第19話「レックガーの暴走」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

レックガーの暴走

 新キャラ、レックガー登場。

 レックガーといえば、G1の「2010」に登場したジャンキオン部隊のリーダー。日本人と中国人を混同した、アメリカ発の極東キャラの極北とも言うべきキャラクターですが、「ザ・ムービー」ではウルトラマグナスを蘇生させたりと、割と要所要所でキーとなる活躍をしていました。

 「アニメイテッド」では、(原語版がどうかは分かりませんが)東洋的な匂いがかなり薄れていて、オールスパークの作用で誕生した他のロボット生命体と同様に、やや単純で知性に乏しい感じのキャラクターになっています。G1のレックガーが、妙な言葉遣いの裏に卓越した(ちょっと怪しげな)知性を匂わせているのとは、対極です。

 レックガーの声は岩田光央さんが担当。「ビースト」のシルバーボルト役で、かなりぶっ飛んだ演技を披露してくれていた岩田さんですが、今回もキャラクターに相応しい賑やかな仕事を聞かせてくれます。約20分にわたってほぼ喋りっぱなしであり、あのトーンで喋り続けるパワーが凄いです。

 今回のストーリーは、オールスパークの力で、たまたまゴミ処理場から誕生したレックガーが、出会う人々の言葉の影響を受けて、自由気ままに行動することによって起こる騒動。そこに、パウエルの狡猾な戦略とオールスパークの欠片を奪取したいメガトロンの思惑が絡み、危険な事態を招いていきます。

 主役キャラクターは、レックガーは別格として、ラチェットとバンブルビーという組み合わせ。気がつけば、他のオートボット達は冒頭にちょっと登場したのみで、後は一切登場しない徹底ぶり。トランスフォーマーシリーズは、日本側主導のものを除いて、必ずしもリーダーキャラが主役ではないというポリシーが、ちゃんと貫かれているようです。G1では、オプティマス自体全く登場しない回や、ほぼディセプティコンのみで進む話もありましたからね。

 では、細かい処は続きの方で。小ネタも多かったので、キャプ画も少し多めになりました。

第18話「爆鎮完了!」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

爆鎮完了!

 スタースクリーム大活躍編ということで宜しいか。いや、やっぱりオプティマス大活躍編か。

 それにしても、話の密度が凄すぎて細かい処をまとめきれませんわ。上っ面だけなぞる形になりそうなので、先にお詫び申し上げておきます。

 骨子としては、オールスパークの欠片によって、スパークを失ったまま復活したスタースクリームが騒動を起こすというもので、地球にディセプティコンが潜伏している事を危惧するオプティマスと、それを信じないセンチネルの対立も絡めて描かれます。

 オプティマスとセンチネルは、前回仲直りした様子でしたが、センチネルの性格の問題なのか、二人の間にある確執は余程深いものなのか、今一つ噛み合わず。オプティマスは自らの経験に最大の自身を持っているのに対し、センチネルはエリートガードという地位にこだわりを見せており、オプティマスにエリートガード返り咲きの道をちらつかせるのです。

 センチネルはエリートガードの肩書きを持つくらいですから、結構な実力者の筈なのですが、かなりフーリッシュに描かれており、少々気の毒。まぁオプティマスの比較対象者としてのポジションを与えられているので、致し方ないんですけどね。ジャズにしても、ウルトラマグナスが戦闘不能になった時点で半ばパニックになってしまうという面を見せていて、エリートガード、ひいては「エリート」の脆さの部分を露呈させています。「現場」の経験値の高さを描くという手法は、世界共通のエスプリなんですねぇ。

 今回はスパークのないスタースクリームが動きまわりますけど、これってG1のスタースクリームとは逆パターンなんですよね。G1では、スタースクリームは死後、実体のない不死身の変異スパークだけが暗躍する状態になっており(不死身のスパークという設定は「ビースト」での後付け)、いわば魂だけの存在。今回は逆に肉体だけの存在です。

