快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #40「心配が止まらない」

 前回のシリアスな展開との落差を意識したと思われる一編ですが、ここのところストーリーに流れているムードに引っ張られて、何となく弾けられていないような…。

 魁利にスポットを当てて、その猛進振り(例えばザミーゴを執拗に探しているとか)が伝えられるのかと思いきや、本筋とはおよそ関係ないオチだったりと、本当に「閑話」として制作されているものの、やや上滑りな感は否めませんでしたね。



ジュゴーン・マナッティ

 ジュゴンなのかマナティなのかと劇中の人物も悩むギャングラー怪人。その風貌が割と柔和な雰囲気を醸し出しており、その博識ぶりも相俟って不思議な怪人となっています。

 ビルを破壊したりと、派手な行動も見せていて悪役アピールをしていましたが、その主たる能力は心配性を増幅させるというもので、今回は透真と初美花がその影響下に。地味な心理攻撃で、しかもヒーロー二人のみが毒牙にかかるとあって、今回のストーリー構造が非常に狭い世界で繰り広げられるものであると特徴付けられているわけですね。

 ルパンコレクションの能力によって霧を発生させ、奇襲攻撃を仕掛けてくるという点はタクティカル。しかしながら、メインの能力を確実に当てるために使っているという面でやはり特殊です。

 「宇宙刑事シャイダー」のBlu-rayが発売され、嬉々としてヘビロテしているのですが、狭い世界での心理戦から始める感覚と、今回はよく似ている感じもしますね。

心配しまくる透真と初美花

 今回のメインは、この二人のエキセントリックな心配振りにあります。そしてやはり、ギャングラー怪人等の影響下にある透真の行動が俄然クローズアップされることになるわけです。

 ただ、今回は魁利をとにかく心配しているという地味な状態なので、そこまで言動が先鋭化しておらず、魁利に関する妄想のシーンにそのギャグ描写を託すという形になっていました。従って、透真と初美花の言動の可笑しさを味わうよりも、むしろ魁利の珍妙なイメージシーンに比重が置かれており、それらはかなりの手間をかけて作られていて、完成度もすこぶる高いという凄い状態に。

 想像が飛躍することで、魁利への妄想もどんどんエスカレートしていくのですが、最初はクスッと笑えても、徐々に上滑り感が…。シチュエーションコメディではないので、用意されるべくして用意されたギャグシーンという印象が強かったんですよね。妄想の中の魁利のリアクションは、本当に面白かったんですけどね。

 ところで、その辺りの笑いを取り除くと透真と初美花の深層が見えるという仕掛けにもなっていました。要は敵の能力の影響下にあっても、元々魁利を心配していなければあのようなことにはならなかったという論です。つまり、どれほど魁利が突っ走ろうと、そしてジュレを頻繁にサボっていても、二人は魁利を常に気にかけていたと。ちょっと「イイ話」にしちゃったと(笑)。

魁利と圭一郎

 透真と初美花の心配について、魁利は圭一郎との関係に戸惑っていることを見透かされたと考えたようですが、ここは今一つピンとこない感じでしたね。やはり圭一郎との関係性に関しては、多少強引な展開になってしまっているようです。

 極め付きは、魁利が捨て犬を保護したことで少し圭一郎の気持ちが分かったのか、以前問われた際に突っぱねたゲームのことを圭一郎に教えて、少し接近するそぶりを見せたことです。犬、魁利、兄、圭一郎という線が見事に繋がった! とは言えないような微妙な雰囲気だったので、やはり強引さは否めないな…と。

 それにしても、あの白い子犬は可愛かったですねぇ。つかさが「可愛いな!」と目の色を変えているところを見て、今回の「う〜ん」と思う部分は霧散してしまいました(笑)。

年末商戦的な

 ルパンレッドとルパンエックスでダブルスーパーフォームを披露し、明らかなオーバースペックでジュゴーン・マナッティを粉砕(ちなみに巨大化の際、ゴーシュがわざわざ「ジュゴーン・マナッティ」とフルネームで呼ぶあたり、ダブルモチーフへのこだわりがあって可笑しい)。

 巨大戦では、あくまで幻影としてですが、ルパンカイザーの各フォームが並び立つという壮観な画が展開され、アスファルトっぽい地面にパースの付いた「ルパンカイザー」の文字が書かれていたり(言うまでもなく「Gメン’75」のパロディ)、細かいギャグと共にその格好良さを存分にアピールしていました。

 今シーズンはトイ系の売上に翳りがあるという話も聞いたりしましたが、実際どうなんでしょうねぇ…。

カイオースピア

 今回のルパンコレクションは「ジュウオウジャー」のカイオースピアでした。前にキューブも登場しているので、ジュウオウジャー関連は2回目??

