快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #25「最高に強くしてやる」

 前回ラストの強烈な引きにより、後編の趣を見せてくれる一編。

 事件自体が前回でひと区切りついているため、テーマ等は一見離れているように見えますが、実は前回のやり取りをちゃんと継承していたりして、単なる新ロボ登場編とは到底片付けられない魅力と発見に満ちていました。

 夏休みシーズン突入編としての連続編は、実に見事な構成だったと言えますね。



ライモン・ガオルファング

 ライモン軍団の長。モチーフは普通にライオンでした。先日、ライムとかレモンとか言ってましたが、よく見なくてもそんな意匠はどこにもなく…。失礼致しました。

 その強さのほどは素晴らしく、超巨大化能力を備え、身体の各部に兵器を隠し持っているなど戦闘に特化してはいるものの、ボスの座に納まるほどの知略はあまり持ち合わせていないという描写がいいですね。ただ、ドグラニオに一目置かれてはいたようで、ライモンが敗れた際にドグラニオが人間たちの戦力を少し警戒するようになる場面も。物語の連続性が、少しばかりではあるものの、ギャングラー側にも波及しているのは面白いところです。

 その戦闘力にプラスし、ルパンコレクションの力によって不死身になっているというのが巧みで、コレクションさえ奪えば不死身の能力がスポイルされるという、今シーズンならでは…と言うより、今シーズンでなければ成立不能な攻略法を編み出しているのが本当に素晴らしいところです。

 そして、このルパンコレクション回収に至る段取りが、一筋縄ではいかない! 優れたプロットというのは、正にこういうものなんですよね。

 巨大戦では、新登場のグッドクルカイザーVSX相手に壮絶な市街戦を繰り広げるなど、中盤のクライマックス担当のお手本とも評すべき振る舞いを見せてくれました。とにかくCGとスーツ両面で展開されるスピーディな戦闘は見応え充分以上。等身大アクションで印象的に用いられるカメラワークを巨大戦に持ち込み、ある意味分断されて然るべきな両戦の連続性を印象付けたのも、かなり新鮮でした。

魁利とノエル

 矢面に立ったノエルが重傷を負い、魁利の部屋に匿われているというのが冒頭の流れになります。一見完璧で余裕たっぷりに見えるノエルですら、身動きが困難になるほどの強敵が登場したという印象を巧く短い尺で表現していると思います。

 そして、ノエルの真意は相変わらず秘匿されているように感じられるものの、実はルパンコレクション回収の目的は魁利たちと同様という「覚悟」のほどが語られました。初美花、そして透真との、丁寧に語られた信頼関係の構築に続き、魁利とも「快盗という肩書の上での」信頼関係が構築されることになりました。まさかここでそう来るとは思ってもみなかったので、驚きでしたね。さすがは2クール目ラストといったところでしょうか。

 なお、ノエルが身を賭してライモンの金庫を解錠する術(ダイヤルファイターを二つ使って6桁の暗証番号を解読する)を見付けるシーンでは、詰め寄る魁利を透真が静止するカットも。これはノエルがその道のプロであることを知っている透真ならではの行動で、実に熱くなるわけです。

 魁利は、自分が囮になって透真と初美花に開けさせようとしましたが、それはライモンに読まれていて失敗(ここでもライモンの強さが表現されていて見事)。魁利は単独で何とかしようと奮闘しますが、ここでまさかの…。

共闘!!

 利害一致。

 つかさはルパンレッドの無謀な行動に思うところがあり、ルパンコレクション回収に協力することを提案します。このルパンレッドに対する思いは、前回からの直接的な繋がりを示唆しており、非常に巧いですね。

 感情的になる圭一郎は当然反対しますが、咲也は警察戦隊の第一義(ギャングラーの殲滅)からコレクション回収の意義を理屈で理解しており、その進言によって圭一郎も渋々承諾するという流れが本当に素晴らしいです。

 ルパンコレクションさえ回収してもらえば、ライモンを倒すことが可能になるという、利害一致の鮮烈さは今回の「発明」ですね。

グッドクルカイザーVSX

 両者の共闘はグッドストライカーの飛来によって、より明確なビジュアルとなって登場します。それがロボの新形態であるグッドクルカイザーVSX。

 いわば現時点での全合体に相当する形態となりますが、ここに至るドラマが理知的かつ高熱量なので、実に自然な登場でした。コクピットでのレッド同士の諍いも微笑ましければ、パトレン3号に交替した途端に大人しくなるルパンレッドといった絶妙な「間」も最高で、まさかの魁利&つかさのカップリングが何ともヤキモキさせられるところです(笑)。

 その戦闘シーンについては前述のとおりで、新しい画作りが鮮烈に印象付けられるものとなりました。

ルパンコレクション

 しばらく考え込んでしまいましたね…。

 公式サイトにある「超重傷」と「ライフタンク」というワードが、「超獣戦隊ライブマン」を匂わせるという仕掛け。つまり、今回のコレクションはツインブレスというわけです。

 その形状から推察するのは、ちょっと難しすぎると思います(笑)。

次回

 初美花とノエルがオークションに参加するという、ルパンらしい筋書き。「ルパン三世」や「007」、「スパイ大作戦」では常套句のごとく繰り返し登場するハイソサイエティな催しなので、どう描かれるのか楽しみです。

 



投稿者: SirMiles

【マー 🏃 SirMiles / Masafumi Fujimura / https://sirmiles.com / maruzoku】 Run、音楽、プラモ。趣味は広く浅く。生業はIT系。