 オールスパークには機械に生命を与える力があるので、スパークを失った(=死んだ)スタースクリームという機械構造にオールスパークの欠片が接触することで、スタースクリームという機械構造が生命を宿した状態になったと解釈出来るでしょう。つまり、スパークがなくてサイバトロニアンとしては死んだ状態でありながら、額にあるオールスパークの欠片の作用でロボット生命体になっている。メガトロンを単純思考で執拗に攻撃しまくるのは、オールスパークが破壊衝動第一のロボット生命体を生み出すからだと推測出来ます。

 いやぁ、キャラクターとしては全く新味がないのに、これだけ面白い話を作れるんですから、凄いですよね。

 では、あんまり詳しくないですけど、本編の方を。

第17話「ヘッドマスター、ふたたび!」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ヘッドマスター、ふたたび!

 一言で言うと、マスターソンのおかげでオプティマスとセンチネルが仲直りするお話。

 マスターソンはメルトダウン等と同じく再登場のゲストキャラですが、本シリーズはこういった再登場ゲストを使うのが実に巧い。

 まず、マスターソンの再登場に関するお膳立てが巧い。一応、犯罪者として拘留あるいは服役中だった筈のマスターソン。彼を釈放させたのは、サムダック社を乗っ取ったパウエルであり、パウエルは自らが掲げる「戦争の道具としてのロボットで商売する」というポリシーの為に、マスターソンに目をつけたわけです。実に合理的で、そこに心配やシンパシィといったメンタル面は欠片もありません。パウエルはマスターソンの技術を欲しているし、マスターソンは潤沢な資金と豪勢な設備で研究出来るようになるという、互いの利害が一致したからこその、釈放でした。

 次に、事実上ディセプティコンが動けない状態にあって、このマスターソンを引っ張り出してくる処が巧い。マスターソンなら、ヘッドマスターとしてボディを乗っ取るという能力によって、ロボット同士のバトルを展開出来ます。トランスフォーマーの魅力は、ロボットキャラが人間のように動きまわり、喋りまくる処にありますが、同様に人間のようにバトルをする処にもあります。今回は、正に遠慮なしの殴り合いが展開されます。

 そして、マスターソンの最大の功績は、オプティマスとセンチネルを殴り合いさせて、仲直りまで持っていった処です。劇中、ボディを奪われてあたふたするセンチネルを見遣り、ニヤニヤするオプティマスが頻繁に描かれます。これはつまり、オプティマスにとってはセンチネルに対して優位に立てる絶好の機会であり、ヘッドマスターに乗っ取られたのをいいことに、そのボディを遠慮無く叩きのめしたり、腕を引きちぎったりとやりたい放題。いわば、オプティマスの鬱憤を晴らす機会でもあったわけです。

 まぁ、最後にウルトラマグナスに虚偽(?)の報告をすることで、センチネルの面目を保ってやるあたりは、オプティマスの良い所が出ており、逆にセンチネルは痛めつけられた事をそれで相殺(決して、弱みを握られているというネガティヴな感情ではない)するという、「やっぱりイイヤツ」な面を見せ、めでたしめでたしとなるのでした。

 では、詳しい事は続きにて。

第16話「エリートガード」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

エリートガード

 オートボット側のキャラクター増量!

 まぁ、ウルトラマグナスやセンチネルはシリーズ開始当初から登場しているので、完全新キャラはジャズのみということになりますが。

 とはいえ一応、ウルトラマグナスもセンチネルも地球飛来によって本格登場開始。G1ではこんな感じで「上官」がやって来るという展開がない(というより、G1ではオプティマス自体が最高司令官なので不可能)ので、トランスフォーマーシリーズにおいては新鮮なのです。勿論、日本版G1やビースト等々を含めると珍しいことではないかも知れませんが、オプティマスに該当する人物が、ここまで上官に礼を尽くす様子を描くのは、やっぱり珍しいでしょう。

 今回は、前々回、前回のメガトロン復活編の後日譚的なエピソードでもあります。

 G1の初代アニメでは、後日譚が丸々1エピソードになっている話も散見され、それはそれでちゃんと成立していたりするので、構成力を伴なう強引さは現在の目で見ても高レベルなのですが、さすがに近年のアニメでそれをやるには色々と困難な面がありそう。そこで、今回は新部隊の飛来というイベント性を伴ったエピソードに仕上げられているわけです。

 イベント話に後日譚を織りまぜたという方が適切と思う向きもあるかも知れませんが、今回はエリートガードがやって来た割には、起こった出来事がいちいちユルいので、やっぱり後日譚の方がメインでしょう。

 それにしても、エリートガードのキャラ分けが絶妙!

