騎士竜戦隊リュウソウジャー 第21話「光と闇の騎士竜」

 死者が蘇る…そんな一見不気味な題材をとりながらも、通常そこから想像されるであろう雰囲気が完全に払拭され、何となくホロっとさせる一編に仕上がっていました。

 数々の新たな謎も提示し、単なる「お盆」に因んだエピソードに留まらない、意外性に富んだお話でしたね。



“騎士竜戦隊リュウソウジャー 第21話「光と闇の騎士竜」” の続きを読む

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第20話「至高の芸術家」

 なかなか目立つ機会に恵まれなかったトワ、待望のメイン編。バンバとのペアによるフィーチュアでもなく、あくまで単独編とあって、トワのキャラクター性をしっかり掘り下げる一編となりました。



“騎士竜戦隊リュウソウジャー 第20話「至高の芸術家」” の続きを読む

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第19話「進撃のティラミーゴ」

 コメディ…いやコミカルな一編ではあるのですが、今シーズンらしくちょっと重めな感覚も織り交ぜ、メルトとティラミーゴの友情を掘り下げた、少しグッと来る名編に。

 前回は変身解除、今回は脱出不能といった具合に、意外と危機に陥りやすいリュウソウジャー。こういう時こそ、各々ができることをやり抜くという意志が表出し、それが解決に繋がる、戦隊のプリミティヴな醍醐味に繋がるんですよね。



“騎士竜戦隊リュウソウジャー 第19話「進撃のティラミーゴ」” の続きを読む

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第18話「大ピンチ!変身不能!」

 サブタイトルに偽りあり。変身自体は可能でもすぐに解けてしまうというのが正解。

 日本特撮界に数多存在する「変身不能エピソード」が湛える言い知れぬ危機感、今回はあまり感じられないのが逆に面白い特徴となっていました。

 しかもそれは「欠点」なんかではなく「リュウソウジャー」ならではの語り口だったんですよね。良い感じにドライブがかかってきたと思います。

“騎士竜戦隊リュウソウジャー 第18話「大ピンチ!変身不能!」” の続きを読む

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第17話「囚われの猛者」

 モサレックスとディメボルケーノの「再会」を描く、意外性に富んだ一編。

 もう一つの「再会」は、まさかのバンバに纏わるエピソードで、カナロとバンバという、最も対極にありそうな二人の距離を縮めることにもなりました。リュウソウ族の長命設定を活かしたプロットが、実に見事でしたね。

“騎士竜戦隊リュウソウジャー 第17話「囚われの猛者」” の続きを読む

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第16話「海に沈んだ希望」

 カナロ登場編は今回で一応落着といったところ。陸と海の間にある溝に関しては、その落としどころも鮮やかでしたし、良い感じで「第二章」の幕開けを飾ったと思います。

 ガチレウスまさかの退場には驚きましたが、登場話数の少なさの割には、大きなインパクトを残してくれましたね。

“騎士竜戦隊リュウソウジャー 第16話「海に沈んだ希望」” の続きを読む

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第15話「深海の王」

 カナロの妹・オトの登場と、モサレックスの本格的御披露目を展開。陸と海に別れたリュウソウ族という謎も散りばめ、それらがカナロ自身に魅力を付加していくという、追加戦士登場編の醍醐味が満載でした。

“騎士竜戦隊リュウソウジャー 第15話「深海の王」” の続きを読む

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第14話「黄金の騎士」

 さてさて今シーズンもやって来ました。追加戦士の季節!

 とは言え、2クール目の開始から数話を経てという頻出パターンに比べ、そこそこ早い登場となりました。追加戦士のステレオタイプを取り入れつつ、「リュウソウジャー」の流儀に沿ってアレンジされたカナロのキャラが馴染み良く、良い2クール目のスタートが切れていたと思います。

“騎士竜戦隊リュウソウジャー 第14話「黄金の騎士」” の続きを読む

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第13話「総理大臣はリュウソウ族!?」

 これまであまり触れられてこなかったリュウソウ族にスポットを当てたお話。

 長命な種族ということ自体は、コウの口から開示されていましたが、コウ自体が子供っぽい性格だからか、今一つピンと来ない感もありました。しかし、今回でリュウソウ族の悲哀までもが盛り込まれたことで、かなりのインパクトを生み、その設定をより理解できるものとなりました。

“騎士竜戦隊リュウソウジャー 第13話「総理大臣はリュウソウ族!?」” の続きを読む

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第12話「灼熱の幻影」

 ディメボルケーノ登場編の後半戦。前回にてディメボルケーノとの出会いと、等身大戦での新装備を描写したので、今回は主として巨大戦での新装備を描いています。

 しかしながら、全編に漂うほのぼのした雰囲気が一種異様な感覚になっており、「リュウソウジャー」の王道感とバラエティ性を示した好編となりました。

“騎士竜戦隊リュウソウジャー 第12話「灼熱の幻影」” の続きを読む

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第11話「炎のクイズ王」

 新たな騎士竜・ディメボルケーノ登場編。

 よくあるクエストを伴うパワーアップ編ではなく、なんと騎士竜含めた様々なキャラクター同士の交流譚が中心になっており、かなり変化球的な匂いを感じる一編でした。

 全編に賑やかなギャグテイストが横溢する作風というのも、今シーズンの試行錯誤というか、バラエティ感を出す方針を感じさせるものでした。

“騎士竜戦隊リュウソウジャー 第11話「炎のクイズ王」” の続きを読む

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第10話「無敵のカウンター」

 待望のアスナ編。今回は正真正銘のヒロイン回でした。

 これまでのエピソードは割とギミック重視なものが多かったように思いますが、今回は感情に訴えかける、ある意味戦隊らしいドラマになっており、どこか懐かしい雰囲気も漂っていましたね。

“騎士竜戦隊リュウソウジャー 第10話「無敵のカウンター」” の続きを読む

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第9話「怪しい宝箱」

 思慮深さがアドバンテージであり弱点でもあるメルトにまつわる一編。マスターブルーが登場したり、メルトの弱点を解決するのが仲間との信頼関係だったりと、未だ明確ではない「リュウソウジャー」のテーマを一歩見通しの良い段階に進めるエピソードだったと思います。

 ドラマのギミックも一歩進んでおり、オーソドックスを志向しつつ新鮮味溢れる感覚を導入することに成功しています。

“騎士竜戦隊リュウソウジャー 第9話「怪しい宝箱」” の続きを読む

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第8話「奇跡の歌声」

 正に「奇跡の歌声」。残念ながら「アスナ編」ではありませんでしたが、今シーズンのヒロインの方向性をかなり決定付けた一編だったと思います。

 坂本組のハイテンポな作風は、シリアスとコミカルが交差する本編に見事マッチ。様々なフェイクを次々とほどいていく醍醐味も素晴らしいものがありました。

“騎士竜戦隊リュウソウジャー 第8話「奇跡の歌声」” の続きを読む

騎士竜戦隊リュウソウジャー 第7話「ケペウス星の王女」

 安定の坂本節! アイドル系ゲストを撮らせたら抜群といった感じですね。

 私が常々懸念していたテンポについても、坂本監督のスピーディな詰め込み作風によって、ほとんど解決してしまいました。今シーズンのケイオティックなファンタジー要素は、ここまで矢継ぎ早でないと魅力の真髄に到達できないのかと、やや不安にもなりましたが…。

“騎士竜戦隊リュウソウジャー 第7話「ケペウス星の王女」” の続きを読む
Return to Top ▲Return to Top ▲