスやケガレシアの手ぬるいやり方に業を煮やし、徹底的な破壊とゴーオンジャー殲滅を狙って攻撃してくる。ケガレシアとキタネイダスのことは、ウガッツと同等にしか評価していない。

 ヨゴシュタインと同じくパワーに優れ、ドッシリと構えて戦況を冷静に見守っており、ゴーオンジャーの必殺技を避けようともしない。また、巨大ロボ相手でも等身大で挑むなど、計り知れない実力と自信を持っている。

 「~ナリナ」を語尾につけて喋り、ヨゴシュタインに似た声をしているが、やや低く重々しい口調である。滅ぼした3つのワールドのゴミの持つ次元パワーを固めた赤く光る鉱石を、ムゲンゴミバコより取り出し、食している。

 最後はヘルガイユ宮殿中のエネルギーを手に入れ、究極のパワーでヒューマンワールドをゴミ化し始めるが、ゴーオンジャーとゴーオンウイングスによって阻止され、その野望は潰えた。断末魔の叫びは「我が負けるなど、決してあってはならぬナリナ...。我は11次元の覇者、ガイアークの総裏大臣。アイムソーリー!」(声:梁田清之)

GP-47「内閣カイゾウ」

 キレイズキーのムゲンゴミバコを通じ、総裏大臣ヨゴシマクリタインとその側近である危官房長官チラカソーネがやって来た。突然の来訪者に驚くケガレシアとキタネイダスだが、ヨゴシマクリタインが自分達より上の地位にあることを知り平身低頭となる。

 その頃、軍平はお見合い話を避けるべく、範人に女装をさせ、その写真を撮ることを画策していた。範人はその前にガールフレンドを作る努力をしろと言い、 2人は喧嘩になってしまう。そこに、ガイアーク反応の報が入った。いつもよりずっと強力だとボンパーは警鐘を鳴らす。走輔達は直ちに出撃した。

 街はヨゴシマクリタインらの大規模な破壊による宣戦布告で恐怖に陥れられていた。現れたゴーオンジャーとゴーオンウイングスはケガレシアとキタネイダスの攻撃を受け、ヨゴシマクリタインには近づけない。範人はバルカソウルをマンタンガンにセットして使おうとするが、キャリゲーターソウルが勝手にマンタンガンに入り、唸り声をあげて暴走し始める。キャリゲーターがマンタンガンから放ったエネルギーは、チラカソーネによって逆転され、範人と軍平を襲った。チラカソーネはなおも攻撃の手を緩めることなく、ゴーオンジャー達に襲いかかった。

 キャリゲーターによれば、ジャイアン族の大半を滅ぼした者こそ、ヨゴシマクリタインなのだという。キャリゲーターは敵であるヨゴシマクリタインを目の当たりにし、我慢が出来なくなったのだ。範人と軍平は先程の喧嘩を直ちに清算してヨゴシマクリタイン打倒を誓う。決意を固めた範人と軍平の攻撃はチラカソーネを一時制止し、スーパーハイウェイバスターとウイングブースターの照準がヨゴシマクリタインをとらえる。ところが、チラカソーネが再び立ちはだかり、必殺武器をまたもや逆転させてしまった。とりあえず「マニフェスト」発表を終えたヨゴシマクリタイン達は、一時的に退却していく。

 辛くも危機を脱した走輔達。チラカソーネ対策を考えるものの良い案は浮かばない。範人と軍平は傷に効く薬湯があるという銭湯に行った。範人と軍平は身体に刻まれた傷痕を見て、互いの頑張りを称えるのだった。バルカ、ガンパード、キャリゲーターも入浴でしばしの休息を楽しんでいる。範人は軍平のことを実はずっと尊敬していたと告白、それを聞いた軍平は照れっぱなし。やがて、話はチラカソーネ対策へと転じていくが、ここでも良い作戦は浮かんでこない。その頃、走輔達はある結論に達していた。チラカソーネがエネルギーを吸収し、反撃している間は、完全に無防備状態になる。したがって、一方からわざと攻撃を吸収させ、他方から反撃で生じる隙を狙って攻撃すれば良い。だが、それは反撃による犠牲を前提とする危険な作戦でもあった。

 一方、チラカソーネはヒューマンワールド全てを散らかしてやると意気込み、ケガレシアとキタネイダスの出番はなくなってしまっていた。宣言通りチラカソーネは高層ビル群をことごとく破壊していく。立ちはだかる範人と軍平は、すぐさま変身して見事なコンビネーション攻撃を開始。隙を見てジャンクションライフルを完成させ、到着した走輔達が止めるのを無視してチラカソーネに発射した。走輔達は範人と軍平の振る舞いから、2人が自己犠牲を覚悟していると察し、ただちに必殺武器発射態勢をとる。範人と軍平の思惑通り、チラカソーネはジャンクションライフルの一撃を逆転させた。走輔達は隙を見て必殺武器を発射し、チラカソーネを撃退する。範人と軍平はチラカソーネの反撃を受けてしまったものの、何とか無事であった。

