タグ「獣人」が付けられているもの

メレ(幻獣拳)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 理央に仕える、臨獣カメレオン拳の使い手であったが、ロンにその才覚を見出され、幻獣拳の第二位である四幻将の一人となる。人間態は臨獣拳士であった頃と大差ない。

 幻獣フェニックス拳使いとなったメレは、四幻将として幻獣王・理央に仕える決意を新たにする。戦闘に際しては「理央様の愛の為にさらなる強さを身に纏ったラブウォーリアー」を名乗り、灼熱の炎を自在に操る麗しき黄金の鳥となる。

 ロンの呪縛から脱するべく幻気を捨てる理央に続き、自らも幻気を捨て去って臨獣カメレオン拳のメレに戻った。(演:平田裕香)

ムコウア

 臨獣アングラーフィッシュ拳の使い手で、人間にとり憑いて意のままに操る特技を持つ、ラゲク配下のリンリンシー。

 操獣刀は時裂波を破り、手にした者を元の時代に戻すことができる。それを知ったラゲクが、慌てて江戸時代へ送り込んだ。

 異空間を漂う理央から操獣刀を奪い、江戸時代で活動するために吉良上野介にとり憑く。ゲキレンジャー、理央・メレを元の時代に戻さぬよう、ラゲクより仰せつかっている。

 獣人態はアンコウの意匠を全身に纏っており、各部に鋭いヒレを有する。胸部には鋭利な歯を持つアンコウの頭部があり、頭頂部にはチョウチンアンコウの発光器官を備える。

 吉良上野介にとり憑いていたからか、巨大化後は「田舎侍」「鮒侍」などといった、松の廊下での名台詞を披露し、ゲキリントージャを嬲っていた。(演・声:大林勝)

ツネキ

 臨獣フォックス拳の使い手で、百発百中の弓矢を携えた拳士。

 マクの息のかかった臨獣拳士であるが、怒臨気を与えられているかどうかは不明。プライドの高い自信家だが、その言動はあまり品が良いとは言えない。キツネよろしく「コン」という言葉を連発する。

 獣人態は、京劇のような仮面に西洋貴族の正装に似た出で立ち。体中に沢山の目のような模様があり、索敵に使用される。その胸部にはキツネの頭があしらわれる。

 秘伝リンギ「狐空大爆弾」は、臨気によるバリアで周囲一体を包み込むという大技。マクに目をかけられる程の実力はあるようだ。(声:高戸靖広)

チョウダ

 臨獣オーストリッチ拳の使い手で、強力な脚力を生かした攻撃を得意とする拳士。

 マクに怒臨気を与えられ、ゲキレンジャーを一気に倒そうとする。リンリンシーきってのお調子者の一人で、何故か名古屋弁らしきものを話し、語尾に「チョウ」を付ける。名古屋弁らしき喋り方はメレにも伝染してしまう程強烈なインパクトを放った。

 獣人態は、紫の硬い羽根を全身に纏い、ダチョウの頭を胸部に備える。類まれなる脚力により、凄まじい跳躍と蹴り技を放つ。リンギ・受吸力により、打たれれば打たれるほど強くなる。

 秘伝リンギ「転臨気」により、一度死んでも生まれ変わることが出来る。生まれ変わる前のチョウダが浴びた全ての攻撃に耐え得る身体を備え、喋り方や性格も落ち着いたものとなる。(声:内匠靖明)

ニワ

 臨獣クロコダイル拳の使い手で、堅牢な表皮に身を包んだ実力派。

 理央不在の臨獣殿において、理央の存在と評価を貶めないよう、メレによって選抜・派遣される。理央が臨在させたリンリンシーの中でも、5本の指に入る程の逸材と言われ、マクの怒臨気を与えられずとも戦える自信を持つ。

 リンリンシーの姿では、ワニのエンブレムを額にあしらう。この姿でも強力な技を使うことが可能だ。

 全身をワニの鱗が覆う獣人態は、ワニの顎を裂いたような体前部が特徴で、何故か下駄を履いている。その体皮はあらゆる攻撃を跳ね返す頑強さを誇る。(声:酒井敬幸)

ポウオーテ

 臨獣アーチャーフィッシュ拳の使い手で、水流弾による射撃の名手。

 ニヒルなガンマンを気取り、両腕から電撃を伴った凄まじい勢いの水流を放つ。その狙いは正確で、さしずめ連射も可能な二丁拳銃といったところだ。

 マクに怒臨気を与えられ、自信に満ちた立ち振る舞いをする。当然ながら、怒臨気によってパワーは大幅に増しており、スーパーゲキレンジャーとなったランとレツを追い込む実力を発揮した。

