トランスフォーマー・オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック

 オルタニティ第二段のメガトロンは、シルバー仕様とブルー仕様の同時発売を経て、しばらく後にこのブラック仕様が発売されました。

 例によって、詳細なギミック等の記述はシルバー仕様に譲り、主にカラーリングについて述べてみようと思います。

 ブラックの色合いの違いに言及するのは非常に難しいのですが、やや実車よりも黒の度合いが強いように感じます。全体的に、コンボイモデルのブラックと、色合いは大差ないようです。

 ロボットモードは、ブラックのメガトロンというより、古いファンにとっては「ニューミクロマン」版「ガンロボ」のカラーリング。アクセントのカラーはレッドになっているので、多少イメージは異なりますが、ガンロボ版のカラーをイメージしたブラックバージョンは、いくつかの商品で展開されているので、恐らく今回もそれを意識していると思われます。

 メガトロンはとりあえず、今回で打ち止め。次回はSUZUKI SWIFTモデルです。

※インラインフレーム、FLASHプラグイン、JavaScriptの全てが有効なブラウザでないと、下のギャラリーは閲覧出来ません。

※ギャラリーが閲覧出来ない方は、「続きを読む」にて、同内容のWebページを見ることが出来ます。



 コンボイは実写劇場版シリーズのエッセンスを強く感じさせるものだったが、メガトロンに関しては、割と保守的な造形になっている感がある。ブラックのカラーリングは、意外にもメガトロンのイメージから随分遠いように思える。

 リアビューでは、コンボイ同様、カーモードの上部パネルが殆どそのままなのが分かる。

オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック

オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック

オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック

オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック

オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック

オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック

オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック

オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック

 ビークルモードは、NISSAN FAIRLADY Z ダイアモンドブラック。変形用の分割線が更に目立ちにくいパーツ配置になっており、コンパクトさに伴うトータル感が強く出ている。

 FAIRLADY Zの微妙な曲線が各パーツに落とし込まれ、かつ全体的にうまく繋がっている。

オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック

オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック

オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック

オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック

オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック

オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック

オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック

オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック

オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック

 上半身。剣を手に戦い、全体的に鎧をまとったイメージは、メガトロンよりむしろ「ブラジオン」系。メガトロンとブラジオンは微妙に関係のあるキャラクターだ。頭部造形は正にメガトロンだが、ブラックが基調なので別キャラにも見える。

オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック

 腕部には「グラビタルブレード」を装備。展開が可能。

オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック

 二刀流の剣は「テセラクタルソード」という名称。ポージング性能はコンボイよりもむしろ高く、足首の関節により接地性も高い。

オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック

 ビークルモードでは、各部を展開可能。ただし、リアハッチの開閉は不可。

オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック

 各部展開時のリアビュー。リア側ディテールの密度が心地良いレベルでまとまっている。

オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック

 インテリアの再現も同スケールのミニカー並に行われている。

オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック

 トランスフォーム開始。

オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック

 まずは腕部がドアとシート部に変形。

オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック

 上半身を伸ばすシンクロテック機構で、胸部パネル等が同時に収納される。

オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック

 脚部を複雑に収納してリア部に。コンボイモデルよりも手順は複雑だが、決まり具合は良好。

オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック

 ビークルモード完成。



投稿者: SirMiles

【マー 🏃 SirMiles / Masafumi Fujimura / https://sirmiles.com / maruzoku】 Run、音楽、プラモ。趣味は広く浅く。生業はIT系。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return to Top ▲Return to Top ▲