快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #26「裏のオークション」

 夏休み編ということなのか、意図的にちょっと弾け気味の、本流から外れた挿話を展開してくる時期ですね。今回は初美花とノエルのカップリングで、ノエルの主役回とも言えるエピソードを打ってきました。

 全編、快盗本位で流れつつ、非合法オークションの落とし前は警察に付けさせる(ただし、役割は完全に裏方扱い)という、巧いチーム配置が光ります。警察側にとってはやや中途半端で不満もあったものの、ノエルが双方に華を持たせるというのは良い結びで、今回が本流ではないことを利用した「特に対立のない展開」が心地良いですね。



グリスト・ロイド

 リス怪人ですね。殆ど例を見ないモチーフではないかと思いますが、どうでしょう??

 ネーミングの元ネタは、多分「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のドクことクリストファー・ロイド氏だと思われますが、そこが特にストーリーやキャラクター付けに影響しているというわけでもなさそうですね。

 松ぼっくりを両腕に配し、どんぐり状のハンマー(?)を武器にするという、字面にすると可愛らしいヤツですが、ビジュアルは結構醜怪な面構えで、モチーフの消化方法に関する妙技を見せつけられました。

 結論から言うと、このグリストこそが落札直後のルパンコレクションを奪い去った「犯人」だったわけで、人間態の真っ当な紳士風オークショニアは見事なミスリードでした。「顧客」として登場した4人の方が怪しいビジュアル(うち1人の、いわゆる外タレさんはデヴィッド・ボウイに似てて格好良いですけど)なのも、ミステリの常套句でしたね(笑)。

小切手

 今回の最も恐るべきガジェットは、コグレさんの持つ小切手でしょう。

 私はてっきり、グリストに渡した小切手自体も無効になるよう展開していくものと思っていましたが、結局商品代もオークション再開催の演出に用いられた手数料も、ギャングラーの手に渡ったまま終了してしまい、この程度は痛くも痒くもないというコグレさんの感覚が、空恐ろしかったですね。初美花が失神しそうになるのも分かります(笑)。

 アルセーヌ・ルパンの財力の凄まじさを感じさせる…というより茶化したようなパロディ感覚が楽しい一編でした。

ノエルの立場は

 今回は完全に快盗として動いています。勿論、「おこぼれ」を警察に渡して目配せをすることも忘れていませんが。

 特に今回は、非合法オークションの開催を察知した手段、ジムを本部権限で動かすといった点で、快盗としての活動を円滑に運ぶために、警察の立場を利用している感覚になっており、正にルパンコレクションの回収こそがノエルにとっての最終目的と言わんばかりです。そこは恐らく本当でしょう。今後、ノエルがそのポジショニングを何らか翻すことがあるとすれば、その「手段」が両チームの非難の対象になるとか、そういった面ではないかと予想していますが…。

オークション

 まずは初美花のドレスがいいですね! 普段着、快盗姿という二つの装いでは、当然快盗姿にエレガンスを感じられるわけですが、今回のドレスはそれを軽く飛び越えるものでした。用立てたのがコグレさんだったのかどうかは描かれていませんが、もしかすると経費として小切手を切った可能性も(笑)。

 オークションに参加する顧客の怪しさは、前述の4人以外のモブも充分満たしていて、様々な雰囲気のキャラが揃っていましたね。

捜査

 ここが今回の白眉。

 快盗でありながら、警察のような捜査をするという、エックスたるノエルならではの筋書き。初美花に記憶を頼りにした似顔絵を描かせて、それを元にジムへ照会を命ずるという、両方の立場を駆使できなければ実行できない行動でした。

 こんな感じで、プロットとしてノエルのポジショニングを納得させられるのはいいですね。似顔絵を頑張って描き終える初美花のひたむきさも実に素晴らしい場面でした。

 それにしても、今回はルパンコレクションがルーブル美術館所蔵品だったわけで、結局表向きには忽然と消えたことになってしまいます。透真の案のように、コグレさんが模造品を手配して美術館に返した可能性は、なきにしもあらずですが、果たして…??

ルパンコレクション

 今回は本当に美術品のような人魚像で、これまでのコレクションとは少し趣が異なるものでした。

 人魚ということで、候補は二つ。一つはチェンジマーメイド、もう一つはマジマーメイド(マジブルーの巨大変身)。公式サイトの「渚」の文字でほぼチェンジマーメイド(渚さやか)に確定。本体をよーく見ると、台座が思いっきりチェンジマーメイドの頭部を模していたので、完全に確定です。

 これまでガジェットをモチーフにしていたルパンコレクションですが、キャラクターのシンボル自体がコレクションになっているというのは、初ではないでしょうか。そういった意味でも異色ですね。

次回

 またまた透真のキャラ崩しか!?

