快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #29「写真は記憶」

 中途半端なギャングラー怪人によって、圭一郎が被害を被るという、圭一郎メインのお話…と思いきや、まさかの総集編!

 夏休み最後の締め括りエピソードとしての配慮か、はたまた「仮面ライダービルド」の最終話に遠慮したか、とにかく圭一郎の人となりを浮き彫りにするエピソードへの期待を見事にスルーしてくれました(笑)。



改造ポーダマン

 ゴーシュの手によって金庫を頭部に移植されたポーダマン。出で立ちというか、振る舞いがほとんど「カメラ男」。

 頭部に金庫を持つというビジュアルは、ある意味どのギャングラー怪人よりもインパクトがあったりして…。

 この改造ポーダマン、ルパンコレクションの能力によって人間の記憶を写真化して奪い取ってしまうわけですが、その毒牙に圭一郎がかかってしまい、記憶を取り戻すために各人が奔走するという筋書きです。

 冒頭の出現シーンでは、素面アクションが満載! そのテンポの良さと手数の多さは、総集編の添え物の域を遥かに超えており、稼いだ尺の分、手間をつぎ込むという意気込みすら感じられるものでした。

記憶喪失の圭一郎

 記憶喪失とは言え、圭一郎が失ったのは時系列からすると今シーズン開始より少し前から現在までの限定された期間のようです。

 その後、今シーズンの経過を辿っていくのが本エピソードの主旨になるわけですが、写真化された記憶というアイテムが非常に巧く機能していて、総集編でありながらちゃんとしたプロットが展開されるあたり、素晴らしいですね。

 写真も、全部を回収しきれてないというエクスキューズがこれまた効いていて、つかさと咲也が現場に回収しに行くところなどはいかにも警察的ですし、また回収した写真はよりによって、つかさにとって恥ずかしい記憶だったりもして、しっかり笑わせてくれます。

 一方で、魁利たちの手元にも写真が渡ることで、快盗側からの総集編さえも展開できており、このアイディアの素晴らしさには感心しきりでした。透真の回想は何故かレオタード回がメインでしたが……。

 ノエルは圭一郎の記憶が戻らなければやりにくいと明言しており、快盗と警察双方が揃ってこそ、自分の目的を達成できるとでも言いたげな様子でした。こういう引っかかりを少しだけ混ぜてくるのも実にニクい。

 結局、渋々魁利たちは圭一郎の記憶を取り戻す手伝いをすることになるわけですが、そこでは「情の魁利」が巧く効いていましたよね。

 記憶を取り戻した圭一郎は、すぐにいつも以上の「暑苦しい男」に戻りましたが、それを見て嬉しさのあまりハグしまくる咲也の暑苦しさにも注目したいところです(笑)。

浴衣!

 メンバー全員(ただしヒルトップ管理官とコグレさんは除く…)が浴衣に着替えてノエル主催のノエル歓迎会(笑)を開催。コグレさんの計らいで食材に贅を尽くす(そして透真がそれを喜ぶ)というあたり、キャラクターの髄を利用し尽くす感があって見事でした。

 それにしても女性陣の似合いっぷりはさすがでしたね。ノエルの奇抜な浴衣もかなりのものでしたが。

ルパンコレクション

 今回のコレクションは「ゴーバスターズ」に登場したイチガンバスターでした。カメラと言えば、初代イエローフォーかゴーバスターズの武器くらいしか思いつかないですね。

 公式サイトでのヒントは「シャットダウン」でしたが、造形物がイチガンバスターそのものだったので、すぐに思い出すことができました。

次回

 そして次回は、その圭一郎を再びフィーチュアして、魁利とカップリング。何が起こるのか、非常に楽しみですね。

 



投稿者: SirMiles

【マー 🏃 SirMiles / Masafumi Fujimura / https://sirmiles.com / maruzoku】 Run、音楽、プラモ。趣味は広く浅く。生業はIT系。

ディスカッションに参加

8件のコメント

  1. どうも、こんにちは。
    こちらで感想を掲載するようになってからは、初めてコメントします。

    ニンニンジャーから8月の終わりの時期に総集編をするようになりましたね。おそらく放送が始まって半年経つので、きりがいいのかもしれません。

    ニンニンジャーでは、マタネコが化けた好天が出てきて、ラストニンジャレースの中間発表が行われました。ジュウオウジャーではバングレイにコピーされたセラとタスクを交えたクイズ大会が行われ、かなり切ない終わり方でした。余談ですが、今シリーズのパイロットを務めた杉原監督の本編監督デビューがジュウオウジャーの総集編だったはずです。キュウレンジャーでは、オリオン号で過去に向かう途中で、忍び込んだインダベーに襲われるというお話でしたね。

    来週は5,6話以来のレッド同士の対決ですね。以前は圭一郎のほうがフィーチャーされましたが、今回は魁利の方に焦点が当たるようなので楽しみです。

    1. いらっしゃいませ!