 ウルトラマグナスは、G1では万年ナンバー2が特徴だったキャラクター。初代オプティマスの死に伴い、リーダーの証である「マトリクス」を託されても、肝心な時にマトリクスの力を開放できず、バラバラにされてしまったり、新司令官ロディマス・プライムを支える立場になってからは、苦悩しつつも割と楽観的な新司令官に振り回されたり。愛すべきナンバー2として旧来のファンの人気を集めています。

 「アニメイテッド」では、何とそのウルトラマグナスが「総司令官」に!

 この事にどれだけ意外性があるかは、世代人じゃないと分からないものがありますけど、とにかく驚きなんです。

 センチネルの「イヤなヤツ」振りも素晴らしい。オプティマスを常に「エリートガードの落ちこぼれ」呼ばわりするあたりからは、オプティマスがエリートガード出身であることを伺わせます。イヤなヤツだけど憎めないヤツというキャラクター作りはちゃんと守られていて、コミカルなシーンを担っていたり、巧く立ち回らせています。

 実写映画版では非業の死を遂げたジャズは、よりG1の同名キャラ(日本版はマイスター)に近い形で復活。

 トリヴィアルな話を振っておくと、G1の日本版での彼は「副官」の肩書きを持っていますが、実際は単なる「特殊工作員」。なので、G1の旧アニメを見ていると、結構副官と呼ばれるには違和感のある人物なのです。原語版の設定どおり「陽気なあんちゃん」として見ると、とても納得。実写映画版にもこの設定は継承されています。「アニメイテッド」版ジャズも、原語版の系譜に属します。

 なお、G1のジャズに関しては、私の勝手な想像ですが、トランスフォーマーの先祖にあたる「ダイアクロン」で、ジャズの元になった「ポルシェ935ターボ・モデル」がメイン商品扱いで人気が高かった為、日本版で副官扱いにしたのではないでしょうか。

 すみません。何か本編と関係ない話に終始してしまいました。

 詳しくは、続きにて。

第15話「メガトロンの復活 パート2」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

メガトロンの復活 パート2

 怒涛の後編。前編がメガトロン復活に至る経緯を粛々と、しかしテンション高く描写していたのに対し、後編はメガトロン率いるディセプティコンから、オールスパークをいかに守るかというオートボット達の奮闘を、これまたテンション高めで描きます。

 結局、最もテンションが高いのはメガトロン役の若本さん(笑)。ノリにノッているというか、若本さんの勢いはチョーさんや柚ちゃんのアドリブを押さえつけているかのようでした。

 話の内容自体は、妙に日本的。アメリカらしく、オートボットが知力を搾り出してディセプティコンの猛攻に対抗する姿も見られますが、基本的に「最高のチーム」というスローガンで仲間を鼓舞して、メンタルな面を強調します。

 ただし、勝てない戦を「ウォォォォッ!」と気合で突破して奇跡が起きるなんていう、陳腐なシナリオではなく、あくまで理知的に、あくまで合理的に構成されているので、私としては非常に満足です。サリのキーが、土壇場になって巧妙に働いていくあたりは、トランスフォーマーシリーズにて散見される「神の力」の存在を感じさせます。

 それにしても、メガトロンが強い。

 G1におけるオプティマスとメガトロンのパワーは基本的に拮抗していて、それは「ビースト」に至っても変わりませんでした。

 「アニメイテッド」では、この両者のパワーのみならず、地位のバランスも変更されています。G1では互いに陣営のトップ、「ビースト」では陣営のトップではないものの、あくまで探査チームのリーダーと反乱分子のリーダーという設定(日本語版は微妙に改変されてますけど)。今回は、オプティマスが単なる1チームのリーダーなのに対し、メガトロンはディセプティコンの本当のリーダーであり、両者のパワーの差は歴然としています。

