ウルトラシリーズのメカコレもどんどんラインナップが追加され、充実しています。

 第六弾は科学特捜隊の地底戦車ベルシダー。劇中での登場回数は少ないですが、ゴルドン戦での活躍振りが強い印象を残すメカです。

 カラーリングは他のメカと統一感のあるシルバーとレッド。このベルシダーの後にも多様なドリル戦車が特撮界に登場してきますが、これほどドリルが主張しているデザインは珍しい部類でしょう。科特隊メカはその丸みに特徴がありますが、このベルシダーも例外ではなく、シャープな先端から丸みのあるボディに繋がるラインの美しさは、他の追随を許しません。



キットについて

 メカコレフォーマットではお馴染みの、成形色による色分け、デカールによるマーキングやカラーリングの補足といった内容。パーツ精度もすこぶる良好です。

 レギュラーサイズの本体と、ジェットビートル懸架用のミニサイズとがセットになっており、それぞれが特徴的なフォルムを的確に捉えています。

 デカールはナンバリングと流星マーク、それと軌道部側面の赤い部分といった具合に少なめなので、手間は最小限。ただし、ドリルの黒いラインは全くフォローされないので、ここは塗装の必要があります。

 パーツ分割はよく練られていて分割線も目立ちませんが、ドリル部は三分割されていて、合わせ目を消すこと自体が非常に難しいです…。努力はしましたが、途中で諦めました(笑)。

塗装について

 いつもの如く、黒サフ、シルバーの下地、レッド、デカール貼り、半光沢クリアーの順です。黒サフはガイアノーツ、シルバーはMr.カラーの定番色、レッドはMr.カラーのシャインレッド、半光沢クリアーは、ガイアノーツのEx-フラットクリアーとなります。

 デカールの研ぎ出しは今回も行いませんでした。何となく、気楽にサクサクと作っていく方が楽しいシリーズだと思うわけでして…(手抜きとも言う)。

 ドリル部の黒いラインは、タミヤエナメルのブラックをエアブラシで吹き付けた後、凹部を残して拭き取るという段取りにしました。拭き取る際にシルバーまで剥がれてしまう箇所もあったので、適宜筆塗りでリタッチ。結構大変です。

各部ショット

バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ 06 ベルシダー

 曲線のライン取りが美しいデザイン。ドリルの合わせ目が消えてませんね、明らかに。

バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ 06 ベルシダー

 リアショットだと、ドリルの方が小さく見えます。角度によって随分印象が変わるものです。

バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ 06 ベルシダー

 ハッチを差し替えて、レーザー砲塔の露出状態に。この状態でも兵器然としない独特の優しさがあります。

バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ 06 ベルシダー

 ミニサイズは文中のとおりビートルに懸架可能。ミニサイズにもちゃんとマーキング用のデカールが用意されているので、細密なミニチュアとして楽しめます。ビートルの懸架画像は割愛してます。

 ドリル部を妥協すれば、すぐに完成してしまうキットでした。逆に言えば、ドリルに物凄く手間がかかってしまうという…。このベルシダーが出たことで、なんとなくリミッターが外れたような気もします。フェニックス号とか月面車とか出てしまうかも。

 



投稿者: SirMiles

【マー 🏃 SirMiles / Masafumi Fujimura / https://sirmiles.com / maruzoku】 Run、音楽、プラモ。趣味は広く浅く。生業はIT系。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return to Top ▲Return to Top ▲