 獣人態は、何故か西部開拓時代のガンマンのような出で立ちであり、胸部には魚(鉄砲魚)の顔が覗く。(声:松本大)

ヒヒ

 臨獣バブーン拳の使い手で、大地の拳魔・マクの親衛隊を名乗る拳士。

 猿のような奇声を上げつつ、ヒヒが素早く木々を飛び移るように連続飛び攻撃を繰り出す。また、身体は異様なまでに頑丈である。

 マクに怒臨気を与えられており、一度倒されたにもかかわらず、よりパワーアップして蘇った。

 獣人態は、全身を白い体毛に覆われ、紺色のヒヒの顔を胸部に配し、赤い顔面を持つさながら京劇の孫悟空のような出で立ち。パワーアップ後は、顔面に怒りの表情が浮かぶ。(声:島田敏)

マーラシヤ

 臨獣ポーキュパイン拳の使い手で、全身に生えた無数の鋭い針を武器とする、遠隔戦&接近戦の両方に優れた拳士。

 マク復活に伴う、人々の悲鳴と恐怖の喚起の為に派遣され、街を混乱に陥れた。

 リンリンシーの姿では、ヤマアラシのエンブレムを額にあしらう。

 獣人態では、胸部にヤマアラシの顔を持ち、全身を針山ボンデージで包む。(声:近藤孝行)

タブー

 臨獣ピッグ拳の使い手で、身体を包む脂肪で打撃系攻撃を緩和し、人間を喰らう為に行動する変わり者。

 大地の拳魔の「イキギモ」を探し出す使命を帯び、メレと共に行動するが、自らの食事への興味が専らであり役に立たないため、メレに半ば自由行動を許される。

 リンリンシーの姿では、豚のエンブレムを額にあしらう。この姿でも、口から火炎を吐くことが出来る。

 獣人態は、豚の顔を変形させた顔面と、豚の顔そのものの胸部が特徴で、肩部に中華風の文様を持つ。(声:広川太一郎)

臨機兵ワガタク

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 ラゲクの臨気を注入された、ラゲクの写し身。通常は臨獣殿の祭壇に像として起立している。素早い動きで理央の激獣拳討伐の邪魔者を制止する。

 頭にクワガタ状の角、左肩に巨大な突起物を持つ。武器は刺又で、臨気の光線を打ち出す。

 臨獣殿の一角、岩盤の奥にある「臨機兵房」に大量に安置されており、マクの怒臨気によって「怒臨機兵」として始動した際には、パワーアップした赤い姿を披露した。

臨機兵ブトカ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 カタの臨気を注入された、カタの写し身。通常は臨獣殿の祭壇に像として起立している。素早い動きで理央の激獣拳討伐の邪魔者を制止する。

 頭にカブトムシ状の角、右肩に巨大な突起物を持つ。武器は長槍で、臨気の光線を打ち出す。

 臨獣殿の一角、岩盤の奥にある「臨機兵房」に大量に安置されており、マクの怒臨気によって「怒臨機兵」として始動した際には、パワーアップした赤い姿を披露した。

エルカ

 五毒拳のマガと同じく、臨獣トード拳の使い手。

 同じ臨獣トード拳使いではあるが、マガよりも強力な技を有する拳士である。ただし、新たな力を身に付けたゲキレンジャーの前に、大した戦果を上げることもなく散っていった。(声:石野竜三)

ドカリヤ

 臨獣ハーミットクラブ拳の使い手で、硬い外殻を生かした攻撃と、寄生術を身に付けた拳士。

 海の拳魔・ラゲクを師匠と仰ぎ、さらに師弟の感情を超えて愛している。ただしラゲクは、あくまでその感情を利用しているに過ぎない。しかしながら、メレに寄生しようと試みる際に、嬉しそうに抱きついたところを見ると、必ずしもラゲク以外の女性に興味を抱かないわけではないらしい。

 ヤドカリよろしく、相手の体内に入り込んで操ることが出来る。それがドカリヤ最大の特徴である。

 獣人態は、巨大な巻貝を纏ったヤドカリを各部に配した姿である。右腕は巻貝型のドリルになっている。(声:堀之紀)

ラスカ

 臨獣クロー拳の使い手で、空中戦を得意とする飛翔拳の一人。空の拳魔カタの親衛隊である。

 飛行スピードは非常に速く、また空中に留まることも自在。空中のみならず、地上でもパワフルな攻撃を繰り出し、相手を圧倒する。また、相手のウイークポイントを徹底的に攻める戦術を得意としている。

