その44「ワフワフ!父ちゃんのメロディ」

 とある神社に初詣に来たスクラッチの面々。レツ、ケン、ランが激獣拳の勝利を願うのを見て、ゴウは「神頼みはしない」と告げ、しばらくゲキレンジャーと別行動をとると宣言。どこかへ特訓に行ってしまった。ジャンは見よう見まねで参拝を始め、スウグがダンに戻るよう願う。だがシャーフーは「それは無理なんじゃ」とジャンに告げた。

 ロンは「あと少しなのに惜しいことです」と理央を評し、ジャンに対する執着が真の幻獣王となるのを阻害していると言う。スウグにジャンを倒させてはどうかと理央に進言するロンは、スウグがゲキレッドを躊躇なく倒すだろうと告げる。理央は自分の相手に相応しいかどうかを試す好機とみなし、スウグを派遣した。真の幻獣王になるには、新たな意識を持つ新たな理央に生まれ変わらなければならないと呟くサンヨ。メレはその言葉を聞き、サンヨに問いただすが、サンヨは慌てて口をつぐんだ。

 スウグはダンではなく、理央の命令で動く人形。ダンの激気魂を解き放つには、スウグを倒すしかない。事実を受け入れたジャンは、スウグを自らの手で倒すことを決意する。

 サンヨの言葉が気になるメレを、コウが襲う。コウは臨獣スネーク拳のブラコの弟だという。コウは兄のカタキであるメレに興味を抱いているわけではなく、四幻将となる野望を抱いているのだ。四幻将になりたくば、悲鳴でも集めて来いとのメレ言葉を受け、コウは街へ向かった。コウを迎え撃つは、ラン、レツ、ケンの3人。

 一方、ジャンはスウグの吹く草笛の音を頼りに、スウグの元へと向かった。ロンは不敵な笑みを浮かべつつ、スウグとジャンの闘い振りの観覧を決め込む。

 そしてその頃、ミシェル・ペングの元にゴウが現れる。ゴウは「技のデパート」と呼ばれるミシェルに、ブルーサ・イーが遺した伝説のゲキワザ「天地転変打」の出し方を教わりに来たのだ。ミシェルは理論こそ心得ているが、習得したわけではないと言う。ゴウは「天地転変打」で理央を倒すことを決意していたのだ。ミシェルは、その思いに答えるべく、ゴウをとある滝壺にいざなった。

 コウと3人のゲキレンジャー、ジャンとスウグ、ゴウの伝説のゲキワザ習得。それぞれの激しい戦いが始まった。

 コウが遠隔攻撃を得意としていることに気づいた3人のゲキレンジャーは、接近戦を多用してコウを追い詰めていく。しかし、コウの反撃は3人の予想を超えて強力であった。逆に追い詰められたゲキレンジャーだったが、ケンが更なる反撃の糸口を掴む。ランとレツはケンに続き、コウを倒した。怒ったコウは巨大化するが、勢いに乗ったケンの操るサイダイオーの前では無力に等しかった。

 スウグは複数の存在の混合であるキメラの如く、あらゆる獣拳の技を繰り出してジャンを翻弄する。だが、ダンの激気魂が人々を不幸にすることに耐えられないジャンは、諦めずスウグに立ち向かっていく。そして遂にスウグを倒せるチャンスが訪れたが、ジャンの拳は寸でのところで止まってしまった。やはりジャンの心の奥底では、父を倒すことはできないという意志が残っているのだ。スウグはジャンを無慈悲に痛めつける。

 ゴウは「激気を体内に最大限に満たし、拳の大きさにまで圧縮。一気に放出する」という「天地転変打」の方法論に基づき、滝を逆流させるという特異な修行に挑む。天地をひっくり返せると信じる力が成功に導くと言うミシェル。ゴウは自信を見せつつ困難を極める修行を開始した。

 スウグは、ジャンの「父ちゃん」という言葉で拳を止めた。ジャンを抱きしめるスウグ。ロンはその様子に戦慄する。スウグの幻気が揺らいだのだ。「私の大願成就の為には、あいつは邪魔者」そう呟くロンは獣人態と化す。物陰に潜むメレは「理央様の為じゃないの? 何か別の考えがあるってこと?」と疑念を持った。ロンは幻気の弓矢を引き絞り、ジャンを狙い撃つ。だが、それをスウグが身を挺し庇った。スウグは血盟を上回る激気魂でダンの意志を体現する。ジャンはダンと数奇な再会を果たしたのだ…。

コウ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 スウグの双幻士で、幻獣ケルベロス拳の使い手。

 落ち着いた口調が特徴の自信家。シュエンとは文字通り犬猿の仲であり、喧嘩が始まると止まらない。

 実は臨獣スネーク拳のブラコの弟であり、兄同様の野心家。兄に関する興味はなく、双幻士の座を脱して四幻将となる野望を抱いている。

 地獄の番犬の首輪を模したリングを投げつけて自在に操る遠隔攻撃を得意とするが、接近戦に関してはやや甘い。

 常に獣人態を保っており、複数の犬の頭が胸部に、巨大な拘束具が肩部と腰部に配された、漆黒の戦闘的スタイルが特徴。(声:安井邦彦)

シュエン

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 スウグの双幻士で、幻獣ハヌマーン拳の使い手。

 落ち着きがなく常にあちこちを飛び回る性質を有し、コウとは文字通り犬猿の仲の様相を呈する。コウとの喧嘩はシュエンに釣られてか、せわしないものとなる。

 サルのような奇声を発しつつ、卓抜した身体能力を生かして素早く動き回り、相手を翻弄する。また、大勢の分身を作り出し、それぞれ意志を持って行動することが可能だ。

 相手の攻撃を受け流す技や火炎攻撃も得意とするが、パワー不足は否めない。

 常に獣人態を保っており、中国の京劇に登場する孫悟空に酷似する面を胸部に配した、演舞装束的なスタイルが特徴。各部に炎を思わせる装飾を付している。(声:柴本浩行)

