タグ「スーパー戦隊シリーズ」が付けられているもの

Space.Final「宇宙に響け!ヨッシャ、ラッキー」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 9人体制での開始という前代未聞の多人数戦隊。早々に追加戦士が3人も登場し、中盤で12人体制が確立。そのまま一人も欠けることなく最終回に辿り着くという、真に前代未聞なシリーズ、それが「キュウレンジャー」でした。

 フレッシュなメンバーに芸達者な声優陣、盤石な体制のスーツアクター陣、宇宙を表現するアイディアに溢れたスタッフ陣は、正に当シリーズがいかに「ラッキー」なシリーズだったかを物語ります。

 最終回は、全編に亘ってドン・アルマゲとの最終決戦のみに徹底される潔い構成。2年後という設定でのエピローグは、スパーダ流に表現すれば正にデザート感覚であり、微笑ましい幕引きを彩ってくれました。

Space.47「救世主たちの約束」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 やはり最終話の一歩手前は盛り上がりますね。多人数戦隊であることを存分に活かした「八犬伝」「聖闘士星矢」的な「犠牲を伴う突破劇」を展開しつつ、実はそれ自体が「全員が生還する」ための作戦だったという爽快さ。メンバー全員の関係性をコンパクトかつ明確に整理...など、安定の面白さを提示してくれました。

 ショウ・ロンポーもツルギも無事生還という流れには、昨今の戦隊が見せる「無難さ」への諦念を禁じ得ないものの、「キュウレンジャー」のアイコンたるラッキーのポリシーを一貫して描き続けて来た結果、そのポリシーに合致する展開になったことは素直に嬉しいものとして映りました。

Space.46「希望と絶望のはざまで」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 今回を入れて残り3回。遂に...というか、やっと最終戦開始の様相を見せ始めた一編。

 ところが、早々にクエルボ=ドン・アルマゲは滅びてしまいます。そしてその次に恐ろしい展開が待っていたとは...。正直、これは予想外でした。これまでのドン・アルマゲのダメさ加減がここで活きてくるとは思いも寄らず。かなりの衝撃を伴う開幕戦となりました。

Space.45「ツルギの命とチキュウの危機」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 前回に引き続き、最終決戦の序章といった感のある一編。チキュウが舞台ということで、ツルギのみならず小太郎がメイン扱いになっているのは嬉しいところ。弟の次郎を再登場させ、改めて人と人の繋がりを強調したのも良かったですね。

 ツルギの件は、非常に単純明快でした。奇をてらった理由も期待しましたが、この展開だと逆に単純明快そのものであることが美点になりましたね。

Space.44「ドン・アルマゲの正体」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 「キュウレンジャー」も残りわずかとなりましたが、やはり年明けの放送には特別な感触があるものです。昨年末にラッキーとアスランの件に決着がついたこともあり、最終章突入といった感覚が色濃いスタートとなりました。

 しかしながら、最終編への序曲にしては割ととっ散らかった感が強く、一抹の不安を覚える一編でした。

Space.43「聖夜に誓うヨッシャ、ラッキー」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 この時期は、クリスマス編として派手に振り切ったバラエティ編になるか、総集編を展開して年末商戦に活を入れるか、はたまたその年最後の放映ということで、ある種のクライマックスを入れてくるか...という、いわゆる「常套句」が存在するわけですが、今シーズンは「クライマックス」を選択しつつも、一旦ストーリーが途切れるような(年明けからの展開に蛇足感を与えるような)構成ではなく、あくまで最終決戦シリーズの一編に徹していました。

 しかしながら、扱うテーマは非常にヘヴィであり、クリスマス編としてはかなり沈鬱なものとなりました。クリスマス要素は、最後の最後、ラッキーを元気付けるという名目でクリスマスパーティの様子が挿入された程度。全編に亘ってラッキーとアスランの真の再会を情感たっぷりに、そして悲壮感たっぷりに描きました。

Space.42「父か?宇宙か?ラッキーの覚悟」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 前言撤回。アスランをここで出したのは正解でした。

 「最後のジェダイ」を観に行き、「おんな城主 直虎」の最終回を見てしまい、正直「キュウレンジャー」の印象が自分の頭の中で物凄く薄まってしまったきらいはあるのですが...(笑)。何とか文章をひねり出しています。