 獣人態は烏の頭を胸部に配し、漆黒の羽毛を纏ったような姿。ルーツとは対象的に左肩に翼を生やしている。

 単純で粗暴な性格であるが、絶望と悲鳴をイカズチに変える行動を説明する際、非常に理論的な面を垣間見せた。意外に真面目である。メレ曰く「変わった子」。モテないらしく、そこを突かれると怒り出す。(声:河本邦弘)

ルーツ

 臨獣クレーン拳の使い手で、空中戦を得意とする飛翔拳の一人。空の拳魔カタの親衛隊である。

 飛行スピードは非常に速く、また空中に留まることも自在。空中のみならず、地上でもエレガントな技を繰り出して相手を翻弄する。

 獣人態は鶴の頭を胸部に配し、白と青の羽毛を纏ったような姿。ラスカとは対象的に右肩に翼を生やしている。

 少々ナルシストの節があり、「オネエ言葉(のような幼児的な話し方)」を好んで使う。基本的に飽きっぽい性格のようだ。メレ曰く「変態っぽい」。

 ラスカを失ってからは、憎しみと復讐の権化となり、ラスカの腐蝕盤刀を振るう。また、言動もいささか粗暴になった。(声:松野太紀)

ナギウ

 臨獣イール拳の使い手で、ぬめりと柔軟性を武器とする拳士。地上で波打つような妙な動きを繰り返す癖がある。

 自信家で、自らを最強と称するが、臨気を粘液状にしたものがなければ、その実力自体は大したものではない。

 リンリンシーの姿では、ウナギのエンブレムを額にあしらう。

 獣人態は、ウナギを巻きつけた青い魚類の姿。表面は常に粘液でぬめっている。(声:難波圭一)

ムザンコセ

 「臨獣殿に、臨気宿せし巨岩あり」「磐石たる破壊神」を自称する、臨獣パンゴリン拳の使い手。古風な口調で話し、仲間に対する礼儀も心得ている。

 リンリンシーの姿では、センザンコウのエンブレムを額にあしらう。

 獣人態は、銅色に輝く鱗の鎧を纏った、センザンコウの姿で、その卓越した防御力は脅威に値する。

 臨気により地殻を活性化することで、地震を起こす術を身につけている。その能力による効果を最大限に発揮するため、地殻プレートのたわみを正確に探知する舌を有し、大きな地震を引き起こせるポイントを「美味」と表現する。(声:秋元羊介)

マガ

 熱、痛み、寒さ、痺れ、吐き気を司る、臨獣殿・地獄の五毒拳の一人で、臨獣トード拳の使い手。

 鉛の神経、鉛の身体、鈍重ながら「鋼鉄鉄壁の守護者」。

 リンリンシーの姿では、蛙のエンブレムを額にあしらい、黄色の長布を纏う。

 獣人態は、禍々しき黄色い毒蛙。毒爆弾の玉をジャグリングして投げつける。

 ソリサに好意を持っており、ソリサの為にその最高の防御力を惜しみなく行使する。ソリサが自分に振り向いた後は、自信過剰となる。ゲキレンジャー打倒ですら途中で放棄してしまうほど、ソリサにしか興味のない男となった。(声:長嶝高士)

モリヤ

 熱、痛み、寒さ、痺れ、吐き気を司る、臨獣殿・地獄の五毒拳の一人で、臨獣ゲッコー拳の使い手。

 想定外の反応と攻撃、「対応不能の惑乱者」。

 リンリンシーの姿では、ヤモリのエンブレムを額にあしらい、緑の長布を纏う。

 獣人態は、装飾の少ない不気味な姿。ヤモリの顔面が胸部を飾る。手裏剣を素早く取り出し、敵に投げつける攻撃を得意とする。

 地面を歩く者を見下し、自分だけが歩きまわれる面を「自分の世界」と称する。技のセンスの無さが最大の弱点。

 後にブラコの真毒によって命を与えられ復活。理央打倒の為に利用される。(声:坂口候一)

ソリサ

 熱、痛み、寒さ、痺れ、吐き気を司る、臨獣殿・地獄の五毒拳の一人で紅一点。臨獣スコーピオン拳の使い手である。

 その微笑と舞で敵を誘い、翻弄し止めを刺す「戦慄の踊り子」。

 リンリンシーの姿では、蠍のエンブレムを額にあしらい、赤い長布を纏う。

 獣人態は、蠍の毒の尾を足に配し、その足技を存分に使う。

 リンシーズを率いて集団でダンスし、そのリズムでゲキレンジャーを翻弄する。五毒拳中、最高の攻撃力を有し、五毒拳最高の防御力を持つマガと共に、攻防一体の最強コンビを成す。強さを見せたマガに、完全に惚れてしまった。(声:安達忍)