メテオ・ZX・シン 仮面ライダー大作戦

 これは凄い!

 目を疑いました。現在放映中の「仮面ライダーフォーゼ」に登場する、仮面ライダーメテオを主役に据えた劇場版が、フォーゼ主役編と共に二本立てで公開されるとの事。ちらほらと内容の詳細が出て来ており、既に周知の事と思いますが、あまりにもメテオと組むライダーがシブすぎるセレクトなので、思わず記事にしてしまいました。

 私を含む一部のファンにとって、これは超期待の映画ですよ!



 これまで判明した、ストーリーの大まかな流れは、以下の通り。

 メテオ=朔田流星がタチバナの指令を受け、天高のゾディアーツの一件とは別の事件を解決する事に。それは、「仮面ライダーW」に登場した財団Xが企んでいる「BDN計画」の阻止。「BDN計画」とは、月の裏側に建設された巨大な時空破断システムにより、東アジア一帯を時空の裂け目に送り込むという驚愕の内容。そして流星は、財団Xの創設期を知ると言われる「風祭真」なる人物と、時空破断システムの中枢に関する情報を持つという、「帯刀龍三郎」なる財界の巨人を探す事になります。さらに、執拗に流星をマークする「クラヤミ」のコードネームを持つ男の正体は!?

 ある程度ディープな特撮ファン、ライダーファンなら、ここまでのあらすじで震えが来ると思います(笑)。

 なんと驚くべき事に、財団Xの祖は、「真・仮面ライダー」の「財団」だったという事が判明。そして、「時空破断システム」、「BDN」、「クラヤミ」という「ZX」由来のキーワード!

 当然、「風祭真」は仮面ライダーシンその人。遂に「序章」と題されたオリジナル以来の、石川真さんが演ずる「その後の風祭真」を拝める時が来たわけです。既に発表されている通り、シンは「レベルGAEA=Generated Absolute Expanded Ability」と呼ばれる状態に進化し、その体表を観念生成したエクソスケルトンで覆う事により、真の「Masked Rider」となるという、「真」のリアルタイム視聴者には鳥肌モノの展開が待っています。「GAEA」とは、勿論石ノ森先生の構想にあった、シンの進化形であるライダーの名称「ガイア」。もうこの情報だけで興奮必至ですね。私は、「真」が今年で丁度20周年という事で、息子であるミュータントベビーに何らかの仕掛けがあるのではないかと睨んでいます。

 そして、長年の特撮ファンならばニヤリとする「帯刀龍三郎」の名!

 これは、「特捜ロボ ジャンパーソン」に登場する悪のボスキャラの一人であり、村雨良=ZXを演じた菅田俊さんの傑作キャラクター。しかも、「ジャンパーソン」における「変身後」である「ビルゴルディ」の名が、この映画でも登場するらしい。勿論、この映画のタイトルにある通り、村雨良=ZXも登場。果たして帯刀と良の二役なのか、それとも同一人物なのか。更に、これまで特番のみで描かれたZXの特殊能力が、存分に描写されるようなので、こちらにも超期待です。ZXキックは勿論、マイクロチェーンや衝撃集中爆弾、十字手裏剣といった、ZXならではの特殊装備がどう生かされるのか楽しみですね。

 で、映画のタイトルにある「大作戦」が示す通り、忍者ライダーの異名を持つZX、ESPに長けるシン、指令を受けて動くメテオという3人が揃う事で、文字通りのスパイアクションが展開されるとあって、「スパイ大作戦」ファンである私は、もう嬉しくて仕方ないわけでして。これって、スパイアクションのエッセンスを取り入れている「ゴーバスターズ」を意識した「仕掛」なのではないでしょうか。

 フォーゼが仮面ライダー40周年記念作品であり、ZXが30周年、シンが20周年というアニバーサリー・イヤーである2012年。この組み合わせは正に奇跡的ですよね!

