快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #10「まだ終わってない」

 前回のラスト、衝撃のルパンコレクション消滅には、驚かされました。

 ここからどう体制を立て直すのか…が今回の肝となるわけですが、ブレッツ生存という悪く言えば「ぬるま湯」な解決を採用しつつも、ドラマは見事に重厚。

 そこには仇敵ザミーゴの本格登場が効いたわけですね。



“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #10「まだ終わってない」” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #9「もう一度会うために」

 新ガジェット登場編のフォーマットではありますが、近年は新ガジェットが数回に一度の頻度で登場することもあって、一工夫も二工夫も必要になっています。

 今回はその「工夫」がドラマ重視という方針に振り切られており、三つ巴構造が織りなす重層的なドラマに目を奪われっぱなしになりました。



“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #9「もう一度会うために」” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #8「快盗の正体」

 今回も素晴らしく面白かったですね。

 予測、プロファイリング、張り込み、囮捜査といった刑事モノのセオリーを押さえて硬質な筋運びをしつつ、全編にわたってギャグテイストが横溢するという、面白くならないわけがない組み合わせ、見事に開花していました。

 ルパン側も事前に捜査状況を察知し、あの手この手で疑いから逃れようとするのが素晴らしい。怪人もルパンコレクションもなくとも、これだけ面白い話が作れるよ! という気概が感じられますね。



“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #8「快盗の正体」” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #7「いつも助けられて」

 待望の初美花編。

 彼女らしく、いつもの調子でコミカルな巻き込まれデートを展開するのかと思いきや、幼少期から直近のトラウマまでを描き、咲也をしっかり利用するしたたかさを通じてそのキャラクター性を掘り下げ、かなりシリアス寄りの展開に。非常に見応えがありました。

 周囲の人物の出番を削ぎ落としつつ、ちゃんとそれぞれの思慮を描写しているところも素晴らしく、描写を疎かにしない姿勢には快感すら覚えます。

“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #7「いつも助けられて」” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #6「守るべきものは」

 パトレンジャー格好良すぎるだろ! と思わせる好編。快盗に負けた悔しさから暴走気味の圭一郎と、彼の良心を共有していたつかさ。蚊帳の外でオロオロする可愛い咲也。もう最高ですよね。

 次回に向けて初美花と咲也を軽く会わせておくという段取りもナイスでした。

“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #6「守るべきものは」” の続きを読む

バンダイ ビークルモデル 011 Xウイング・ファイター レジスタンス ブルー中隊仕様

バンダイ ビークルモデル 011 Xウイング・ファイター レジスタンス ブルー中隊仕様

 休日が多用でなかなかプラモ製作が進みません。

 「最後のジェダイ」のDVDやBlu-ray予約が開始され、またまた自分の中でスター・ウォーズ熱が盛り上がって来たのですが、このタイミングでこのXウイングを完成させられたのは嬉しい限りです。

 冒頭の激戦以外、あまり活躍の場がなかったブルー中隊ですが、基本的に前作とタイプは同じなので、活躍が見たければ「フォースの覚醒」を見れば良い…となんだかマーチャンダイジング的には失敗のような気もしますが。

 現に、「最後のジェダイ」仕様のプラモデルは前作のリデコばかりでリリース数も少なめ。ちょっと寂しいですね。

“バンダイ ビークルモデル 011 Xウイング・ファイター レジスタンス ブルー中隊仕様” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #5「狙われた国際警察」

 何でこうも毎回面白いんでしょうか。

 「○○を見たか?」シリーズを休止してしまいましたけど、こんなに面白いんだったら続ければ良かったかも(笑)。しかし、やはり現在の状況だとそれは厳しいので、こちらで軽く続けさせて頂きます。

 今回は遂に魁利と圭一郎の明確な直接対決が描かれ、これまで流れの中で何となく牽制し合っていた両者の雰囲気が、一気に変化しました。

 国際警察がルパンコレクションを扱っていることに関して、劇中で意外に早く言及され始めたのも驚きでしたね。やはり1クールごとを目安に、物語の区切を付けていく意図があるのかも知れませんが、果たして…?

