タグ「ゲンギ」が付けられているもの

コウ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 スウグの双幻士で、幻獣ケルベロス拳の使い手。

 落ち着いた口調が特徴の自信家。シュエンとは文字通り犬猿の仲であり、喧嘩が始まると止まらない。

 実は臨獣スネーク拳のブラコの弟であり、兄同様の野心家。兄に関する興味はなく、双幻士の座を脱して四幻将となる野望を抱いている。

 地獄の番犬の首輪を模したリングを投げつけて自在に操る遠隔攻撃を得意とするが、接近戦に関してはやや甘い。

 常に獣人態を保っており、複数の犬の頭が胸部に、巨大な拘束具が肩部と腰部に配された、漆黒の戦闘的スタイルが特徴。(声:安井邦彦)

シュエン

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 スウグの双幻士で、幻獣ハヌマーン拳の使い手。

 落ち着きがなく常にあちこちを飛び回る性質を有し、コウとは文字通り犬猿の仲の様相を呈する。コウとの喧嘩はシュエンに釣られてか、せわしないものとなる。

 サルのような奇声を発しつつ、卓抜した身体能力を生かして素早く動き回り、相手を翻弄する。また、大勢の分身を作り出し、それぞれ意志を持って行動することが可能だ。

 相手の攻撃を受け流す技や火炎攻撃も得意とするが、パワー不足は否めない。

 常に獣人態を保っており、中国の京劇に登場する孫悟空に酷似する面を胸部に配した、演舞装束的なスタイルが特徴。各部に炎を思わせる装飾を付している。(声:柴本浩行)

ソジョ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 ロンの双幻士で、幻獣アーヴァンク拳の使い手。

 メレ曰く「変人コンビ」の一人。短絡的で常にテンションが高く、チョコマカと忙しく動き回る。ドロウを相棒と位置づけており、ドロウが立案する作戦を実行する存在である。

 頭脳派のドロウとは正反対だが、その身体は頑丈であり、激気や紫激気を伴った攻撃をその身に浴びることで、体内にそれらの気を蓄積することが出来る。

 ソジョ最大の特徴はそのスピードであり、完全に相手の攻撃を見切ってしまう。また、両手の鋭い爪も強力な武器の一つだ。

 常に獣人態を保っており、ネズミの頭部を胸部、ビーバーの巣のような金色のオブジェを背中にあしらう。赤と金色の僧兵の装束を纏うような出で立ちが特徴だ。(声:津久井教生)

ドロウ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 ロンの双幻士で、幻獣カプリコーン拳の使い手。

 メレ曰く「変人コンビ」の一人。頭脳明晰な学者肌で、その優れた思考能力を用いて作戦の発案と武器の発明を行う。ソジョを相棒と位置づけており、立案する作戦実行にソジョは欠かせない存在である。

 しかし、頭脳が卓抜している故に、周囲とのコミュニケーションは断絶された状態にあり、妙なコンピュータ用語を用いて早口で喋る為、その言動はにわかには理解不能である。

 最大の武器は頭脳だが、相手の力を利用する戦法にも長けており、うねりを持った鋭い二本角による突進攻撃を繰り出す。

 常に獣人態を保っており、羊の頭部をモチーフとする紺青の鎧を纏う。その頭部にはうねりを伴う二本角と鋭い光を放つ一つ目がある。(声:稲田徹)

理央(幻獣拳)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 臨獣ライオン拳の理央が、幻獣拳の調整者であるロンと血盟の儀式を交わしたことにより、幻獣グリフォン拳の力を得、幻獣王となった。その名乗り口上は「強き事、猛き事、世界において無双の者」。

 幻獣拳の王となった理央は、臨気凱装に代わる幻気凱装により、金色に輝く壮麗なグリフォンの姿とパワーを手に入れることとなった。

 かつてマスター・シャーフーの元で激獣拳を学んでいた理央は、兄弟子であり比類なき強さを誇る「白虎の男」ダンを超えるべく、臨獣拳に手を染めた。獣獣全身変の禁を犯してまで止めようとしたゴウを倒し、ダンに勝負を挑んで勝利した理央だったが、実はダンは何者かによって闇討ちされ深手を負っており、それが本当の勝利ではないことを知る。それ以来、理央の心中には常にダンという壁が立ちはだかり、ダンの血を引くジャンとの決着こそが、自らを真の頂点たらしめると確信する。