 ライダー俳優随一の凄味を持つ菅田さんが、今だからこそ演じられる村雨良を。そして、ライダー随一の異色作である「真」を経て、ウルトラ随一の異色キャラクターであるヒカリ(人間体)を演じた石川さんが、今魅せる風祭真を。奇跡の瞬間を見逃すな!

 4月1日、公式サイトオープン!

 4月1日、公式サイトオープン!

 大事な事なので、二回申し上げました!



投稿者: SirMiles

【マー 🏃 SirMiles / Masafumi Fujimura / https://sirmiles.com / maruzoku】 Run、音楽、プラモ。趣味は広く浅く。生業はIT系。

ディスカッションに参加

6件のコメント

  1.  公式サイト見ましたよー。
     予告編動画ではメテオとZXのジークンドーと忍者アクションが鮮やかでしたね。
     しかも、キービジュアルで登場した、サザエのような怪人や、仮面ライダーシンと対峙するメカニカルな赤いシルエットは……!
     さらにさらに、ゲストで歴代サブライダーや、シンに良く似た(?)謎のライダーも登場するようで。
     情報は公開されていませんが、帯刀が登場するなら、あの紫のヒーロー達が登場するのかも気になりますね!
     ……と、便乗させていただきました。

  2. さっそく自分も公式サイトを見ましたが、やっぱりタイガーロイドは格好いいですね~。
    どうやらZXとではなくメテオと闘うようですが。
    それにしてもギャバン&ケニア&デンジブルーで味をしめたのか、ZXと帯刀の二役とは、また(笑)
    ZX誕生の際、残された99%の肉体が関係してるのではないかと思っているのですが、どうなんでしょうか。
    モチロン、仮面ライダー史上最も不遇なライダー(おいっ)シンの活躍も期待大です。
    それにしても4月1日はホント楽しみですね

  3. YMさん、天地人さん、反応ありがとうございます。
    昨年度の、図らずも現実となったミラクルに比べて、今年度はかなりインパクト弱めですが、何とかテンションの高さを装ってみました(笑)。
    実際、ZXとシンにはもっとスポットが当たってほしい処なんですけどね。ZXなんて、今見ても物凄くカッコいいライダーだと思います。

  4. ホントは昨年のネタ(おいっ)の時に、平成ウルトラシリーズの外伝3部作に合わせて、宇宙刑事三部作を考えていたんですけど(汗)
    1作目はモチロンギャバン対ゴーカイジャー(烈よ急げ!マーベラスよ)
    2作目は復興したイガ星のイガクリスタルを狙う謎の集団と闘うシャリバン
    3作目は行方不明となった沢村大とアニーの1人息子が二代目シャイダーとなって、ポーの下に再結成されたフーマと闘うもので、大いなる声の導かれてギャバンとシャリバンも参戦する予定だったんですけど・・・
    いや、こういう話じゃなくてもいいから、ホントに新しい宇宙刑事見たいんですが(苦笑)
    本来のネタに戻りますけど、ZXもそうですが、ZOも続きが見たかった作品の一つでもあります、結局続編ではなく、Jになってしまいましたが、もし作られたらどんな作品になっていたのか、興味のあるところです。

  5. 円谷プロの本家(?)エイプリルフールネタが無くなってしまったので寂しさを感じる今日この頃です。
    ZXや真のような一発屋ライダー達は、制作サイドの状況やファンの心理など、その時代の空気が
    作品と一緒に真空パックされているので、時々見返すとその度に新しい発見がありますね。

  6. まとめtyaiました【メテオ・ZX・シン 仮面ライダー大作戦】

     これは凄い! 目を疑いました。現在放映中の「仮面ライダーフォーゼ」に登場する、仮面ライダーメテオを主役に据えた劇場版が、フォーゼ主役編と共に二本立てで公開されるとの事。ちらほらと内容の詳細が出て来ており、既に周知の事と思いますが、あまりにもメテオと組…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return to Top ▲Return to Top ▲