タグ「ガンダム」が付けられているもの

HG ガンダムヴァーチェ

  • 投稿日:
  • by

 バンダイから1/144 HGブランドで発売された、ガンダムヴァーチェのプラモです。


 プトレマイオスのガンダムでは4機目ということからか、キットの完成度はガンダム4機の中で一番高く、塗装のし易さや組み立て易さも一級品です。


 残念ながら装甲パージの機構は再現されておらず、ナドレには変形できませんが、1/144 HGの規格でナドレを再現するのは少々無理があると思われ、パーツの異常な細分化の結果や、主たる素材であるスチロール樹脂から考えると強度不足が懸念されます。


 逆に、思い切ってナドレを捨てたことにより、各部の重厚感や武装の再現度にコストを割き、完成度の高いモデルとして成立していますので、非常に満足な商品として仕上がっていると思います。


 主たる武装は全て再現。GNビームサーベルも4機目にして遂にクリアパーツで成型されています。勿論、他のガンダムに流用することが出来ます。

 GNバズーカ、GNキャノン共にギミックをほぼ劇中どおり再現。GNキャノンに至っては、ナドレでしか使用しない(と思われる)グリップ可動まで再現されています。


 ちなみに、パーツ分割は多分に装甲のパージ構造を意識しています。表面から見えない部分にナドレのディテールがあったり。


HG ガンダムヴァーチェ

 GP-02を思わせる重厚なシルエットが特徴のヴァーチェを見事に再現。

HG ガンダムキュリオス

  • 投稿日:
  • by

 バンダイから1/144 HGブランドで発売された、ガンダムキュリオスのプラモです。


 全塗装前提で言えば、デュナメスが割と作りやすかったのに対し、このキュリオスは可変機構故の強度確保の為かパーツ分割密度が低めで、実に塗り分けが大変なキットでした。

 ただし、この小スケールにして、スタイリングは的確な上、可変キットとして非常に優秀なギミックを持ち、完成時の満足度は一際高いものになっています。


 武装は少なめで、GNビームサブマシンガンとGNシールドのみ。GNビームサーベルはグリップの部分のみリアスカート裏より取り外しが可能です。

 GNビームサブマシンガンはグリップをアタッチ可能。GNシールドはあの凶悪なクローに変形させることが出来ます。


 フライトポジションへの可変は差し替え式となっており、差し替え箇所は、

  • 手首の取り外し
  • シールド接続部の方向付け替え
  • 脚部の付け根をフライトポジション用のジョイントに丸ごと交換

となっています。


HG ガンダムキュリオス

 エッジの効いたシルエットがシャープな雰囲気を漂わせます。膝部の巨大なウイングが特徴的。

HG ガンダムデュナメス

  • 投稿日:
  • by

 バンダイから1/144 HGブランドで発売された、ガンダムデュナメスのプラモです。


 エクシアは、ガンダム00シリーズのHG第1弾の不慣れもあったのか、妙に製作に苦労しましたが、このデュナメスは部品分割も塗装に優しい構成で、割と楽に完成させることができました。

 勿論、エクシアと比べても遜色ないスタイリングと可動部を持ち、特に腕部はGNスナイパーライフルを構えるための特殊な可動部が充実しています。


 FGと違い、GNフルシールドが付属してます。GNフルシールドはほぼ劇中通りに可動し、あらゆる局面の再現が可能。

 ただし、GNビームサーベルとGNビームピストルが付属しないという不満点も。GNビームサーベルはエクシアと同型なので流用できるとして、GNビームピストルは何かの機会でリリースして頂きたいところです。


HG ガンダムデュナメス

 スマートでありながらスパルタンな雰囲気を漂わせます。

HG ガンダムエクシア

  • 投稿日:
  • by

 バンダイから1/144 HGブランドで発売された、ガンダムエクシアのプラモです。


 HGだけあって、完成後のスタイルやギミックには目を見張るものがあります。

 ただ、宇宙世紀シリーズをリリースしているHGUCに比べると、部品分割に難があり、塗装は異様に面倒でした。デザインが複雑すぎ、強度が保てないのが原因と思しき箇所に、その傾向があります。


 一応すべての武装が再現されているのに加え、可動範囲が実に広いので、色々なポーズをとらせて遊べます。塗装だけでグッと完成度が上がるので、腕に自信のある人は是非挑戦しましょう。


HG ガンダムエクシア

 素立ちでも充分カッコいい、シリーズ随一のスマートなガンダムです。