タグ「スーパー戦隊シリーズ」が付けられているもの

終着駅「輝いているもの」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 終着駅。

 一年間にわたる長い旅路が終わりました。

 その軌道は直線ではなく、所々曲がりくねってはいましたが、ちゃんと環状線的なまとまりを見せて終わりましたね。

 最後の最後に、溜めさせていた涙を搾り取る構成は見事の一言。終わりよければ全てよしという常套句が霞む程、情感に溢れたクライマックスとなりました。

第46駅「最後の行き先」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 この日曜日〜火曜日まで忙しくて更新出来ませんでしたm(_ _)m

 今回を含め、遂に残すところ後二回。諸事情により、先週は特別編成による放送休止となった為、年間スケジュールが一週ずれる事になりました。

 最終話に向けて、一気呵成に突き進む...といった趣よりも、むしろ追い詰められていくライトの絶望感が強調されるという、シリーズでも稀に見るhopelessな展開。勿論、ミオを中心とした「子役組」が、トッキュウジャーとしての記憶を取り戻していく...という希望的視点もあって、終盤は盛り上がります。しかしながら、ゼットの強大な闇に飲み込まれるという終わり方をする為、やはり重い。

 最終話は、どうしても予定調和を迎えざるを得ない構造上、最も面白いのは最終話の一話前になるわけですが、ここまで絶望感を強調されると、単純に「面白い」という感想を添え難い(笑)。

第45駅「君が去ったホーム」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 最終4部作の第二弾。前回がググッと状況を変えてクライマックスへと招待するダイナミックな内容だったのに対し、今回は叙情性に訴える内容に。

 様々な面でキャスト陣の集大成となっていて、特に芝居の面で大変見所のある内容になっています。

第44駅「昴ヶ浜へ」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 いよいよクライマックス。今回を入れて残り後4週。前回がややバラエティ編寄りでしたから、今回より「最終4部作」という事になるかと思います。

 幕開けに相応しく、サブタイトルもセンセーショナル。シャドーラインの本拠が昴ヶ浜だったという衝撃は、既に昨年中に提供されていた為、今回は「舞台に関する種明かしのインパクト」よりもキャラクターの動き方で衝撃度を高めていく構造を採用しています。さらに、飛び込んだ処がたまたま昴ヶ浜だったクリスマス編とは異なり、今回は自ら昴ヶ浜であるキャッスルターミナルへと飛び込んでいくという、最終決戦の常套句を応用した展開が見られ、そのスリリングな雰囲気に圧倒される事となりました。

第43駅「開かない扉」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 本年も何卒よろしくお願い致します。

 というわけで、新年一発目のお話は、年末編に続いてあまり新年っぽくないエピソード。ただし、「新春編」に相応しい1月4日は放映休止だったので、やや遅れた今回をいかにもな新春編にしなかったのは正解でした。

 内容としては、敵の珍妙な作戦に翻弄されるという、一話完結編のお手本のような作りなのですが、意外にもヒカリとカグラの家族について丁寧な描写が盛り込まれたり、ライトとゼットの関係に踏み込んでみたりと、後の展開に対する段取りが巧みに行われており、充実度は非常に高いです。

第42駅「君に届く言葉」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 クリスマス編で一旦のクライマックスを展開したので、今回は順当に総集編的な色合いを持つ年末総括編となりました。

 総集編のような趣向では、過去の映像をバックにメンバーが喋り倒すというパターンが多く、それはそれで番外編っぽさも出て来て面白いのですが、今回はクリスマス編で昴ヶ浜の状況が判明した事もあり、その感情を引き摺ってやや暗めのトーンに。年末でここまでトーンを落としていいものかとビックリしましたが、終盤は半ば無理矢理盛り上げるバラエティ編と化し、ある意味「トッキュウジャー」の特徴を浮き彫りにしてしまったようでもあります。

第41駅「クリスマス大決戦」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 文字通り、クリスマス三部作のクライマックスとなるエピソード。

 前回が危機的状況を煽る「転」を全面的に担っていたのに対し、やはり今回は「結」。しかしながら、雰囲気的には前回の「鬱展開」を大いに引き摺っていて、最後の取って付けたような巨大戦にのみカタルシスがある感じになっています。

 とは言え、グリッタとゼットを巡る様々な思惑が収斂していく様には、別種の快感が感じられました。年末編は、最終話かと思うような盛り上がりを見せて、年明けから失速してしまうパターンも散見されますが、今回はシリーズ構成としても妥当な盛り上がりを持ってきたと思います。

第40駅「誰があいつで あいつが誰で」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 クリスマス編の第二弾。色々と仕掛けを盛り込んで盛り上げてきました。

 中編ということもあってか、基本的に所謂「鬱展開」になってはいますが、それぞれに気合いを込めた芝居がぶつかり合うドラマの部分が、非常に充実しているのは、その鬱展開ならではといった処でしょう。「こう来たか」と思わせる部分もいくつか織り交ぜられていて、ギミック寄りの視点でも充実していると思います。

第39駅「終わりの始まり」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 年末という事で、シリーズとしても色々な意味で盛り上がりを演出していく時期となりました。今回は、その前哨戦といった趣。

 今回は、明がシュバルツとの約束を果たすべく、レインボーラインから離脱するというトピックをメインとしています。クリスマス時期特有の「闇減り」と呼ばれる現象を設定する事で、シュバルツの「好機」を印象付け、更にはシャドーラインの静かな内部抗争を盛り上げています。

 グリッタの新規となるセリフがあり、いよいよ日髙さんの本格的再登板も近いと思わせてくれます。まだどうなるか分かりませんけど。

第38駅「映画つくろう」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 前回の意外性を孕んだ展開とは打って変わって、完全なるギャグ編。一応、カグラがメイン? しかし、ヒカリも目立っています。