 ヨゴシマクリタインの命により、敗れたチラカソーネはドッキリウムを飲み干して巨大化。走輔達はダメージを追った範人と軍平を休ませ、エンジンオーとセイクウオーで迎撃する。ところがチラカソーネは巨大化してもやはり強力であった。エンジンオーとセイクウオーはバラバラになってしまい、走輔達の変身も解除されてしまう。範人と軍平はダメージを押してガンバルオーで出撃する。ガンバルオーは気合でチラカソーネを圧倒し、遂にはガンバルグランプリのエネルギーをその気合で数倍に高めてチラカソーネにぶつけた。チラカソーネはそのエネルギーを吸収できずに爆発四散する。

 その時、戦場にヨゴシマクリタインが登場。怒りに燃えるキャリゲーターはガンバルオーの足で踏みつぶそうとするが、ヨゴシマクリタインは「正義解散」なる技を使って反撃する。ガンバルオーはバラバラになり、バルカ、ガンパード、キャリゲーターは光の粒子と化して消滅してしまった。そして、範人と軍平も相棒達と同じ末路を辿るのだった...。

ダンベルバンキ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 キタネイダスが最強の蛮機獣の触れ込みで作り出した、破壊活動を主体とする害気目蛮機獣。両腕が超重量級のダンベルになっており、振り回すと同時に高濃度の有害二酸化炭素を吐くという、害気目ならではの能力を併せ持つ。

 両腕のダンベルは一振りで高層建造物を叩き壊し、あらゆる攻撃を打ち返すことができる程強力だが、重量が凄まじい為にダンベルバンキ自身持ち上げることができないという弱点を持つ。そこでダンベルバンキの両腕の基部にリモコンで動作するパワーユニットが設置され、外部からのリモコン操作によって両腕を振り回すという仕様となった。そのリモコン操作にはウガッツの中でも特別に訓練されたウガッツR&Lが選抜されたが、彼らが逃亡した為にゴーオンジャーと少し戦っては退却するという状況を余儀なくされる。なお、リモコン操作にはキタネイダスとケガレシアも携わったが、電波の届かないエリアに入った為に操作不能となる事態も引き起こしている。

 やがて、ウガッツR&Lは戻ってくるが、ボンパーの機転によってウガッツR&Lが破壊された為に敗退。巨大化しても両腕が上がらないままだった為、すぐに敗北を喫している。

 自らを「ボクちゃん」と呼び、トレーニング中の掛け声らしき「ヌアッ、ヌアッ」という奇声を発する。「~ベル」を語尾に付けて喋り、「無駄にイイ身体してる蛮機獣」と呼ばれることを気にしている。断末魔の叫びは「腕が上がらないのに、ボクちゃんお手上げ...だぁ」。(声:岸祐二)

GP-46「家出ボンパー」

 走輔と連は何か深刻そうに相談している。そして、ボンパーは溜息をついている...。

 同じ頃、ダンベルバンキが現れて街を襲撃していた。大翔と美羽が駆け付けて迎撃するが、ダンベルバンキはそのパワーを見せようと奮起。ところが、両腕が重すぎて持ち上がらない。ウガッツを呼んでも現れず、ダンベルバンキはやむなく逃走してしまった。

 大翔と美羽からガイアークが出現したと聞いて走輔達は驚く。ボンパーが反応をキャッチしなかったからだ。走輔は苛立ち、軍平と範人はしっかりしろとボンパーに言った。連や早輝は頼りにしていると優しく励ますものの、ボンパーは自分なんかいなくなればいいと思っているのではと疑い始める。「どうせ僕はポンコツで、何の役に立たないもん!」と言い、ボンパーはギンジロー号を飛び出してしまった。連と早輝はボンパーを探しに行くが、走輔、範人、軍平は大翔のところに行って非常時に備えることにした。

 ヘルガイユ宮殿に戻ってきたダンベルバンキは、キタネイダスにこってり絞られる。だが、ダンベルバンキが退散してきた原因は、ウガッツR&Lと組んだ最強の蛮機獣という触れ込みだったはずが、ウガッツR&Lが「特訓の割には待遇が悪い」と逃亡してしまったことにあった。驚愕のあまり言葉を失うキタネイダス。一応、ウガッツ達をリモコン操作のオーディションにかけてみるが、逸材はおらず、結局キタネイダスとケガレシアがリモコンを操ることになってしまう。