 それからこのコレクションの名前は「水の上の煙」だそうですが、まんまディープ・パープルの超有名曲「Smoke on the Water」でしたね(笑)。

次回

 次回は透真とつかさのカップリング。これは期待大です。ビジュアル的には(個人的主観として)最もお似合いな二人でもあるわけで、何かが起こって欲しい気も。

 



投稿者: SirMiles

【マー 🏃 SirMiles / Masafumi Fujimura / https://sirmiles.com / maruzoku】 Run、音楽、プラモ。趣味は広く浅く。生業はIT系。

ディスカッションに参加

10件のコメント

  1. (JUSТ)心配事、と~まらないのっ、あ~なたに♪(それ、ウインク)の透真と初美花でしたが、言われる通りちょっとギャグが上滑りな感じでした。
    しか~し(ハズ気キルーペ風に)今回は奇跡のショットがありましたね。
    初美花が透真と一緒に座り込んだ瞬間、両足の間から見えましたね(おいっ)いや、問題ないのは分かってるんですけど、やっぱりあのアングルでああいう風に見えてると、つい(おいっ、何をするんだ、やめろ~)

    ・・・失礼しました(汗)まともに感想を書こうと思ったのですが、気になって気になって(おいおい)それにしても、今回パトレンの皆さんは影薄かったですね。
    それと忘れ去れた(?)巨大ロボとかいろいろ出てくると、ああ、そろそろクリスマスだなと思ってしまいますね。
    正直、5体のロボが出てくると、えっ?こんなにいたってと思ってしまいました(苦笑)
    それではまた

    1. Wink、最近再結成して歌ってるの見ました(笑)。

      私も座り込んだシーンは気になって仕方なかったですけど、あくまで冷静でした(嘘)

      ロボのバリエーションですが、今年は変化に乏しいので寂しい感じが漂ってしまいますね。

  2. Gメン’75…本来の視聴者層のお父さん世代でもまだきつい(わからない)のでは。
    ところで初美花と透真の心配していることが初美花は恋愛関係(特に結婚について)、透真が食事関係(さらに言うと食べ過ぎてお腹が膨れること)というのは魁利を心配しているようでいて実は自分が気にしていることが表れているような気がします。それと透真はキツツキに何かトラウマが?

    1. 私もGメンは82の方がしっくり来るくらいで(笑)。まあ、パーマネントなネタということなんでしょうね。

      初美花と透真の関心事が投影されているというのは、素晴らしい読みですね。凄く納得しました。キツツキはTwitterでかなりネタになってましたね(笑)。

  3. 以前の「うっかり」はギャグ描写で描かれてるけれど、冷静に考えると結構危険であって、物語の必然性がありましたけど

    今回の「心配」はあまり危機感が感じられなかったかなと。

    カイリに陰を落としてたのは「圭一郎を通して兄へのコンプレックスが刺激される」というものであって、他のルパパトのメンバーは少なくとも「圭一郎となにかあった」くらいはわかってるはずなのにその描写がなにもないのも変かなと。

    せっかく「犬」という良い材料があるなら、

    例えば圭一郎ならその場で世話をするとかの一時的な対応しかできなかったというような描写とかがあれば、

    圭一郎ができなかったことをできたということができれば

    圭一郎に対するわだかまりへの解答になったかなと思います。

    1. やっぱり「やりたいこと」先行で逆算しているからでしょう。落としどころが初めから確定しているので、危機感を煽りにくかったのではないかと思います。

      圭一郎との関係については、もう少し前から種蒔きしておいた方が良かったかな…と思うところですが、唐突なりに今後の展開でキッチリした「答え」を見せてくれればと思います。

  4. やや滑り気味なところも含めて、なんとなく昭和な感じがして、個人的には、ほっこりできました。
    それにしても、本当に透真は愛されてますよねぇ。特に大和屋さんからは良い意味でおもちゃにされているような(汗)。
    前回のエビフライに続いて今回はキツツキがトレンド上位に。どうなっているんだこの国は···(大汗)。

    1. 確かにちょっとノスタルジックな雰囲気がありましたね。平成初期の悪ノリにも近いなと感じました。

      レオタードにエビフライにキツツキ…戦隊がトレンドになるのは嬉しいですが、全部ネタなのも複雑(笑)。

  5. 透真と初美花の妄想しすぎな感じは私の実生活においても有ることなので何となく親近感が・・・ゲホンゲホン。。。

    まぁ、なんにしても過ぎる、は好ましくないですな。汗(自爆)

    ジュゴーン・マナッティの勉強家ぶりとファイリングを見て、ゴーカイシルバー/伊狩鎧君とスーパー戦隊大全集?的な本を思い出しちゃいました。

    今後、ギャングラーがピンチに落ちいったときはあのファイル本をサッと取り出し・・・うん、無いですね。

    話の落としどころとして子犬のくだりを持ってきていますが、子犬の引き取り先がレストラン、って・・・ジュレじゃあかんかったんかーい!!

    コグレさん、まさかの犬嫌いとか?笑

    1. 白秋さんは、普段からそんなに妄想を炸裂させておられるんでしょうか(笑)。精神衛生上、何卒お気を付け下さい。

      鎧の図鑑(?)は懐かしいですねぇ。マニアの正しい姿というか、昔は設定を文章化したりという作業は割と当たり前でしたよね。

      白いワンちゃんの件ですが、ジュレは快盗稼業で留守がちなので、難しかったのかも知れませんね。言葉を喋るくらい凄い犬ならば、デンジ犬とかシーシーとかになれたかも知れませんが(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return to Top ▲Return to Top ▲