トランスフォーマー・オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

 これまで、トランスフォーマーの、それもバイナルテックやマスターピースを専門としたサイトを運営してきましたが、これからこちらに書いてみることにします。というわけで、以下の記述は前述のサイトの焼き直しです。

 また、FLASHでギャラリー的なものを作ってみたので、トランスフォーマー系はそれを用いて紹介してみようと思います。擬似的にアングルを変更出来るようにしてみましたが、写真の露出調整がダメダメなのは御容赦を。

 バイナルテックのエッセンスを継承したオルタニティは、バイナルテックで培われたリアルなミニカー路線と、2007年度劇場版のアイテムで培われたリアルなロボット路線(そして変形のし易さ)の融合とも言うべきシリーズ。ちなみに、オルタニティはバイナルテックの海外展開名である「オルタネイターズ」を踏襲したものと思われます。

 第一弾は、トランスフォーマーファンのみならず、多くのトイファンにアピールしやすいキャラクターである「コンボイ」に決定。人気車種であるGT-Rをカーモードとして選択するなど、入念な企画が伺えます。

 ビークルモードのスケールは1/32となり、バイナルテックの1/24よりかなり小さくなりました。また、基本的に外装はプラスチック製となり、強度が必要な部分にダイキャストが用いられるなど、バイナルテックにおける質感重視の傾向を受け継ぐのではなく、強度や遊び易さが重視されています。しかしながら、外装は全面的に塗装されており、ミニカーとしての完成度はちゃんと追求されているのが嬉しいところです。

 変形プロセスは、複雑すぎるきらいのあるバイナルテックより数段簡単になりつつも、各パーツの動きは非常によく練られており、シルエットの変化が重視されています。また、売りである「シンクロテック機構」は、劇場版アイテムの「オートモーフ」を取り入れた形となっており、複雑な変形手順を省略するのに一役買っています。

 ロボットモードは、初代アニメのイメージ再現に務めたバイナルテックとは全く違うアプローチになっていおり、むしろ、劇場版の実写CGのイメージを反映させた印象でまとめられ、フィギュアとしてかなりクールなものになりました。この傾向により情報密度が高くなった為、バイナルテックよりもむしろ精密感が出ており、その満足度は高いものとなっています。

 物語の方は、もう殆どコアな同人系と化しており、私の理解の範疇を超えてしまっています(ちゃんと読めば分かるのでしょうが、面倒…笑)。

 とりあえず、コンパクトなラインでこれだけのものが出てきたという点で、高く評価しておきたいと思います。

※インラインフレーム、FLASHプラグイン、JavaScriptの全てが有効なブラウザでないと、下のギャラリーは閲覧出来ません。

※ギャラリーが閲覧出来ない方は、「続きを読む」にて、同内容のWebページを見ることが出来ます。



 「カーロボ」の基本線に2007年度劇場版のディテールを取り入れた、新しい感覚。シルバーとブラック中心のカラーリングがクールで、劇場版との近似性を見せる。

 リアビューでは、カーモードの上部パネルが殆どそのままなのが分かる。

オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

 ビークルモードは、NISSAN GT-R アルティメイトメタルシルバー。スケールはバイナルテックより小さくなったが、ディテール密度はバイナルテックを上回っている。

 GT-Rの意外にマッシヴな外観をしっかりトレースしていることが分かる。

オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

 上半身。シルバー仕様の場合、コンボイの頭部として造形されつつも、劇場版の別のキャラクターに見える。コンボイのキャラクター性とカラーリングが既に不可分であることの証左だ。

オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

 腕部には「対ハイセリオン徹界タキオンブラスター」を装備。展開が可能。

オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

 ポージング性能は高い。クリックが設けられており、大胆なポーズでも固定できる。ただし、ポーズによっては接地性に難がある。

オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

 ビークルモードでは、各部を展開可能。このあたりはバイナルテックの仕様を忠実に受け継いでいる。

オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

 各部展開時のリアビュー。ドアの開閉ギミックは、トミカのような仕様になっており、その感触が小気味良い。

オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

 インテリアの再現も同スケールのミニカー並に行われている。

オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

 トランスフォーム開始。

オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

 まずは腕部がドアとシート部に変形。

オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

 上半身を伸ばすシンクロテック機構が、非常に小気味良い。

オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

 脚部を複雑に収納してリア部に。ただし、変形手順自体は煩雑ではない。

オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

 ビークルモード完成。



投稿者: SirMiles

【マー 🏃 SirMiles / Masafumi Fujimura / https://sirmiles.com / maruzoku】 Run、音楽、プラモ。趣味は広く浅く。生業はIT系。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return to Top ▲Return to Top ▲