 連と早輝はボンパーを探し回るが、見つけることができなかった。ベアールVによれば、最近ボンパーが自らを修理する様子を目撃したという。そして、バスオンはヒューマンワールドにボンパーを補修する為の部品は存在しないと言い始める。連は故障したと決まったわけではないと思わず声を荒げ、再び探し始めた。空振り続きの捜索状況に際して、連はボンパーの不調に気付かなかった自分を責めた。早輝はそんな連に、かつてサーキットにて初めてであった時のように笑顔でジュースを差し出す。2人が元気を出して、ボンパーを支えなくては。そう決意し、またボンパーを探し始めるのだった。

 ボンパーの悩みの元は、走輔と連の会話にあった。「なんか、うまく働かないみたいなんすよ」「使えねぇな。ポンコツだし、もうダメなのかな」という会話だ。ボンパーは自分をポンコツで役立たずだと卑下しつつ、さまよい歩いていた。そして、ウガッツR&Lに出会い、ガイアークを辞めてきたと聞いて驚く。

 一方、大翔と美羽の元へやって来た走輔達は上の空。強がってはいるが、ボンパーが気になってしょうがないのだ。その時、大翔と美羽はガイアーク反応を感知する。ダンベルバンキはキタネイダスとケガレシアのリモコン操作によって街を破壊し始める。しかし、その操作はメチャクチャでダンベルバンキは困惑。そこへ走輔、範人、軍平、大翔、美羽が到着し、すぐさま迎撃態勢に入った。だが、ダンベルバンキはリモコンの電波が届かないエリアに入ってしまい、またもや腕が上がらなくなった。ダンベルバンキは再び退散する。

 ボンパーのことが気になって今一つ調子が出ないと苛立つ走輔。それは軍平も範人も同じだった。いつも一緒なのが当たり前になっていたのだ。一方ボンパーは「言いたい事をちゃんと言えば良かった」と後悔していた。その呟きを聞いて突如何かに閃いたウガッツR&Lはヘルガイユ宮殿へと戻る。そして、リモコン要因に戻る対価を示す要求書をキタネイダスに提出した。キタネイダスが要求を飲んでウガッツ R&Lが戻り、ダンベルバンキは真価を発揮し始める。ヘルガイユ宮殿に「ウガッツに屈するとは情けないナリナ」という声が響く。「なんか聞いたような声」だ。

 その頃、連と早輝はボンパーを見つけていた。ボンパーは炎神のようにゴーオンジャーの相棒でない上、失敗ばかりで必要とされていないと悲観していた。しかし、連はきっぱり否定した。全員、ボンパーのことを大切な仲間だと思っていることを言い聞かせる連。皆、ボンパーが居るから笑顔になれる。それはボンパーも同じ気持ちだった。ボンパーが言いたかったこと、それは「一緒に居てくれてありがとう」という言葉だったのだ。全てのわだかまりが氷塊したボンパーは、ガイアーク反応をキャッチ。既に皆が戦っていることを感知した。

 ダンベルバンキは圧倒的な強さでゴーオンジャー達を叩きのめしていた。即座に合流する連と早輝だったが、7人揃っても苦しい状況を打開できない。その時、ボンパーはウガッツR&Lの存在に気付いた。ゴーオンジャー達に迫るダンベルバンキの前に立ちはだかるボンパーは、走輔のマンタンガンを手にとって狙いを定める。「僕がみんなを守るんだ!」ボンパーの放つ弾丸はダンベルバンキをかすめてビルの屋上に居たウガッツR&Lを撃ち抜く。ボンパーはその類稀なる分析能力を発揮して逆転をものにしたのだ。ボンパーは故障などしていなかった。勢いを取り戻したゴーオンジャーとゴーオンウイングスは、スーパーハイウェイバスターとウイングブースターでダンベルバンキを打ち倒す。ダンベルバンキは腕が上がらないまま巨大化するも、セイクウオーとゴローダーGTの敵ではなかった。

 ギンジロー号に戻ってきた一同。走輔と連はギンジロー号の修理を考えていた。ボンパーが聞いた「ポンコツ」「うまく働かない」という言葉は、ギンジロー号に対する言葉だったのだ。ボンパーがガイアーク反応を感知できなかったのは、「ポンコツ」という言葉で頭がいっぱいになった所為だったのだ。

 その頃、ヘルガイユ宮殿に置かれたムゲンゴミバコから「いよいよ我の出番ナリナ」と恐ろしい影が出現していた...。

G5プリンス

 座敷わらしを楽しませる為に、大翔の呼びかけで急遽結成された男性5人組ユニット。大翔をはじめとし、走輔、連、範人、軍平で構成。

 大翔の書き下ろし曲「君とギュッと♪」を一瞬でマスターし、ダンスまで付けて完璧に披露した。

座敷わらし

 熱海後楽園ホテルに棲んでいるという幼い子供の姿をした精霊。

 昔は可愛がってくれる客が多く、その客に幸福をもたらしたというが、時代の変遷と共に座敷わらしの姿を見ることができる者は徐々に減っていき、たまに悪戯で客の気を引くようになった。