 しかしながら、偶然を味方につけたにしろ、そのメガトロンを何とか撃退するオプティマス達の奮闘は、パワー差が歴然だからこそエキサイティングだとも言えるでしょう。

 今回は見所が多すぎるので、キャプがやや偏っているかも。

第14話「メガトロンの復活 パート1」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

メガトロンの復活 パート1

 いよいよメガトロン様復活ということで、全編がメガトロン復活に至るプロセスで構成されています。

 って、当たり前のようですが、トランスフォーマー、特にアメリカ主導のシリーズは、随所にユルさに伴なう「遊び」があるので、今回のように徹底的にメガトロン復活へのプロセスを描いたような作品は、珍しい気がするのです。

 当然、良い面と悪い面があり、良い面としては全体の緊張感が凄まじいこと。旧ビースト組によるアドリブに切れ味はあるものの、それが全体の殺伐とした雰囲気に全く影響しないあたり、そのテンションの高さが分かるでしょう。

 逆に悪い面としては、毎回そこはかとなく漂っている「オートボットと人間が学ぶ教訓」といった面が、全くなくなってしまっている事。

 私なんかは、後者の「教訓」がこのシリーズにおける最大の美点の一つだと思っているクチなので、今回は盛り上がっているんだけど、イマイチ乗り切れないという気分もあります。このシリーズのトランスフォーマー(サイバトロニアン)達の人間臭さは、この「教訓」が繰り返し描かれるからこそ際立っているのであって、今回のようにメガトロンの復活ただ一点に突っ走っていく様子が、割と傍観的に描かれるのを見ると、トランスフォーマー達全員が狂言回しのように見えて来てしまうのです。

 ただし、これが前後編の前編だという事には、十分留意しておくべきでしょう。後編に「教訓」的な何かがあるとは思えませんが、今回はまだ「サゲ」が見えていない故に、見失っている物事も多いのですから。

 では、雰囲気に倣って、本編をちょっと機械的に見ていきたいと思います。

第13話「ヘッドマスターをくいとめろ!」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ヘッドマスターをくいとめろ!

 お~ま~え~と~作ろう~♪戦いのないみ~らい~♪

 というのは、「戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー ザ・ヘッドマスターズ」という長いタイトルのアニメの主題歌の歌い出しですが、これをまんま反対にしたキャラクターの登場が面白いですね。

 「アニメイテッド」って、作画部分は別として、構成・制作の主導はアメリカ側の筈ですけど、処々に日本制作版の影響があったりして、興味深いのです。まぁ、今回のマスターソンが、前述の主題歌へのアンチキャラクターを標榜しているわけではないでしょうけど、偶然とは思えない部分もあるんですよね。

 トランスフォーマーシリーズ自体が、もはやアメリカ版も日本版もアメコミ版も包括したユニバースとして展開されている事に留意しなければなりません。私は、「ザ・ヘッドマスターズ」以降の日本主導のシリーズが、コンボイの扱いの酷さもあってあんまり好きではないので、どうしてもアメリカ主導版バンザイトロンになってしまうのですが、「アニメイテッド」を見ていると、トランスフォーマーは多国籍で多角的な宇宙を形成しているという事を意識せざるを得なくなる。そんな感じを受けます。

 「アニメイテッド」は、これまでのどのメディアにおけるトランスフォーマーとも異なる時間軸ではありますけど、実はかなり最大公約数的なシリーズだったりするのではないでしょうか。

 さて、今回のストーリーですけど、サムダック社のマスターソンなる人物が、戦争用のロボットを密かに開発する過程で、他のロボットを乗っ取って自分の戦力にするというアイディアを思いつく処から始まります。

 サムダック社は戦争用のガジェットを一切開発しないというポリシーなので、マスターソンはクビになってしまうわけですが、マスターソンは自らの会社を起こすべく、ヘッドマスターを名乗ってアイアンハイドの身体を乗っ取り、そのデモンストレーションとばかりに暴れるというのが、大筋。

