【リーク】新宇宙刑事!!

 映画「ゴーカイジャー VS ギャバン」での一条寺烈復活を皮切りに、石垣佑磨さんによる新しいギャバンが登場したり、その劇中で新シャリバン、新シャイダーが設定され、間髪入れず「スーパーヒーロー大戦」シリーズに参戦したりと、にわかに盛り上がりを見せたのですが、その後は沈静化。宇宙刑事ファンとしては、実に寂しい状況となってしまいましたが…。

 ここに来て、今度はテレビシリーズに「宇宙刑事」が登場するという情報が!

 しかも、ニチアサ枠ではなく夕方枠になるという、とんでもない話になっております。



 番組タイトルはズバリ「宇宙刑事」で、「宇宙刑事○○」といった個人名が付かない模様

 主人公は「クレイグ」というコードネームを持つ地球人・若山弦なる新人宇宙刑事ですが、敢えて彼をタイトルにしていないのには、理由があるようです。それは、クレイグを取り巻く複数の人物が織りなす群像劇とされている為で、他にも宇宙刑事が地球担当(?)の任に就いているという設定なのです。

 クレイグの先輩格に当たる人物には、ブロスナンダルトンムーアレイゼンビーコネリーといった面々が存在し、それぞれの助手にサマンサ、キャロライン、ロイス…といった女性陣が設定されています。つまり、これまでの宇宙刑事の編成を持ったチームが、複数で行動するという構成になっています。地球担当チームは総称して「第七課」とされるようです。

 また、一条寺烈や伊賀電といったかつての宇宙刑事の参加も明言されていて、前掲の「スーパーヒーロー大戦」の設定を継承しているかどうかは不明ながら、恐らく「現役で動き回れる上官」的な役回りでの出演が期待出来ます。

 さらに、意外な事に一定の敵組織が設定されておらず、こちらも複数の宇宙犯罪組織が次々と登場して地球に害を為すというパターンになるようで、この辺りは「レスキューポリス」のテイストがありますね。勿論、宇宙犯罪組織なので、例の「魔空空間」系の演出はちゃんと盛り込まれるようで、その辺は旧来ファンも裏切らない構成になっています。

 なお、気になる記述として、「銀河連邦警察内部の問題」というタームも。ここは政治的になり過ぎても特撮ヒーロー番組としてはハイブロウになって「ついて行けない」感が増しますし、逆に抑え気味にすると陳腐になってしまうので、匙加減がどうなるのか、非常に気になります。

 商品展開としては、クレイグ達に関連するフィギュアやマシンは勿論、旧来ファン待望の旧宇宙刑事のS.H.Figuarts一般販売と、それに併せたサイバリアン等のマシン発売、かつての戦闘母艦系のリニューアル販売…と、親子ターゲットのマーチャンダイジング目白押し。特筆すべき点として、今回は「変身アイテム」が設定されている事で、いわゆる蒸着システムが単なるコール&レスポンスのシステムから、ガジェット系へと変化しているわけです。この措置には意見が分かれそうですが、「加速度センサーを内蔵」といった記述があるので、恐らく従来のイメージを損なわない処理が為されているのではないでしょうか。

 商品ラインナップには、「ダブルレーザーブレード」、「ディスプレーザーガン」という記述も。レーザーブレードは二刀流となる可能性あり。そして、「シャイダー」や続く「ジャスピオン」で好評を博した「映像付レーザーガン」が現在の技術でブラッシュアップされたタイプとなって再登場するらしく、これら武器系統にも大きな期待がかかります。

 もう宇宙刑事の新作はないものと諦めていた私にとって、これ以上の朗報はありません。どんな作品になろうと納得出来そうな自分がいます(笑)。

 リークされた文書の日付は「4月1日」となっていましたから、放映は秋頃からですかね~!!



投稿者: SirMiles

【マー 🏃 SirMiles / Masafumi Fujimura / https://sirmiles.com / maruzoku】 Run、音楽、プラモ。趣味は広く浅く。生業はIT系。

ディスカッションに参加

5件のコメント

  1. なんと、待望の宇宙刑事テレビ放映決定という事(笑)で、さっそく調べてみましたがホント凄い事になってますね~。
    >複数の宇宙犯罪組織が次々と登場
    どうやら3クールあたりから徐々にそれらを背後から操る(?)巨大な闇の組織が登場するという設定もあるようで、現段階では仮の名称としてスペクターという名前しか分かってません。
    また、クレイグ達の使うメカの開発主任としてQなる人物が出るとのウワサもありますが、なにせ詳細が
    分かっていないだけに、続報が待ち遠しいです。
    あと、仲間の地球部署の担当刑事としてジバン、K、サキ、大門といった名前がゲスト出演するという情報もありますが、ホント4月1日って楽しいですね。

  2. 関連商品としては秘密道具の入った「宇宙刑事アタッシュ」の販売が楽しみです。宇宙警察手帳や水に溶けるメモ帳は同梱されるのでしょうか?
    旧作でコム長官の秘書だったマリーンをマネイペニーに置き換えると、なんかこう、グッとアダルト感が増しますね。
    コネリー版にはまって原作小説を全巻読破した私にとって、今年のニュースは特に嬉しいサプライズでした。

  3. 毎年のご反応、ありがとうございますm(_ _)m
    ギャバン、シャイダー、スピルバン辺りのネーミングソースが著名人なので、いつかやりたいと思っていた007ネタにしてみました。
    >天地人さん
    Qとスペクターは盛り込みたかったのですが、余裕がありませんでした(笑)。
    「刑事」つながりだと、(妄想の中では)色々なキャラクターを出せそうですよね。
    あと、ジャスピオンやスピルバンも絡ませたいです。
    >M’sRoadさん
    水に溶けるメモ帳って、例のスパイグッズのおもちゃですよね!
    今はスパイ映画自体が子供にアピールしなくなってしまい、寂しい限りです。
    007はBlu-rayはコンプリートしてますが、小説はまだ読んでいませんので、ちゃんと読んでみようと思います。

  4. >もえぱぱさん
    いやぁ、大変申し訳ございません(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return to Top ▲Return to Top ▲