 それぞれがそれぞれの役割を全うするために死力を尽くすという展開は、やはり燃えるものがありますね。年末商戦編としての巨大ロボ大活躍も見られ、ビジュアルも大充実でした。

Space.41「突入!惑星サザンクロス」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 敵の本拠地に突入する、スペースオペラでは正にド王道な展開を導入し、クライマックス感を盛り上げる一編。

 「スター・ウォーズ」よろしく、ギリギリで鉄壁の守りを打破していく展開は燃えるものがあります。しかし、大がかりなバリア破壊は冒頭にあっという間に終わり、メインは「ヘルズゲート」なる門を開けるというミッションに移行。残り話数は潤沢とは言えないまでも存在する割に、性急な感も否めず...といった感想を持ちました。

Space.40「開幕!地獄のデースボール」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 9人体制での開始となった「キュウレンジャー」に相応しい題材ということで、野球です。既に12人体制が板に付いているので、期を逸した感は否めないものの、いわゆる連続バラエティ編が繰り広げられているこの時期が最良のタイミングだったと言えるでしょう。

 正直、私個人は野球に関して疎いので、散りばめられた小ネタは分かりませんが、疎いということでスパーダには感情移入し易かったという面も。野球を苦手とするスパーダをメインに持ってくるあたり、スポーツの見方が多様化した現代ならではと言えるように思います。一昔前なら、全員が野球に長けていて当たり前ですからね。

Space.39「ペルセウス座の大冒険」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 三つのキュータマを巡るバラエティ編の2本目。

 前回もかなりコミカルな一本でしたが、今回は前回のユルさとはまた別種のコメディを「気合入れて作りました」と言わんばかりの高レベルで仕上げてくれました。大いに笑って、少しホロリとさせる友情物語に感動して、また笑って...といった具合に、ナンセンスコメディを押し出しつつ、喜劇の常套句を踏襲していく感覚が素晴らしいエピソードでした。

 今回のMVPは何と言ってもスティンガーでしょう。無論ストーリー的にもスティンガーがメインでしたが、「怪演」と呼ぶに相応しい立ち回りで、観衆の目を、耳を、かっさらって行きました。

 勿論、うじきつよしさんの待望の出演も見逃せないポイントです。

Space.38「おっタマげ!危機9連発!」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 ここに来てコメディ色全開のバラエティ編に突入! やはり「キュウレンジャー」は、シリアスムードよりもコミカルなエピソードの方が光って見えるのは私だけでしょうか。

 舞台はケフェウス座系とペルセウス座系へ。今回はケフェウス座系がメインステージとなり、ラッキーが向かったペルセウス座系は次回のメイン。従って、ラッキーが物語の裏側で動いているという、珍しい回にもなりました。

 「少林寺三十六房」を元ネタにした「九林寺九房」を舞台に、ツルギ率いる個性派チームが挑みます。メインで活躍しまくるのはツルギですが、拗ねたショウ・ロンポーの立ち振る舞いが真のメイン。とにかく随所でクスッと笑わせてくれました。

Space.37「ラッキー、父との再会」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 ラッキーの生まれ故郷、シシ座系惑星カイエンへの旅。王である父がジャークマターの手先となって民衆を苦しめている...という情報の真偽を確かめるため、ラッキーは仲間と共に父との思い出の地へと向かいます。

 かなり期待値が大きかったので、正直肩透かしを喰らった感が否めないのですが、ラッキーのポリシーを再確認するという点では、一貫したテーマ性の元に構築された物語となっていました。魅力的な駒が揃っていたので、「浪費」が惜しい。実に勿体ないですね。

Space.36「ラッキーの故郷に眠る伝説」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 ラッキーの出自に迫る一編。同時に、新ガジェット登場編としての側面もありました。

 向かうはラッキーの育った地であるコジシ座系惑星ルース。シシレッドである彼がシシ座系出身であることは、事前に誰もが分かっていましたが、コジシ座系に身を置いていたことは今回初開示(ですよね?)。終盤に向けて様々な要素を回収していく過程で、やや性急な設定付加が行われるのは珍しいことではないですが、「キュウレンジャー」はそのキャラクターの多さにより、そういった傾向が強くなってしまっている感はありますね。やはり、もう少し前にラッキーの出自に関する謎について盛り上げておいた方が...と思ってしまう回ではありました。