“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #5「狙われた国際警察」” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #4「許されない関係」

 今回も抜群の面白さ。前回が一応のところ透真編だったのに対し、今回はつかさ編。

 既につかさの隠れた性癖(?)は何となく予想されていたとは言え、サブタイトルから受けるミステリアスな雰囲気は見事に裏切られ(笑)、コミカルなシーンを伴う良質な刑事モノとして成立していたのは素晴らしかったです。

“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #4「許されない関係」” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #3「絶対に取り戻す」

 初回のテンションを保ったまま突っ走ってくれますね~。何が素晴らしいって、両戦隊のポジショニングですよ。

 パトレンジャーは勧善懲悪のカリカチュアライズと、ステレオタイプなライバルチーム、そしてサイエンス系戦隊のハイブリッド。

 ルパンレンジャーはアウトロー風のポリシーを掲げるベビーフェイス、そこに親和性の高いファンタジー系戦隊の雰囲気をプラス。

 序盤で既にこれらの匙加減が存分に活かされる形になり、ストーリーテリングとギミックのバランスの良さに感嘆させられます。

“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #3「絶対に取り戻す」” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #2「国際警察、追跡せよ」

 今回も抜群の面白さ。基本的にパトレンジャーのターンでしたが、ルパン側の主張も多く盛り込まれていて、やはり全体的に情報過多な感もありました。しかし、ちゃんと整理されていて理解できる構成になっているのは凄いですね。

 日曜日にインフルエンザに罹患してしまい、今日ようやく書くことができます…。

“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #2「国際警察、追跡せよ」” の続きを読む

バンダイ 1/12 BB-8 & R2-D2 (R4-G9)

バンダイ 1/12 BB-8 & R2-D2 (R4-G9)

 積みプラ消化! ということで、「フォースの覚醒」当時に盛り上がって買ったBB-8とR2-D2のキットを、「最後のジェダイ」公開の約2ヶ月後に作って完成させました(笑)。

 BB-8は、最新三部作のマスコットキャラ的なアストロメク・ドロイドとして登場。無表情なアストロメク・ドロイドが多彩な動きでその感情を表す様は、R2-D2からの伝統芸ですが、BB-8はそこにさらなる「可愛らしさ」を付加して、よりアイドル的な人気を獲得させる意図が垣間見られます。そして、それは概ね成功していると言えるでしょう。

 「フォースの覚醒」では、その懸命な姿がユーモラスに描かれましたが、「最後のジェダイ」では、R2-D2と同様に有能なドロイドとしての地位を確立。その活躍振りには目を見張るものがありました。逆にR2-D2の影が薄くなってしまったのは寂しいところですが、それも戦略の内なのでしょう。

 当キットは、BB-8単独だとさすがにボリューム不足ということで、R2-D2とセットになっています。しかし、R2-D2は以前別のキットとしてリリースされていて、特に仕様変更もないため、ダブってしまいます。

 そこで今回、R2-D2はR4-G9として作ることにしました。R4-G9は「シスの復讐」の中盤以降でオビワンと行動を共にしていたアストロメク・ドロイド。スター・ファイターに頭部だけを出した状態で埋まっているため、全身像は劇中に出てきませんが、設定資料(?)自体は探せば見つかるので、何とか再現を試みました。

 「新たなる希望」で「わしはロボットなど持ったことはない」というオビワンの言を、見事に翻した有能なドロイド(笑)。マイナーなのか、立体物が少ないので、こうして完成すると嬉しさもひとしおです。

“バンダイ 1/12 BB-8 & R2-D2 (R4-G9)” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #1「世間を騒がす快盗さ」

 新シリーズ開始!

