超時空要塞マクロスに登場する、いわゆる敵メカ。

 ゼントラーディのパワードスーツの中ではそこそこ操縦性・生存性が高いという設定ですが、劇中ではあんまり目立たない存在なのが残念。そもそも、紫と黄土色の設定カラーで登場することがなく、グリーンで塗られた機体の方が有名です。

 劇場版では大幅にリファインされ、ほとんど別物になっていましたが、そちらに関してはキット化に恵まれていません。

 ヌージャデル・ガー(商品名は中点なしです)のキットは、放送当時イマイから発売されており、私も買って作った記憶があります。そのイマイの金型をバンダイが引き継いで、現在も定期的に再販されているわけです。



キットについて

 同時期のバンダイ旧キットとも、かなり違う作り応えです。イマイキットは結構繊細な印象でモールドも流麗。ランナー状態で眺めるとウットリするほど(笑)。ただ、繊細であるが故に接着面がシビアだったりと、サクサク作っていくには不向きだったりもします。ちなみに関節可動のギミックは、結構工夫されている箇所多めの印象です。

 前述のとおり当時も買いましたが、当時は買ってはみたものの、その良さが全然分からなかった覚えもあります。マクロスの花形はやはりバルキリーであり、ちょっとマニアックなのがデストロイドとゼントラーディの戦闘ポッドといった感じでした。このヌージャデル・ガーは極北といったイメージでしたかねぇ…。

 あと、デカールが付属するのは、今となっては嬉しいですが、小学生には難し過ぎましたね。

改造、塗装について

 バンダイ旧キットと勝手が違うというのもありますが、そもそも構造が普通のロボットではないので、ほぼ素組みに近いです。プラ軸のKPS置き換えも強度面を考えると難しかったので、塗装の厚みで関節の摩耗に抵抗するという感じになりました。

 ただし、股関節と足首(?)はHOBBY BASEの関節技ボールジョイントに置き換えました。足首に関しては当初その予定はなかったのですが、左右を組み間違えるという大失態を冒したので、やむを得ずの処置でした。おかげでかかとのパーツに角度を付けなければ接地できなくなりました…。

 塗装の方は、水性サフのグレーで下地を作り、水性ホビーカラーで基本塗装をしています。パープル、あずき色、明灰白色(1)、RLM75グレーバイオレットが基本色で、差し色にブラック、ガンダムイエローを使用しました。小型レーザーマシン・ピストルは79番のサンディイエローです。ゼントラーディ兵もそれらと同色で、顔の色のみ薄茶色としています。

 シェーディングはいつもどおりスモークグレー、墨入れはMr.ウェザリングカラーのマルチブラック、トップコートはフラットベース増しのつや消しクリアーです。

 このカラーリングは、本編第30話「ビバ・マリア」に登場したものをベースにしています。単純にグリーンのものや設定カラーより格好いいなと思ったからです(笑)。

各部ショット

 股関節をボールジョイントにしましたが、角度を広げても内股に見える独特の曲線が面白いです。

 デカールに関しては今後の課題で、直接水性ホビーカラーのつや消しコートをすると、デカールと塗装とで質感が全く異なるものになってしまいました。段差も結構目立つので、一旦つや消しでないクリアーでコートした方が良いかも知れません。

 リアビューはさらにグラマラスな雰囲気。バーニア等が別パーツになっているので、塗装もしやすく、また精密感があります。

 あまりアクションには向かないキットですが、ある程度の雰囲気を演出することができます。

 背中の「中口径速射インパクト・キャノン」は前方に展開することができます。ここも精密感のあるギミック。

 上から見るとこんな感じに展開しています。

 ゼントラーディ兵を載せることもできますが、実は上半身のみ。顔の造形はなんとなくミリタリー系プラモの趣があって面白いですね。

 ハッチ開閉は選択式となっていますが、プラ同士のテンションでなんとなく固定することができるので、あえて接着せずに完成させるのも良いと思います。こういうギミックが残っていると、世界観を楽しめますよね。

 旧イマイキットは数年前の再版分を積んであるので、まだまだ残っています。今回はかなり失敗しましたが、この経験が活かせると良いなーと思っています。



投稿者: SirMiles

【マー 🏃 SirMiles / Masafumi Fujimura / https://sirmiles.com / maruzoku】 Run、音楽、プラモ。趣味は広く浅く。生業はIT系。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return to Top ▲Return to Top ▲