      戦隊で明確に総集編をやったのは、バトルフィーバーが初ですね。もっとも、夏休みではありませんでしたが。ニンニンジャーからはこの時期が定番になっているんですね。こういうブログをやっていながら、大して覚えていないというのが…(汗)。

      次回は、予告ではガッツリ圭一郎がメインっぽく映っていましたが、どうなるか楽しみですね。シーズンも後半戦なので、そろそろルパン側の掘り下げに本気になってくる可能性ありですね。

  2. せっかく、前回の感想で
    (でも、もう男のレオタードは見たくない気が)
    と書いたのに・・・また出てきましたね(笑)
    特撮と写真と言えば、古くはウルトラセブンの「第11話 魔の山へ飛べ」とか、仮面ライダー1号こと一文字隼人の職業がフリーのカメラマンとかが思い出されますね。

    改造ポーダマンの脳天唐竹割り(それ、ジャイアント馬場)で、記憶を一部奪われた圭一郎ですが、つかさを覚えていて咲也を忘れてるのは、時期のせいじゃなくて好みのせいに違いない(おいっ)
    まあ、上手く総集編と化してしまった今回ですが、今までの流れをおさらいするには最適の話でしたね。
    (どうせならつかさと初美花の制服姿も 汗)
    まあ、二人のゆかた姿が見れたんでいいか(おいおい)
    写真がパラパラとばら撒かれる感じが、ストロンガーのジェネラルシャドウっぽかったですけど、ここもCGで描かれるあたり、映像技術の進歩を感じます。
    それではまた

    1. しかも、レオタード回想の尺が結構長めだったような(笑)。それだけインパクトのあるビジュアルだったということで…。

      シャドウのは「トランプフェイド」ですよね。何度見ても格好良いんですよね、シャドウは。柴田秀勝さんの声がもう素晴らしくて。ドグラニオの上に居る影ボスとかでまた出演して欲しいなぁ…と思っていたりします。

      写真はCGになっただけあって、それぞれの画像が巧く映って印象を強めてましたね。

  3. 残暑厳しい中で熱い男の圭一郎が記憶を抜かれて大人しくなる。

    おかげで?ゆっくりと想い出を振り返ることができました。と思ったけれど、最近は咲也のほうが暑苦しいかも・・・でも咲也はアレでこそ咲也ですからねぇ。笑

    記憶の写真のようにどこを切り取っても懐かしい話ばかりですが、それ以上だったのはラストの浴衣姿とジュレでの初美花の顔芸?どちらも可愛くて表情の豊かさが成長を感じ取れます。

    ボーダマンに金庫、ってこの先どうなるんでしょう?ゴーシュの実験は何かを匂わせるけど実態が出てこないので、気になっちゃうんですよね。以前の人間への実験も目的が分からないままですし。

    この辺に関しましては全てを伏線と捉えるようになってしまっている悪い考え方なんでしょうかね。

    改造ボーダマンがこの部分だけ記憶から写真として切り抜いてくれたら今後も新鮮に見続けれるのでしょうか。。。

    1. 私も最近、咲也の方が暑苦しいキャラではないかと思っています。

      今回ラストの圭一郎も相当暑苦しい感じでしたが、つかさがクールビューティを担っているので、何とか抑えられているのではないでしょうか(笑)。

      工藤さんは初回から色んな表情が巧いなぁと感心していたのですが、ここに来てさらに深化してますよね。

      ゴーシュの実験は多分伏線になっているんじゃないかと思いますが、私はすぐに忘れるたちなので、戦隊のように親切な回想を入れてくれるコンテンツは有り難いですよ(笑)。

  4. とりあえず、皆、圭一郎が大好きだったというお話。快盗と警察という立場上、対立してはいますが、基本的に仲良しですよね、この連中。
    本文中でも書いてらっしゃいますが、本当にプロットというか、仕掛けがお見事ですね。記憶を写真に写し取るというコレクションですが、実験がうまくいかなかったという理由で、都合の良い記憶喪失に出来てしまうという・・・。
    総集編のわりに大事な本筋よりひどい回想がメインというのは、ご愛嬌で(苦笑)。
    あと、見間違いではないと思うのですが、パトレン1号がクレーンで攻撃する時、一瞬動きを止めたシーンがあったと思います。おそらく、借りを返すため、コレクション回収を待っていたと解釈したんですけど。
    ノエルの浴衣。マツケンサンバを連想したのは私だけ・・・?

    1. 皆、圭一郎が大好きだったというお話…正にそうですね!

      初期のガッツリ対立していた頃が懐かしくなるくらい、最近は仲良しな感も…。ノエルが機能してそうなっているような気もしますね。

      仰るとおり、これまでのインパクトビジュアルを抽出して並べたような総集編でしたね。ラストの巨大戦振り返りは、正直途中で飽きてしまいましたが(しかもグッディがずっと喋っていると耳が痛い…)。

      ノエルの浴衣、私はレイザーラモンRGを連想しましたが、RGの物真似衣装とはかなり違っていて、色んなものが混ざって記憶されてました(笑)。確かにマツケンサンバが近いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return to Top ▲Return to Top ▲