 そのジャンに敗北したとき、宿命への執着から開放された理央は真の幻獣王「破壊神」と化す。それはこの世に破滅をもたらすという、ロンの目的を果たすだけの存在である。

 少年時代(演:江原省吾)、彼を「何千年に一度の逸材」と見出したロンにより、家族を惨殺されるという過去を持ち、その悪夢を度々ロンによって見せられてきた。その後、ダンの死を経験させ、数々の仕掛けを経て理央は戦う人形となっていった。だが、理央の人としての心は未だ消えていなかった。それは、メレへの愛だった。

 自身の道を見つけた理央は、幻気を捨て、臨獣ライオン拳の理央に戻った。(演:荒木宏文)

ヒソ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 メレの双幻士で、幻獣ピクシー拳の使い手。メレと同じく女性拳士である。

 メレを「メレお嬢様」と呼び、忠実な部下として仕える。しかし、理央がロンの思惑を外れると知るや、真の主をロンと仰ぎメレと敵対。あくまで幻獣拳士としての役割を果たすべく行動することをよしとする。

 その戦闘スタイルは、舞うような動きから多数の鋭い刃を投げつけるというもの。

 常に獣人態を保っており、妖精の羽根を有した昆虫のような頭部を持つ。胸に妖精の彫像のような装飾をあしらう、彫像といった趣だ。(声:潘恵子)

ハク

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 メレの双幻士で、幻獣ユニコーン拳の使い手。

 丁寧な言葉遣いと自信に満ちた言動が特徴で、作戦成功の為に周到な準備を施す完璧主義者。自らの幻気に反応した子供達を壮麗な建造物に招聘するが、その建物に「ユニコーン城」と名付けるなどメルヘンチックな趣味も有する。

 だが、その「ユニコーン城」を汚されるとキレてしまい、メレの指示を無視して巨大化するなど、完璧主義者故の脆さを露呈。

 両拳に鋭い短剣を装備し、二刀流で戦う。一角獣の鋭い角も有効な武器だ。

 常に獣人態を保っており、左肩から右肩にかけて一角獣の装飾をあしらい、全身を金色と白の甲冑で覆う。(声:古島清孝)

スウグ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 サンヨの引き摺る棺の中に眠っていた、幻獣キメラ拳の使い手。

 常に獣人態を保っており、白虎と金色のコウモリがアンバランスに融合した姿をしている。その顔面には黄金の髑髏を思わせる口吻が覗く。

 スウグに心はなく、喋ることも出来ない。その体内には激獣タイガー拳・ダンの白虎の激気魂が宿っており、ダンの動きを踏襲した拳法を繰り出す。

 ダンの心は持たないものの、激気魂はダンそのものであるため、ダンが生前とっていた行動がそのままスウグの行動に反映される。また、純粋激気魂を従えることができるのは、幻獣王のみだとされる。ダンの墓から激気魂を取り出したロンの力によって、スウグは形作られているが、激気魂が幻気を上回ったとき、ダンの意志がわずかながら表出する。

 激獣拳使いの親子が触れ合った時には、身体に親子の絆の印が刻まれるとされ、事実ジャンがスウグに触れた時、ジャンの胸に虎の爪痕のような傷が刻まれた。

シユウ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 サンヨの双幻士で、幻獣ミノタウロス拳の使い手。

 「ごじゃる」を語尾に付けて話す。戦闘にあまり積極的ではなく、鏡を利用して映し身を作り出す特殊能力を使い、敵を罠に陥れる戦法を得意とする。

 三日月状の回転する光と化して高速移動。さらに両腕からは連続で三日月状の光線を放つ。

 常に獣人態を保っており、牛の角状の三日月やリングの形をした「幻射鏡」を特徴的に配した、無機物的な外見をしている。顔面の中央にも鏡を有する。四幻将に比べ、金色部分は少ない。(声:真殿光昭)