 やはり撮影所を舞台とするお話は、非日常の異空間という雰囲気なのか、ギャグとは相性が良いようで。ただし、今回は結構スベってますが(笑)。

 なお、スパイス程度ではありますが、ミステリー調の展開も含まれていました。

第37駅「理不尽クイズ」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 サブタイトルから受ける印象や、脚本担当である大和屋さんの名前から、壮絶ギャグ編なのだろうと思いきや、意外にもこれからのストーリーの根幹を一部担うであろう要素を披露する事となった一編。

 トカッチ編は全体的に名編が多く、今回もそれに該当する仕上がり。当初レギュラーの中では最も個性的なキャラクターであるトカッチと、追加戦士である明を絡ませる事で、妙に大人っぽい雰囲気を放つ結果ともなりました。今回ばかりは「子供」というテーマを外して見られるドラマでしたね。

第36駅「夢は100点」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 「昴ヶ浜の記憶」に斬り込む、しっとりとした感触を持つ名編。ヒカリが頭脳戦やアクション重視ではない、叙情的なシチュエーションに挑んだ回でもあります。

 ゲストはアイドリング!!!の外岡えりかさんで、妙にリアルな大学生を的確に表現していました。普段、大人と少年の間を揺れ動いているような雰囲気を持つヒカリが、彼女とのシーンで、グッと小学生の感覚に近付いていく辺りの演出と演技は、今回の見所となります。

第35駅「奪われたターミナル」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 最終形態(?)の全部合体・トッキュウレインボー登場編。

 とはいえ、「トッキュウジャー」の特徴なのか、新形態の登場自体にはあまり盛り上がりのポイントを置いておらず、むしろ明とシュバルツの間に何があったのかを引っ張る事で、今後の展開への興味を引くという方面が強調されていました。

 また、シャドーライン側は幹部総攻撃という体裁をとっているものの、こちらも何故かあまり盛り上がらず。数回前のシュバルツを交えた大乱戦があまりにも高い完成度を示していたので、普通の総攻撃では普通に見えてしまうという贅沢な感覚...。何となく3クール序盤に盛り上げ過ぎてしまったのではないかと思います。

第34駅「恋は大騒ぎ」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 愛すべき不器用娘・ミオと超不器用男・明、そして面倒臭い不器用男・トカッチの模様を描く一大コメディ。

 とにかくミオの魅力にどっぷり浸れる名編だと(個人的に)断言出来ます。

 また、周辺の人物も活き活きと描かれているのが、コメディとして合格点以上ですね。「トッキュウジャー」のコメディ編は、空回りしていたり演者が無理をしているように見えたりと、なかなか乗り切れない感も否めなかった(中には傑作もあった)のですが、ようやく板に付いて来た感じがしますね~。

第33駅「カラテ大一番」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 重要回直後のバラエティ編の趣ですが、何者であるかを悟った後のライト達を存分に堪能出来るエピソードとして、意外な重要回でもありました。

 今回のメインは、ライトとヒカリのアクションという事になりますが、メインにフィーチュアされただけあって素晴らしい出来映え! 当初より折に触れて描かれて来た、ライトとヒカリの戦闘力の高さを裏付けるという意味でも大成功のアクション編だったと思います。

第32駅「決意」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 真に「トッキュウジャー」のターニングポイントとなるエピソード。

 5人の正体、というか子供の頃のわずかな記憶しか持ち合わせていないという謎に関しては、彼等が強制的に大人化されたというエクスキューズで説明され、大方の予想通り5人の本質が子供であると判明しました。

 ついでに本名まで判明するという事で、概ね「記憶を取り戻す」という物語については完結したものと推定されます。

 今回は、本質的な子供の部分と、後から生じた大人への変化のギャップがテーマとなっていて、非常に観念的なテーマ故に表現が難解になる可能性もありましたが、様々なイメージカットを挿入する事で文字通りイマジネーション豊かに表現されていました。

第31駅「ハイパーレッシャターミナル」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 レインボーライン最重要駅に停車しながら、メインはシャドーライン側という驚異の回。

 あまりにシャドーライン関連の描写(特にアクション)が素晴らしい上に、烈車の洗浄もこの回の内に終了してしまうので、どういう事かと思っていたら、次回までこの状況を引っ張るんですね。最後の最後で「解散」を持ち出す引きの良さも光ります。

第30駅「誕生日のお祝いは」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 これまでの「トッキュウジャー」の中では屈指のコメディ。

 ここで言うコメディとは、単なるナンセンスギャグ編等とは違い、色々と笑わせつつもホロリと泣かせる喜劇で、今回はそれが素晴らしいバランスで成立していたと思います。

 ウィッグシャドーの仕掛けはナンセンスギャグ寄りですが、エピローグにまで影響するオチもしっかりしていたし、またまた明をダシに使って笑わせる辺りも秀逸な作劇でした。

第29駅「対向車との合流点」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 シュバルツの策略と、それにまんまと騙されるライトのお話(笑)。

 導入部の雰囲気は非常に硬質で、「裏切り者」だの「停戦協定」だの「ネロの腹心」だの、格好良いタームが山程出てくるのですが、いざストーリーが進行していくと、実はそうでもないという...。文芸的にも不徹底な部分が割と目について、あまり入り込めない感じでした。

第28駅「カッコ悪いがカッコ良い」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 トカッチとヒカリという、珍しいコンビを軸に展開するお話。

 トピック的には、ダイカイテンキャノンのフル機能のお披露目がメインであって、他の要素としては特に目新しいものが見当たらないものの、こういう時期こそ傑作を作るに相応しいといった処でしょうか。スタティックなストーリー運びにギャグ性の高い演出を盛り込んで、楽しくも暖かいエピソードを完成させていました。