 やっぱり戦隊の第1話はパイロット版を兼ねているだけあって、詰め込み度と面白さが半端ない!

 正直、テンポが早すぎて頭の整理が追い付かないシーンも多々ありましたが、スタイリッシュ VS パワフルという言葉が相応しいような、両戦隊のコントラストが見事でしたね。

“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #1「世間を騒がす快盗さ」” の続きを読む

バンダイ ビークルモデル 010 Aウイング・スターファイター

バンダイ ビークルモデル 010 Aウイング・スターファイター

 Aウイング・スターファイターは、その平べったい特異な形状が他のスターファイター群と趣を異にし、コアな人気を得ているメカニックです。

 グレーを基調とする各種メカニック群の中にあって、明るいホワイトがベースカラーとなっているのもユニークで、何となく牧歌的な雰囲気を漂わせています。

 いわゆる本編映画の中では、登場作品が「ジェダイの帰還」のみということもあり、シリーズのアイコン的な存在であるXウイングあたりと比べると、かなりマイナーな部類に入るとは思います。ジェダイ・スターファイターと共に、ビークルモデルのラインナップの幅を拡げるための試金石なのかも知れませんね。スター・ウォーズにはまだまだ沢山のメカニックがあるので、是非拡充路線を突っ走って欲しいところではあります。

“バンダイ ビークルモデル 010 Aウイング・スターファイター” の続きを読む

バンダイ 1/12 キャプテン・ファズマ

バンダイ 1/12 キャプテン・ファズマ

 「フォースの覚醒」で、ストームトルーパーの指揮官として登場したキャプテン・ファズマ。そのメッキ処理された煌びやかなアーマーと、一際目立つ長身が非常に格好良く、果たしてどのような活躍を見せてくれるのかと期待を煽りました。女性のヒールキャラという点も、新世代のスター・ウォーズ到来を感じられる要素の一つでしたね。

 ところが、本編では登場シーンも少なく、ダストシュートに投げ落とされたと思しき末路(そうしようと相談するセリフがあったのみ)を辿るという、何やら不遇なキャラクターに…。

 勿論、そのままでは終わるはずもなく、「最後のジェダイ」にも登場。今度は剣戟を伴う一大バトルが繰り広げられ、さらにはマスクの一部が破損して美しい素顔の一部が見られるなど、前作よりは良い扱いになりました。しかしながら、やはり他のメインキャラクターと比べて印象は弱く、なんとか次作にも登場して挽回願いたいところです。

 このキット自体は「フォースの覚醒」公開時のもので、随分長く積んでしまいました。ファズマは「最後のジェダイ」版のキットも既にリリースされていて、そちらには新武器も付属しています。

“バンダイ 1/12 キャプテン・ファズマ” の続きを読む

バンダイ ビークルモデル 009 ジェダイ・スターファイター

バンダイ ビークルモデル 009 ジェダイ・スターファイター

 最後のジェダイも公開され、物議を醸すスター・ウォーズシリーズですが、その勢いでようやく次のビークルモデルに着手できた次第です。

 ビークルモデルの第9弾は、デルタ7型のスターファイターで、通称ジェダイ・スターファイターと呼ばれるものをキット化。それまで、エピソード4〜7のメカニックを中心に展開してきたビークルモデルですが、突如エピソード2からの商品化とあって、結構なインパクトでした。

 劇中では、オビ=ワン・ケノービが操縦して惑星カミーノを訪れ、ジャンゴ・フェットとバトルを繰り広げた後、壮絶な追跡劇を展開。くさび形のシャープな単座式戦闘機と、リング状のブースターが分離・合体するギミックは、プリクェル・トリロジーならではの魅力と言えます。

 コクピット周辺に関しては実物大のプロップも存在しており、赤いR4-P17の可愛らしさと相俟って強い印象を残しています。

“バンダイ ビークルモデル 009 ジェダイ・スターファイター” の続きを読む