ゴウユ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 サンヨの双幻士で、幻獣ケイトス拳の使い手。

 獰猛でやや愚鈍。口調もあまり流暢ではなく、怒りに任せて行動することも。ただし、攻撃は的確。

 幻気によって身体を激しく振動、周囲を共振させて破壊する能力を有する。

 常に獣人態を保っており、その姿は猪の牙を配した甲冑の闘士。四幻将に比べ、金色部分は少ない。(声:喜山茂雄)

サンヨ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 ロンによって臨獣殿に招聘された幻獣バジリスク拳の使い手。

 語尾に「よ~」を付けて話すなど茶目っ気もあるが、その出で立ちは豪胆かつ堅牢。やや口が軽く、ロンにたしなめられる一幕も。

 幻気によって対象物の重さを自在に変化させる能力を持っており、手を触れずとも相手を戦闘不能に追い込む実力の持ち主。

 常に獣人態を保っており、その姿は鱗と羽毛をあしらった軍師のようだ。他の幻獣拳士と同様に金色に輝く。

 実はサンヨはロンの「不死」の部分を司る者であり、ロンが倒されても、サンヨの吐き出す「不死の組織」がロンを何度でも再生させるのだ。最後はロンに取り込まれ、無間龍の一部となった。(声:梅津秀行)

幻気/ゲンギ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 臨獣拳使いが獣を超える力を身に付けたとき、幻気を纏うことが出来る。幻気は「調整者」と呼ばれる者によって、臨獣拳使いの臨気を変容させることで身に付ける。

 ゲンギとは幻気を高めて放つ技を指す。幻獣の力を発揮する為、超自然的な現象すら引き起こすことが可能だ。

メレ(幻獣拳)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 理央に仕える、臨獣カメレオン拳の使い手であったが、ロンにその才覚を見出され、幻獣拳の第二位である四幻将の一人となる。人間態は臨獣拳士であった頃と大差ない。

 幻獣フェニックス拳使いとなったメレは、四幻将として幻獣王・理央に仕える決意を新たにする。戦闘に際しては「理央様の愛の為にさらなる強さを身に纏ったラブウォーリアー」を名乗り、灼熱の炎を自在に操る麗しき黄金の鳥となる。

 ロンの呪縛から脱するべく幻気を捨てる理央に続き、自らも幻気を捨て去って臨獣カメレオン拳のメレに戻った。(演:平田裕香)

ロン

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 臨獣殿の世代交代を促すべく、密かに暗躍していたロン(「ロン(臨獣拳)」を参照)は、幻獣拳の使い手であった。

 獣を超えることを旨とする幻獣拳を使うロンは、拳魔ラゲクを一撃で葬ることで三拳魔ひいては臨獣拳を滅ぼす。そして獣力開花を果たした理央に幻獣拳の存在を示し、理央を獣拳の頂に立たせんとする。

 自らを「幻獣拳の調整者」と称し、「血盟の儀式」を執り行う。いわば幻獣拳の参謀だ。

 ところが、その真の目的は「何千年に一度の逸材」である理央を破壊神と化してこの世を破壊しつくすことであり、その為に理央の家族を全滅させ、ダンを殺め、ナミを手にかけ、ジャンの村を滅ぼした。理央の「強くなりたい」という心理を巧みに喚起させ、理央を幻獣王に仕立てたのだ。

 それは、ロンが永遠の時を生きている故の退屈さを紛らわせる為の戯れ。その昔、マクを破壊神に仕立て上げる企みを抱いていたが、図らずもそれをシャーフー達は阻止する結果となったようだ。

 金色に輝く竜の獣人態を持つが、その真の姿は「無間龍」と呼ばれる巨大な怪物である。

 不死の存在であるロンは、リンギを身に付けたジャン、ラン、レツにより、永遠に慟哭丸に封じ込められることとなる。そこは、面白いことも何もない、正に究極の無間地獄であった。(演:川野直輝)