トランスフォーマー・オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー

 オルタニティ第三段は、まさかのバンブル。実車映画でのバンブルビーの人気振りを反映してのラインナップかも知れませんが、元々バンブルは超人気キャラクターですからね。

 このSUZUKI SWIFT SPORTモデルは、レッド仕様との同時発売。今回初めて、単なるカラーバリエーションではなく、別キャラクターによる展開を見せています。レッド仕様にはクリフが割り当てられ、往年のミニボットのコンビを思わせるリリースが、旧来のファンには嬉しいところです。

 ビークルモードは、SUZUKI SWIFT SPORT。バイナルテックを含めたこれまでの高級スポーツカー路線とは、一線を画すセレクトが楽しいです。試作モデルが披露された際に、パーツの合いが心配されましたが、改善された製品版も完璧とは言い難く、このあたりは前2体よりクォリティダウンと言えそう。また、イエローの塗装にもう少しグロス感が欲しかったところです。

 ロボットモードは、往年のバンブルのスタイルを彷彿させるパーツ配置ながら、かなりスパルタンなイメージとなっており、パワフルです。上半身はいかにもG1、下半身は実車映画を彷彿させるディテールで、実に面白くカッコいいスタイルになっています。

 前2作が同様の変形パターンであったのに対し、このモデルは旧トイをかなり意識した変形パターンになっています。ボリュームあるロボットの四肢が、たちまちコンパクトなクルマに収納されていく様子は小気味良く、ギミックも良く練られています。ただし、シンクロテックが今一つで、ギアの噛み具合が曖昧だったり、注意しないと変形不能に陥るハメになります。特に車体から脚部を引き出す際には、運転席のハンドルが下部に巻き込まれると、ネジを外しての大手術になってしまうので要注意。ラチェット君の手を煩わせないようにしましょう。なお、かなりの指の力と勇気も必要です。

 それでもバイナルテックよりは、変形に気を使わないレベルです。後はビークルモードのパーツの合いが良ければ完璧だったのですが…。

※インラインフレーム、FLASHプラグイン、JavaScriptの全てが有効なブラウザでないと、下のギャラリーは閲覧出来ません。

※ギャラリーが閲覧出来ない方は、「続きを読む」にて、同内容のWebページを見ることが出来ます。



 挑戦的なコンボイモデル、メガトロンであることの記号を重視したメガトロンモデルに対し、バイナルテックの方向性に回帰したかのような「分かり易い」バンブルの造形。

 リアビューでは、いわゆる「ガワ」をコンパクトかつ効果的に処理した痕跡を見ることが出来る。

オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー

オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー

オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー

オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー

オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー

オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー

オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー

オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー

 ビークルモードは、SUZUKI SWIFT SPORT チャンピオンイエロー。これまでのモデルと比べ、ややカッチリ感に欠ける。

 イエローのカラーリングは、割とマットな質感になっており、クリフのレッドのメタリック感に比べると、少々チープに見える。

オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー

オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー

オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー

オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー

オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー

オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー

オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー

オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー

オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー

 上半身。肩部を除けば、初代アニメに登場したバンブルに非常に近似したイメージでまとめられている。頭部はややシャープなイメージだが、柔和だ。

オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー

 武器を所有しているイメージに乏しいバンブルには、このコンパクトな二丁拳銃がフィットしている。この銃は「クロムヴェノム・スティンガーガン」という名称。

オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー

 可動部は多いものの、やや関節部がタイトなので、大胆なポージングは制限される。ある程度動かしてやれば、かなりのパフォーマンスを期待出来るかも知れない。

オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー

 ビークルモードでは、各部を展開可能。ストレスなく全てのハッチをオープン出来る。

オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー

 各部展開時のリアビュー。リアハッチ内部にある足部が意外にバゲッジっぽい感じで微笑ましい。

オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー

 インテリアの再現も同スケールのミニカー並に行われている。足元はやや厳しいが…。

オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー

 トランスフォーム開始。

オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー

 背部を跳ね上げ、腕部を収納してリア部側面へと変形。

オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー

 後ろへ倒れこみ、肩部を完全に収納してリア部を形成。

オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー

 リア部の変形がほぼ完了。ここからフロント部の変形を開始。

オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー

 シンクロテックを用いつつフロント部を収納し、ビークルモード完成。



投稿者: SirMiles

【マー 🏃 SirMiles / Masafumi Fujimura / https://sirmiles.com / maruzoku】 Run、音楽、プラモ。趣味は広く浅く。生業はIT系。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return to Top ▲Return to Top ▲