カールの母

 ノース共和国親善大使の妻で、カールの母親。

 不幸なことに、昨年のクリスマスイヴに交通事故でこの世を去ってしまった。カールの想い出の中で優しく微笑んでいる。(演:シンシア・チェストン)

カールの父

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 ノース共和国親善大使で、カールの父親。

 母親を亡くしてふさぎ込むカールに頭を悩ませている。(演:マーク・チネリー)

カール

 クリスマスが嫌いだという、ノース共和国親善大使の息子。

 昨年のクリスマスイヴに交通事故で母親を亡くしており、それがクリスマス嫌いの原因となった。

 ケンに「マイウェイをゴーだ」と励まされ、本来の明るい性格を取り戻す。(演:イーサン・エイムス)

その43「ハピハピ!メリークリスマス、押忍」

 ケンとピョン・ピョウは、クリスマスの買い物に出かけていた。途中、売り物のケーキをわざとひっくり返した外国人の少年・カールと出会う。カールは「I hate Christmas(クリスマスなんて嫌いだ)」と言うが、ケンは「クリスマスパーティをしたいけど、貧しくて出来ない」と的外れの訳を披露。ケンはサンタクロースに扮し、ピョン・ピョウはケンによってトナカイに変装させられる。

 一方、メレもクリスマス気分に浸っていた。ロンはスウグの双幻士である、幻獣ケルベロス拳のコウと幻獣ハヌマーン拳のシュエンを理央に紹介する。理央はシュエンを街に派遣した。

 スクラッチではクリスマスパーティの準備が着々と進行していた。半ば無理やり連れてこられたカールは、何となく迷惑そうな顔をしていたが、遂にクリスマスツリーを倒して出て行ってしまう。ケンとピョウはカールを追った。その頃、街ではシュエンが大勢の分身を作り出し大暴れしていた。ケンを除くゲキレンジャーは迎撃を開始する。だが、戯れつつ大勢の分身で襲い来るシュエンは、倒しても倒しても片付かない。ランが根性で全滅させると宣言し勢い付いたゲキレンジャーは、遂に最後の一人まで追い詰める。だが、渾身の一撃で倒したシュエンも、やはり分身であった。シュエンは街を炎に包んで阿鼻叫喚のクリスマスにしてやると息巻く。

 カールを見つけたケンとピョウの元に、リムジンに乗ったカールの父親が現れ、2人は邸宅に招かれた。カールの父親はノース共和国の親善大使。貧乏だというケンの思い込みは全くの的外れであった。父親の話によると、カールは去年のクリスマスイヴに交通事故で母親を亡くしており、それ以来クリスマスが嫌いになってしまったのだという。ケンは母親に会わせてやると言い、自らカールの母の扮装をするなど突拍子もない行動で励まそうとするが、当然カールは怒って飛び出して行ってしまった。ピョウは頭を抱える…。

 「マイウェイをゴーするんだ。そうすりゃあ、キラキラのハピハピになれるんだよ」カールを捕まえたケンはそう諭す。ケンもカールと同じくらいの年頃に母親を亡くしたが、獣拳に前へと進むことを教えられたのだという。

 そこへ、シュエンが出現。ケンはゲキチョッパーに変身し、カールに自分の戦う姿を見せた。カールはケンの戦う姿を見て徐々に明るい表情を取り戻していく。ジャン達も合流したが、ケンはジャンのスーパーゲキクローを奪い取り、自ら過激気を研鑽してシュエンに渾身の一刀を見舞った。カールは笑顔を見せる。

 シュエンはしつこく巨大化して襲い掛かった。ゲキファイアー、ゲキトージャウルフ、サイダイオーで一気に勝負をつけようとするゲキレンジャーに、シュエンは身軽さを発揮して攻撃をかわしまくり、火炎放射で攻撃した。怒ったケンはサイダイオーの力で巨大な氷にシュエンを閉じ込め、サイダイゲキファイアーで止めを刺す。

 その夜、カールの家にスクラッチの面々も招かれ、パーティが始まった。ケンはサイダイオーで巨大な氷塊を作り出し、砕大剣で彫刻を施す。それは、巨大なカールの母親の氷像であった。ピョウはトナカイに扮し、夜空に花火で「Merry Christmas」のイルミネーションを施した。

ナミ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 ダンの妻で、ジャンの実母。

 ダン、そして幼子のジャンと共に獣源郷の近くの村で暮らしていたが、ダンが理央によって倒され、その直後村はロンの手による土砂災害に見舞われ、全滅してしまう。

 そんな中、幼いジャンと共に生き残ったナミは、ロンの手からジャンを逃がし、ロンの手にかかって命を落としてしまうのだった。

 ただ一人生き残った幼いジャンは、村の近くの森に逃げ延び、そこで育ったのだ。

 激獣拳の心得があり、ロンをひるませる程の激気を掌より発した。(演:佐藤友紀)

サイダイゲキトージャ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

サイダイゲキトージャ

 サイダインに、ゲキタイガーとゲキウルフが合体。周囲をゲキチーターとゲキジャガーが追随することで完成するサイダイゲキファイアーと双璧を成す「巨大ゲキワザの究極態」。

 激気、過激気、紫激気が合一することで凄まじい力を発揮。サイダイゲキファイアーとは異なるテクニカルな戦いぶりを見せる。