騎士竜戦隊リュウソウジャー 第6話「逆襲!!タンクジョウ」

 流れから予測できたことではありますが、タンクジョウがここでまさかの退場!

 1クール引っ張ることもなく、その半分で決着を付けるとは、正直思ってもいませんでした。コウにとってはマスターの仇でもありましたが、復讐譚を騎士道精神に昇華してみせるあたり、なかなかハイブロウではありますね。

 バンバも完全に合流することにはならず、この「別動隊」体勢はしばらく続くものと思われます。今後むやみにマイナソーの元を絶つ行動には出そうにないですが、充実した葛藤劇を見たいものですね。



ケルベロスマイナソー(兄)

 早苗が元に戻らないのは、なんとマイナソーが双子だったからでした。もう少し深い謎と、それに伴う絶望感と希望を期待していたので、正直なところがっかりしてしまいましたね。この「兄」さえ攻略すれば、なんとかなるというのが序盤から見えてしまうのですから。

 ただ、この「謎」を軽くしたおかげで、毒に冒されながらも奮闘するコウとメルトの描写が長尺になり、彼らのヒロイックな面が強調されたので、なかなか侮れないんですよね。

 もう一つ巧いのは、このマイナソーを倒すことが目的ではなく、解毒剤を作るために体組織を手に入れるという、実に地に足の付いた展開になったことです。これで、戦闘力の落ちたコウたちがマイナソーを倒さなくても済む理由ができ、代わりに何とか身体の一部を入手しなければならないというサスペンスが生まれました。

タンクジョウ

 あまりインパクトを残すことなく退場と相成ったタンクジョウ。一応、キシリュウオーファイブナイツという「切り札」に敗れるという花道はありましたが、まあ、謂わば「それだけ」だったのは残念ですね。中田譲治さんの登板で色んな展開を期待していたのですが…。

バンバ

 今回はバンバがコウたちと協力してトワを助ける展開になるのかと思いきや、早々に毒で足止めされる事態に。前回、一人でケルベロスマイナソーを倒すという見せ場があったので、今回は控えたというところでしょうか。

 毒に冒されつつも、とりあえず突っ伏すような事態にまではならなかったようで、逡巡の挙げ句早苗を手に掛けようとするなど、ドラマの牽引役の一翼を担っていました。ここでトワだけでなくアスナも懸命に反対していたのが印象的。アスナの活躍シーンが少なめなので、ういの行動を制止したり、今回のようにバンバに訴えたりといったメンタルに訴えかける言動が印象に残りますね。

 エピローグでは、トワに促されて感謝の意を表しつつも、仲間であることを認めないバンバ。その心情描写があまり深く描かれていないため、今後にその「理由」が待っているのを期待してます。

コウとメルト

 この二人のコンビネーションは既に素晴らしいものになっていました。毒がなければあっという間に目的を達成していたでしょう。

 毒のために変身解除されるという、近年ではやや珍しい描写を経て、生身の状態でケルベロスマイナソーに咬まれ、そのまま牙をもぎ取るというくだりが素晴らし過ぎて感激しました。身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれという極意は騎士道のものではないと思いますが、そのヒロイズムにはこの上ない熱さがありましたね。設定上は発展途上のヒーローですけど、すでにそれを感じさせないレッドヒーローになっていると思います。

ケバブ屋郷さん

 コウたちが心配でウロウロしているのか、突如ケバブ屋台の店主となって現れた郷さん…もとい長老。長老然たるときの重厚な語り口とは異なる軽妙な口調が実にいいですね。

 なんとなく「ニンニンジャー」のじいちゃんを想起させる設定ですが、ケバブというのが突飛なので、もしかすると色々な扮装で出てくれるのではないかと期待してしまいますね。団時朗さんは現在でもスタイル抜群なので、恐らくどんな格好でも似合うこと間違いなし!

 申し訳ございませんが、個人的に最もエキサイトしたのが、長老絡みのシーンでした(笑)。

キシリュウオーファイブナイツ

 遂に五体合体ということになりましたが、ここに至るまでに6話経過していること自体、近年ではやや珍しい展開だと思います。ただ、キシリュウオーはティラミーゴ単体でもロボとして成立するので、満を持してという感覚は少々薄まっています。ここは商魂展開のスピードを考えると仕方ないところではありますね。

 必殺技は非常に格好良かったです。ちゃんと剣技で締めていたのは良かったですね。どうかこのあたり、今後も「騎士」を忘れないようにして欲しいものです。

 一方で、コウにとってタンクジョウとの決着を復讐からの解放としたのは、巧い一方で少し足早だったような気もします。そもそもコウは命を守ることに関しては徹底していましたし、明るく優しいヒーローであることは強調されていましたので、ちょっと不自然でしたね。今シーズンは文芸の徹底が不十分かな…。

次回

 次回より新展開。次々と幹部が交代していくパターンは、その上に何らかのボス的存在があって安定するものですが、まだそのような存在には言及されておらず、一抹の不安が残るところですが…。果たして!?



