ROBOT魂のコンスタントなリリースや、模型紙による作例の特集・別冊化といった動きの中、ダンバイン・ムーブメントとも言うべき現象が起きています(少なくとも私の中では・笑)。

 にわかに商品化の機会が巡ってきたダンバイン!

 旧キットを順番に製作している身としては、嬉しい限りです。



 そしてここに来て、ようやく本命とも言うべきプラモデルが大挙再販されるという事態が!

 旧キットを地道に探し集めた数ヶ月後に再販とは数奇ですけど、素直に喜ばしい事だと思います。ただし、今回は入手困難な雰囲気ですが…。

 私はと言うと、持っていない1/48も含めて、旧キットを全部買い足したい処(ラインナップの一部は再販から漏れています)でしたが、そこはグッと我慢してHGABだけ買っておく事にしました。それでも充分財布が軽くなりましたけれども。

 というわけで、一応オーラバトラーとしては、カラバリ等は除いて劇中の全てを作る事が出来るようになったわけです。

ダンバインのプラモデル

 ダンバイン、ビルバイン、レプラカーンのHGABは旧キットとダブる事になりますが、ダンバインは改良型オーラコンバーターを装備したマーベル用、ビルバインはロービジ塗装に際して各部が改修されたバージョン、レプラカーンはハイパー化直前…という「オレ解釈」で作る予定。

 今回はズワァースが旧キット、HGAB共々再販見送りになっていて残念。もしかしたら第二弾があるかも…と期待しています。入手したら、どちらかをミュージィ用として作らなければ。

 それから、嬉しい事に高騰しまくっていたサントラが、「総音楽集」としてリリース!

ダンバイン総音楽集

 ダンバインのサントラに関しては、決定版と呼べるものがコンパクトに手元に置けるというわけで、これはプラモ製作が捗るというものです。

 ライナーノーツは各曲解説が省かれていたりとかなり軽めでしたけど、富野監督や坪能先生の最新インタビューが掲載されていて「幸せである」でした。富野監督の坪能作品に対する、辛辣なのか高評価なのかさっぱり分からない言い回しにも注目です(笑)。

 プラモデルはやっぱり定期的に再販して欲しいですよね。旧キットなんて、カラバリを増やすのにもってこいですからね。

 



投稿者: SirMiles

【マー 🏃 SirMiles / Masafumi Fujimura / https://sirmiles.com / maruzoku】 Run、音楽、プラモ。趣味は広く浅く。生業はIT系。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return to Top ▲Return to Top ▲