 かなり制作陣に可愛がられていることが分かるエピソードですね。咲也とのカップリングは意外性たっぷりなので、要注目です。

 



投稿者: SirMiles

【マー 🏃 SirMiles / Masafumi Fujimura / https://sirmiles.com / maruzoku】 Run、音楽、プラモ。趣味は広く浅く。生業はIT系。

ディスカッションに参加

6件のコメント

  1. 今回登場のグリスト・ロイドですが、戦隊初のリス怪人ですね。
    あと、必殺技の
    「両腕からぼっくんモリモリ」
    ですが、もしかして東映不思議コメディーシリーズの
    「もりもりぼっくん」
    から名前を取ってるんでしょうか?
    とにかく、今回はリスらしく(?)軽い感じの話でしたが、特筆すべきは、やっぱり初美花のドレスしかないですね。
    この前の制服姿も良かったですけど、ドレスもなかなか(おいっ)
    あとは、水着姿が出てくれれば・・・やっぱり無いんでしょうね(涙)
    でも、昔の戦隊を彷彿させ、なおかつ最近の作品のセオリー破りを見せてくれるルパンVSパトレンだけにあるいは(待て)

    最後に、CMの圭一郎の演技がひどすぎるような(笑)
    それではまた

    1. もりもりぼっくん…懐かしいタイトルですね。
      ただ、私はそのあたりの不思議コメディを全く見ていないのが残念です。

      水着といえば、つかさ先輩の方は雑誌で見事なビジュアルを披露してましたね。
      近年は劇中でとんと見かけなくなったので、お父さんサービスよりもお母さんサービスの方に注力しているんでしょう、きっと…。

  2. 帰~ってきたぞ、帰~ってきたぞ~、ウ~ルト・・・

    高校野球に電波ジャックされているおかげであまりにも久しぶりすぎた状況に自分でもちょっと何いてるか分からない感じになってしまいました。すいません。(汗)

    現状は未だ甲子園時空の中にいながら準々決勝と準決勝の間に1日休養日がある、という試合日程の谷間に日曜日がリンクしたおかげで3週間ぶりに放送を見れました。

    昨日までのどこかで雨天順延が1回でもあったらこうなっていなかったわけで、そうなると今週中に一気に3話放送があるかも、という状況でした。

    とりあえず今日は5日放送分でしたので、今週中に残りの12日、19日分が放映されて、来週から同じ放送を見れる、という強行日程予定です。

    閑話休題。

    初美花は怪盗になっても年齢は18歳なわけで、その金銭感覚は今回のリアクションが普通である、と思えることが親しみを増しました。

    しかしながら恐るべきは似顔絵の画力!

    一瞬、ノエルの提案に「あぁそうか!」と思いましたが描きあがった絵から伝わる違和感・・・そうだ、絵が上手いのは親友のほうだった。と完全に初期設定を忘れてしまっていました。

    それでも容疑者を選出できる、という恐るべきは日本警察のデータベースとジムの処理能力の高さ。笑

    パトレン側は犯人をノエルに捕まえさせられた、という不満タラタラな感じですが、個人的には咲也の台詞に1票、ですね。

    ただ、今回の件は国際警察と日本警察の合同捜査で、でもノエルはそれを知らないはず、的な台詞があり、ノエル登場以前(サイクラーとバイカーの回)から言われている、警察内部に通報者がいるのでは、という疑念が再び湧いてしまっていることが少し気になります。

    次回放送について

    先週の放送後からルパパト出演者さんたちがTwitterでつぶやいている「レオタード」の文字が目に入ってしまい、気になって気になって仕方がなかったのですが、やっと気にすることができます。

    ここら辺でもSNSの善し悪しがあるとは思ってもいませんでした。笑

    1. 放送時間が不安定で大変のこととお察し申し上げます。

      初美花の庶民感覚は、快盗という肩書からするとミスマッチではありますが、それが良いんですよね。一般人がやむを得ずルパンレンジャーをやっているという感覚で。

      ノエルは日本の法規を超越した権限を持っている可能性はありますね。とにかくパリに本部を置く組織は、銭形警部や科学特捜隊など、超法規的な場合がほとんどなので(笑)。

      レオタード、お楽しみに!!

  3. 孤独の宇宙から、オー、今こそ帰ってきたぞ鋼の魂ーー。
    白秋さんと同じく、ちょっとだけ帰ってきました。まだ追いつくには到っていないんですが。それにしても、ビルドとの温度差が(汗)。

    ま、それはともかく、アウトローである快盗モチーフならではのお話でしたね。オークションのシーンではもうちょっとダークな雰囲気を出して欲しかったところですが。
    本文でも書いてらっしゃいますが、結局コグレさんの小切手はギャングラーの儲けになってしまっているんですよね。それだけコレクションに価値があるということでもあるんでしょうが・・・。こういう資金面の話をするのは、日本のヒーローではけっこう珍しいかも?
    国際警察と快盗の両者を利用するノエルのしたたかさが見えましたが、そうでもしないとここまで丸く治めることが難しかったことも事実。圭一郎は納得しないでしょうがね。

    1. フラッシュマンの主題歌を持ってこられるとは素晴らしい!
      温度差、ビルドの方は悲壮感たっぷりですが、相変わらず本筋はアッサリしてて分かり易いですね。

      オークションのシーンは、昔の007とかに出てくるお気楽な地下オークションに雰囲気を寄せていたように思います。どこまでヤバさを出すかは難しいところですね。

      資金面の話は戦隊ではおよそ御法度ですよね(笑)。ゴーグルファイブとかダイナマンは「博士の私財」ですし…。画面に小切手が登場したのは、ジェットマン以来でしょうか??

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return to Top ▲Return to Top ▲