スター・ウォーズのメカニック系は、ビークルモデルのみにしようと決めていたのですが、スカイウォーカーの夜明けであんな風に出てくるものですから、我慢できずに買ってしまったのが当キット。

 シリーズのアイコンの一つであり、X形に展開する主翼というSFマインドを喚起しまくるデザインは、日本の特撮作品にまで様々な影響を与えることになった「偉大な発明」ですね。



キットの仕様、塗装など

 バンダイのスター・ウォーズ・ラインナップにおける最初期のモデルですが、このシリーズは当初から優秀な設計だったことを窺わせます。

 ハイディテールな割に少ないパーツ、組み立てやすさを重視した構成に加え、玄人のカスタマイズを受け入れる懐の広さも美点。ビークルモデルよりも大きいので、仕上げ次第でより説得力のある完成品となります。デカールが付属するのも嬉しい点ですね。ビークルモデルはすべてシールですから、仕上がりが段違いになります。

 塗装は水性系塗料のパターンにて。アクリジョンベースカラーのグレーをサフに、同じくベースカラーのホワイトを黄色や赤の下地とします。ベースとなる機体色は、水性ホビーカラーのホワイトとガルグレーを1:1程度で混色したものを使用しています。キャノピーの枠はミディアムブルーそのままですが、攪拌が足りなかったのか、ちょっとあざとくなってしまいました。

 汚れが肝になるので、スモークグレーでうるさくなるくらい入念にシェーディングした後、フラットベース投入のつや消しクリアでトップコート。その上からウェザリングカラーでウォッシングしています。

各部ショット

 というわけで、スター・ウォーズのプラモデルの連続でした。実はまだボバ・フェットのスレーヴ1、そしてヨーダを積んでいたりします…。



投稿者: SirMiles

【マー 🏃 SirMiles / Masafumi Fujimura / https://sirmiles.com / maruzoku】 Run、音楽、プラモ。趣味は広く浅く。生業はIT系。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return to Top ▲Return to Top ▲