ディスカッションに参加

8件のコメント

  1. ライモン自身は普通に強い敵であり、それをフォローするかたちでコレクションを使っているところが、うまい組み合わせでしたね。意外と本人の能力とルパンコレクションをここまで上手に組み合わせていたギャングラーはいなかったような・・・。
    ザミーゴが天敵というのは、凍らされてしまっては超再生も意味がないからなんですね。
    巨大戦でのフルCGは出来がすごかったです。戦闘シーンで敵も含めてのCG演出は戦隊では初なんじゃないでしょうか?個人的にはフルCGの多様は避けてもらいたいのですが。せっかくの特撮ですし。
    グッディの席替えには笑わせてもらいました。こうして両戦隊が並んでいると、ノエルの立ち位置は絶妙ですね。どちらかのレッドだけをメインにするわけにはいかない今作において、双方の敵であり味方であり、間を取り持つというか・・・。

    で、次回も楽しみではあるのですが、我々関西人は、これより暫く甲子園時空という異世界に引きずり込まれてしまうので、当分こちらにお邪魔することができなくなりそうです。
    実はこの時期、高校野球の中継が入るため、関西圏ではその間、ニチアサの放送が休止になってしまうのです。この甲子園あるある、私らにとっては昔っからの常識だったのですが、実は関西圏のみだったという衝撃の事実が知らされたのは、なんとネットが普及し始めたここ十年ほどだというウソのようなホントの話。
    それでも去年までは放送時間が早かったので戦隊は休止を免れていたんですが、今年からはプリキュアから戦隊まで全滅で・・・。仮面ライダーはクライマックスの時期なのに・・・、しかも今回は100回記念大会で例年より期間が長いし・・・。いや、高校野球も好きなんだけども。
    なんかスンマセン、愚痴ばっかりになってしまって・・・。
    ど う し て こ う な っ た。
    おのれディケイドぉぉぉぉぉぉ!

    1. 凍らせたら不死身も何もないという展開、「バトルフィーバー」のヘッダー怪人を思い出します。凍らせた後の鉄山将軍の「焼き尽くせ!」という指示が素晴らしい(笑)。

      ノエルに中立性があるかどうかはさておき、ポジショニングとしては正に仲介者なので、本当に絶妙だと思います。エックスエンペラーが仲介して今回のVSXも完成したとも解釈できますね。

      ところで高校野球ですが、振替放送はあるんでしょうか??
      近年は公式アプリとかのネット配信でフォローしてね…な感じなのでしょうか。

      いずれにせよ、お察し致します…。

      1. 振替放送については、甲子園大会終盤になって試合が少なくなったころにまとめて放送することになってます。
        なので、その時だけは、なんか得した気持ちになりますね(苦笑)。
        例年では、二話連続とかになるんですが、今年は三話連続かなぁ···。

  2. とうとう登場したライモン・ガオルファングですが、まだライモン軍団にはタッチ・ヒーローシーとカン・ダマサキーがいるとか(ウソ)
    さて、いつも面白いルパン対パトレンですが、今回は更にその上をいく展開でしたね。
    さすが、あの三谷幸喜がはまっているというだけの面白さです(嬉)
    あと、カクレンジャーの鶴姫こと広瀬さんはパトレンジャーにはまっていて、広瀬さんの子供はルパンレンジャー好きだそうです(笑)
    もう、ここまでやったら最終回あたりはどうなるんだろう
    (尻すぼみだけはゴメンですけど 汗)
    パワー系の幹部(?)ライモンが退場した後は、知将タイプの幹部が登場するのがパターンですけど、ザミーゴは知将タイプというより、性格破綻者のような気も・・・
    次回も楽しみですね、それではまた

    1. ライモンには裕次郎さんの貫禄がなかったので、多分ゴダイタ・カユキー(バルイーグル)も含めて出ないと思います(笑)。

      広瀬さん、最近のシュシュトリアンのイベントレポを読んだんですけど、本当に色んな意味で可愛らしい方だなぁ…としみじみしました。今現在の三姉妹でのドラマを観たい!!

      知将タイプ、出ますかねぇ?? 確かにギャングラーには知恵者がいないので、出ると面白いんですが…。

  3. 今回はやっぱり共闘が素晴らしかったですね。

    つかさの提案に圭一郎は不満有りそうでしたが素直?に従ったのは以前の「守るべきは自分のプライドじゃない」ということを思い出したからでしょうか。

    もしそうならば、しっかり成長している感じがしますね。

    しかしながら圭一郎が「愚直?に熱い」からこそ怪盗が「クールで華麗」に見えると思います。

    まぁ、実際は怪盗も秘めたる想いはものすごく熱いのですが。

    全合体は「席替わります」がツボで、話の展開次第ではこの先咲也と初美花が・・・いや、これは無さそうですね。

    私も関西人なので、竜門さんと同じくこれからしばらくは甲子園時空に引きずり込まれていきます。泣

    日曜日に放送できなかった分は平日に放送されるので、スケジュールを公式でチェックしておかなければ・・・汗

    1. こういうロジカルな共闘ならば大歓迎ですよね。

      圭一郎の人間性は、ルパン側をメインにした時、あまり表立って描かれない分、想像する余地があって面白いです。今回は正に仰るとおりの葛藤があったと思います。

      甲子園時空、なかなか手強いですね!
      今年の超灼熱地獄にあっては、高校球児たちが気の毒でならないのですが…。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return to Top ▲Return to Top ▲