 そこに、アイアンハイドの破壊性と創造性を絡めて、事態の収束までを丁寧に描いています。

 なお、今回登場するヘッドマスターは、日本版のヘッドマスターではなく、アメリカ版3話構成のアニメシリーズである「ザ・リバース」が主なモチーフになっています。

 日本版のヘッドマスターは、頭部に変形する小型ロボット自身がトランスフォーマーの本体でしたが、リバース版のヘッドマスターは、パワードスーツが変形して頭部になる設定で、頭部に変形後は中にパイロットがいて、パートナーとなるトランスフォーマーと知性を連携させるという設定です。

 書いてて気付きましたが、今回のヘッドマスター、見た目は「ザ・リバース」ですが、身体自体に意思がないという部分は日本版の踏襲ですな。

 では、見所をチョイスしたので、続きをどうぞ。

第12話「対決!ダイノボット」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

対決!ダイノボット

 G1旧アニメにも、殆ど同じサブタイトルがありました。「対決!!ダイノボット PART I」、「対決!!ダイノボット PART II」という前後編。どうも、ダイノボット系の話はG1のサブタイトルを拝借する傾向があるみたいで、興味深いですね。

 今回、G1と同様にオートボットとダイノボット大激突編かというと、そうでもなく。むしろメルトダウンが主役といった感じになっていて、ダイノボットは痛みを恐れてメルトダウンに服従しているという、実に可愛らしい役どころなのです。

 アニメイテッドのダイノボットは、G1のそれと同様に知性に乏しいキャラクターとされていますが、G1がとにかく短絡的で乱暴な一団という性格で登場し、徐々に愛らしいキャラクターに変化したのに対し、アニメイテッドの場合は、どちらかというと幼児的な知能の持ち主として描写されている感じです。

 ふと気付いたのは、ダイノボット以外が喋らないという事が、意外と良い処理なのではないかということ。G1の場合は、全員が喋れるものの、結局グリムロックが殆どダイノボット軍団の意思の代表者になっていました。アニメイテッドでは、グリムロックしか喋れる者がいないので、はっきりとグリムロックが代表者たる事が出来る上、他のメンバーの可愛らしさも倍増。藤原さんが「お母様方」と呼びかけるのに納得してしまいます(笑)。

 今回は、ファンゾーン警部の見せ場が多く、キャプ画も多めになったので、ここで大まかな粗筋を照会するのではなく、続きにてストーリーを追ってみようと思います。

第11話「湖底の激戦」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

湖底の激戦

 主演・チョーさん、てな具合にチョーさん独壇場。ブリッツウィングって、トリプルチェンジャーという恵まれたキャラクターでありながら、G1では割と地味な役割に甘んじていましたが、さすがはアニメイテッド。それぞれのキャラクターを立たせるのは一流ですね。そこにチョーさんの怪演が入るんですから、もうこれは無敵と言って差し支えないでしょう。

 チョーさんのトランスフォーマーへの関わりは、最も有名なものでは「ビースト」シリーズのタランチュラス(日本名・タランス)。「ウヒャヒャグモ」という異名の通り、事ある毎に奇妙な笑い声をあげ、常に怪しげな雰囲気を醸し出す特異なキャラを見事に作り上げていました。アドリブの達者なメンバーの中でもアドリブ巧者であり、マニアックな話題からお子様向けのギャグまでカバー、時には静かな笑いをも提供。その持ち味は、「スーパーリンク」のアルファQに継承されましたが、スーパーリンクは日本制作だった為か、吹き替えのようにアドリブの自由度は高くなく、暴走気味の「ビースト」と比べるとやや物足りない感がありました。

 今回のブリッツウィングは、トリプルチェンジャーであることに引っ掛けてか、顔が三面に変化するという特徴があります。前述のアルファQのキャスティングもあって、チョーさんが起用されたのではないかとも推測可能です。アルファQも多面キャラでしたからね。