 ゴーオンジャー達にはその姿が見え、座敷わらしの言い伝えを知っていた大翔と美羽の発案により、G3プリンセスやG5プリンスといったスペシャルユニットによる歌の披露で楽しませてもらった。

 だが、女の子である座敷わらしはG3プリンセスには興味が無く、ケガレシアを「おばちゃん」という禁句で呼んでしまい、ケガレシアは怒りのパワーで巨大化してしまうことに。(演:大野百花)

GP-45「初夢キカク!?」

 ゴーオンジャーは須塔兄妹の招待で温泉宿にて新年会。炎神達は元旦だけに開かれるという、リフレッシュホールなる炎神達の癒し空間にてリフレッシュの最中だ。スピードルが走輔と離れていて少し寂しげな表情を浮かべたのを皮切りに、炎神達は相棒達の思い出を語り合い始める。

 一方その頃、ケガレシアはヨゴシュタイン復活を企図して魔術的な実験を執り行っていた。実験は進行し、ヨゴシュタインのカッコいい所を思い出す必要のある局面へと入っていくが、どうにもカッコ悪い場面しか思い出せずにいた。ケガレシアは不貞腐れ、心身を癒すべく温泉宿へと出かけて行く。キタネイダスはキレイズキーのムゲンゴミバコにふと気が止まるものの、開き直って「やけオイル」に溺れて行った。

 走輔達の宴会も滞りなく進行していたが、走輔が江角流どじょうすくいを披露して席に戻ると、楽しみに取っていた海老がなくなっていた。激怒して各人に疑念を向ける走輔だったが、ふと古風な子供が姿を現す。その子供が姿を消した途端、部屋の明かりが消え、早輝の髪飾りが盗まれた。海老や髪飾りを盗む悪戯は、子供の仕業だったのだ。

 美羽は、その子供が座敷わらしではないかと言いだす。この宿には座敷わらしが居て、遊んでくれた人に幸せをもたらすという言い伝えがあった。しかし、時代の変遷と共に既に消えてしまったものと思われていた。座敷わらしは、悪戯をしてその存在を気付かせようとしていたのではないかと考えた走輔達は、座敷わらしを捜し始める。座敷わらしを探し回る早輝は途中、温泉で入浴している女性に聞き込みの為に声をかける。ところが、その女性はケガレシアだった。ケガレシアがリフレッシュの為に来た温泉宿は、走輔達の居る温泉宿だったのだ。早輝はケガレシアに気付かず、そのまま座敷わらし探しを続けた。一方、大翔と美羽は座敷わらしを発見。座敷わらしが歌っているのを聞いた大翔は、歌が好きなのだと直感する。

 大翔と美羽の発案で、座敷わらしの為のコンサートを開くことに。まずはG3プリンセスの出番。早輝と美羽は丁度居合わせたケガレシアと共に、G3プリンセスラップを披露する。だが、座敷わらしはケガレシアに向かって「おばちゃん、嫌だ」と一言。驚愕する男性陣の前でケガレシアは全身を沸騰させて烈火のごとく怒り、宿の外で突如巨大化! しかし、リフレッシュホールから戻ってきた炎神達がエンジンオーG12に合体し、ケガレシアをパンチ一発で遥か彼方へと飛ばしてしまった。

 気を取り直し、今度は男性陣でG5プリンスを結成! 大翔作の「君とギュッと♪」を披露する。座敷わらしは大喜び。

 宿を後にしたゴーオンジャー達の前に、座敷わらしが現れる。座敷わらしは可愛い着物に身を包んでいた。実は女の子だったのだ。女の子故に、男性アイドルグループ「G5プリンス」の方が嬉しかったようだ。

ゴーオンオールスターズ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 炎神合体によって完成するエンジンオー、ガンバルオー、セイクウオー、キョウレツオーに、ゴローダーGTを加えた巨大ロボ軍団の総称。

 名乗りは以下の通り。


 「強大な列車の王、キョウレツオー!」

 「巨大なる炎神の王、エンジンオー!」

 「さらなる炎神の王、ガンバルオー!」

 「空を制する天空の王、セイクウオー!」

 「爆走する正義の車輪、ゴローダーGT!」


 「無敵の音を轟かす、ゴーオンオールスターズ!」


 連携攻撃を繰り出した後、一気に各炎神に分離してエンジンオーG12へと合体する。その流れは正に変幻自在だ。

セイクウオーバルカ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 セイクウオーの右腕に、トリプターの代わりにバルカを「炎神武装」で合体させた形態。

 バルカ自体に飛行能力がないにも関わらず、セイクウオーの飛行能力は維持されており、上空からの正確な砲撃は地上のガイアークにとっての脅威となる。