投稿者: SirMiles

【マー 🏃 SirMiles / Masafumi Fujimura / https://sirmiles.com / maruzoku】 Run、音楽、プラモ。趣味は広く浅く。生業はIT系。

ディスカッションに参加

6件のコメント

  1. トワとバンバの合流があっさりとしたものにならなかったのは、ひと安心。ただ、五人勢ぞろいの名乗りは、文句なく格好良かったですね!
    ケルベロスマイナソーが双子だったという点は、私もちょっとモヤっとしたのですが、理屈としては通っていて、おっしゃるとおり展開としては無理がないんですよね。せめて前回に伏線っぽい描写があればよかったのですが。
    いやもう、ほんと何やってんの長老・・・(大汗)。最大のツッコミポイントにして、ギャグパートでした。てか、他の住人たちのことはいいのか(汗)。
    キシリュウオーも、剣主体の必殺技は貫いてほしいですね。後々、さらにゴテゴテになるんでしょうけど、全必殺ビームだけは、今回は勘弁してほしい・・・。
    序盤とは言え、少々粗が目立ちますが、某ラジオでティラミーゴ役のてらそままさきさんが、今後ティラミーゴがしゃべるようになる、とおっしゃっていたので、敵側ふくめ色々と変化はしていくのだと思います。

    1. 5人が揃うと壮観でしたね! やっぱり戦隊の基本が実現するとテンションも上がります。

      私も、双子ケルベロスに関しては「前回に伏線が欲しかった派」です。何となくご都合主義感が強くなってしまいました。

      長老は、これから先もギャグ担当として頑張って頂きたいところですね(笑)。本来団時朗さんはコメディが物凄くお上手な俳優さんですし。

  2. 第1話だけのゲスト出演で後半もしかしてと思ってましたが、序盤にて早速の郷秀樹さん登場でしたね。
    何?郷さんじゃなくて団さんだって・・・いや、郷さんが帰ってきたに決まってるじゃないですか、(おいおい)
    ただ、残念なのは両手をクロスさせて、バンダナを頭に巻いた元の姿に戻らなかった事ですか(それ、少年探○団)
    まあ、それだけ嬉しかったです、ハイ。

    それはともかく、次週さっそくのヒロイン2人目登場ですか。
    さすがに今回の二人ではちょっと弱いと思ってたので、これも嬉しかったで・・・って、えっ?ゲストだって、そんな~(涙)

    それではまた

    1. 帰ってきた郷秀樹でいいと思います(笑)。一時期、団さんもかなり恰幅が良かったのですが、最近はまた昔のスリムな体型になられて、めちゃくちゃ格好良いです。

      怪人20面相でしたっけ? さすがに私はそこまで頭が回りませんでしたよ(笑)。ロボット8ちゃんの青井博士はすぐに思い浮かびましたが。

      女性ゲストはどんどん増えて欲しいですね。ハロプロOG界隈も賑やかになってきましたね!

  3. クレオンがYoutuberを目指してる。。。

    この先、動画を使って何かを仕掛ける、という展開でもあったりするのでしょうか。相変わらず不思議なキャラクターです。

    そしてタンクジョウとの会話では、まさかのカメラ目線ツッコミ!

    これは私的にはなんかグダグダな感じで違う感じ、と思いました。

    今回のメインイベント「THE・長老」に関してはもう、コウたちが言った通りで。初回に見せた威厳が・・・泣

    せっかく団さんと吹越さんの2人がいるので、ボケとツッコミ、緊張と緩和、コメディとハードボイルドといった担当分けは番組の雰囲気を守るためにも統一してほしいなぁと思います。

    とりあえずは次回の美女二人に期待しましょう。笑

    1. 今後、ういとクレオンとで一悶着ある感じでしょうか? 動画自体が多くの人々に影響することが分かっているので、色々な展開を考えられますよね。

      今シーズン、なんとなくギャグのキレが悪いのは、ちょっと残念なところですね。設定的になかなか難しいんでしょうけど…。団さんと吹越さんという素晴らしい「コメディアン」がいらっしゃるので、もっと生かして欲しいなぁ…と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return to Top ▲Return to Top ▲