 「ビースト」以来、トランスフォーマーにおけるチョーさんの役割は別格とも言える扱いであり、例えば今回もアドリブ連発なのはもとより、何と予告、提供、「またみてね」を全てチョーさんの「ブリッツウィングの歌」が乗っ取るという快挙を成し遂げています。もう、凄過ぎますね。

 で、チョーさん讃歌(すみません、チョーさん大好きなもので)はこのくらいにして、今回のストーリーを。

 どこからともなく地球圏に飛来したブリッツウィングとラグナッツ。メガトロンに忠実なラグナッツはメガトロンの生存を確信し、ブリッツウィングを伴って探索を始めるわけですが、腹黒いブリッツウィングと愚直なラグナッツのコンビは、全く噛みあわないながらもオートボットを追い詰めていくのです。

 メガトロンは、忠実な部下であるラグナッツだけにオールスパークの入手を命じ、ブリッツウィングは事実上ディセプティコンのナンバー2であるが故に、ラグナッツの行動に同伴しつつ、オートボット殲滅に動いていきます。

 一方、オプティマスは、オールスパークを所持しているが故に地球が危険にさらされることを危惧し、早急に船を修理して地球を離れる決意をします。

 サリはそれに反発。友達を失うという結果が待っている事への寂しさから、キーによる船の修理という形での協力を固辞するわけです。ここに、説教臭いラチェットへの反発が入り交じり、サリの気持ちが掻き乱されていく様子を描いていきます。

 心情描写とアクションが絶妙なバランスで成立していて、今回も充実度はすこぶる高いのですが、チョーさんの怪演が楽しすぎるので、その辺りを見失わないようにしなければなりません(笑)。

 では、今回も見所をチェック。

第10話「クモ女の影」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

クモ女の影

 出ました!ブラックアラクニア。

 「ビーストウォーズ(日本語版)」では「ブラックウィドーちゃん」と自称してましたが、アニメイテッドでは、原語版を踏襲してブラックアラクニアとされています。

 そのデザインは、ビーストウォーズ+ビーストウォーズ・メタルス+ビーストウォーズ・リターンズ。とっても巧い具合に融合していて、感心しました。具体的には、スタイリングが無印、カラーリングがメタルス、4つ目等のディテールにリターンズの影響が感じられます。

 そして、その出自が凄い。

 何と、G1ではオプティマスの恋人だったエリータ1(G1では「エリータワン」)がその正体。センチネルと緩い三角関係にあったことまで示されて、充実度が非常に高いストーリーとなっています。

 「ビースト」シリーズで示されている半有機体のロボットというコンセプトは、このブラックアラクニアにも反映されていますが、あくまでこの時代のサイバトロニアンは無機物であり、スパークが無機物に生命をもたらしていることになっています。というわけで、ブラックアラクニアの半有機体構造は、「命の星」と呼ばれる場所で、巨大なクモ型生物に毒を注入されたことによる変化という設定になっています。この処理も巧妙であり、G1を継承する世界観に、ビースト系の世界観を違和感なく導入することに成功しています(ビースト系も元々G1とは地続きなんですけど、要はマクシマルやプレダコンといった概念がないということ)。

 さて、ストーリーは現在と過去が錯綜する物語になっていて、クモというキーワードがオプティマスのフラッシュバックを喚起するという構成で、テンポ良く2つの時代を見せています。

 現代編は、サリのキーが自らの有機体(「生き物の部分」という分り易い表現)を除去出来るガジェットであると認識したブラックアラクニアが、ハロウィンに浮かれているサリを狙うというもの。

 一方過去編は、前述の命の星で、オプティマス、センチネル、エリータ1の三人に振りかかる危機を描きます。

 それぞれがリンクし、オプティマスとブラックアラクニアの邂逅が二人の過去への心情を痛烈にえぐるという、何とも暗い話なのですが、バンブルビーとアイアンハイドのコンビが明るく振舞う為、それ程暗さを感じさせないのがいいですね。

 サブタイトルは、「ビーストウォーズ」の「クモ女のキック」を思わせて感慨深いものがあります。劇中、しっかりキックを披露してますしね。

 では、この前置きで一切触れていないゆずちゃんの事も含めて、後半出発。