Space.35「宇宙No.1アイドルの秘密」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 予告が流れた時点では、戦隊恒例のアイドルパロディ回かと思いきや、実はちょっとパロディ織り交ぜつつの正統な潜入モノだったという、驚きの一編。しかも、内容は結構なシリアスムードと来ていて、最終クール前の息抜き編と油断していたらケガをするような切れ味でした。

 シリアスムードとは言え、ハミィ編としての充実度は非常に高いレベルで成立していて、衣装のバリエーションの多さ、セリフの量、過去に触れた回想シーン等、彼女のキャラクター性を存分にアピールする絶好の機会となりました。ハミィがメインとなるエピソードはこれまでも存在しましたが、その総決算(恐らく、最終クールには明確な単独メイン回がないと思われるので...)と呼ぶに相応しいものとなったのではないでしょうか。

Space.34「謎の覆面戦士、現る」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 帰ってきたチャンプ!

 これで遂にフルメンバーが再び揃ったことになり、いよいよジャークマター本拠に乗り込む準備ができたことになります。

 今回は、チャンプが過去に残って見聞きしてきたことが中心となって話が進むわけですが、正直なところ説明不足な感は否めないところで、並び立つ二人のチャンプ(?)のビジュアルの面白さや、ボケとツッコミの切れ味が目立っていて、肝心なチャンプの苦悩にはあまりスポットが当たらない印象になり、やや惜しいところでした。

Space.33「発進!バトルオリオンシップ!」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 前回既にバッチリネタバレしていたにも関わらず、その誕生プロセスがかなりのインパクトを伴っていた、新たな宇宙戦艦登場編!

 オリオン号のユニークな、オーソドックスな宇宙船からは離れたデザインから一転して、空母のような分かり易いデザインとなったバトルオリオンシップ。正に宇宙船から宇宙戦艦へのバトンタッチとなり、キュウレンジャーの戦う体勢もより強化されたわけです。

 一方、意外にコミカルなシーンが多く、悲壮感といったものは払拭されており、明朗快活な探索譚に仕上がっています。これは、古き佳き子供向けSFの雰囲気を踏襲した作りで、実に良いですね。

Space.32「オリオン号よ、永遠に!」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 重要なサブキャラクターがドラマティックに退場するエピソードは数あれど、宇宙船が「退場」するという意表を突いた展開が見事な一編。

 基本的に物言わず、意志もほとんど感じられないオリオン号ですが、その退場は実にドラマティックに演出され、オリオン号がキャラクターとして扱われていることを物語っていました。オリオン号を「おじさま」と呼んでいたラプターがストーリーのメインに据えられており、その健気さが心を打ちます。

Space.31「ナーガ奪還大作戦!」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 怪盗BN団、再結成...。

 ナーガとバランスの「再会」を粛々と描きながらも、あらゆるSF要素をぶち込んで派手な画面作りに終始した、感動巨編とも言うべきエピソード。勿論、ツッコミどころも満載でしたが、むしろそのツッコミどころが全体の重さを緩和しているようでもあり、構成の巧さには思わず舌を巻きます。

 しかもラッキーに続いて、ナーガも新しい力を手に入れるのが見事。ヘビツカイメタルを単なる「悪モード」に終わらせず、ナーガのパワーアップ形態として使うグリーディな姿勢が実に良いです。

Space.30「ヨッシャ!奇跡のキュータマ」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 過去編完結!?

 様々なミラクルが立て続けに起こり、シシレッドオリオンが誕生、そして遂にドン・アルマゲを倒すに至るプロセスは、さながら最終回の様相。というより、今シーズンの最終回ノリは何回目だろうかという(笑)。しかし、すべてが万事OKで終わるわけではなく、かなりの痛みを残して現代へと帰還するところにヒロイズムが感じられました。

 そして、現代では...。

Space.29「オリオン座、最強の戦士」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 ナーガの件はとりあえずペンディングとしておいて、驚天動地の過去編が進行します。

 アバンタイトルで、前回ラッキーが単独で過去に到着したくだりを補完をしているところが巧く、これから何が始まるのかと期待を大いに煽っていました。そして、ラッキーの前に現れるオライオンの、敵か味方か分からない雰囲気がぐいっと視聴者を引き込んだ上で、過去に一体何があったのかを一気に見せていきます。ほぼ全編がバトルと言っても過言ではない構成で、正に目を離す隙がありませんでした。