騎士竜戦隊リュウソウジャー 第39話「奪われた聖夜」

 いやはや、遅くなりました…。

 総集編かギャグ編かの二択になりつつあるクリスマス編ですが、今回はギャグ編に近い感覚のライトな一編でした。それでいて、エピローグに少しだけ波乱の展開を匂わせるなど、なかなか鋭い演出が光っていましたね。



ウィザードマイナソー

 マジシャンから生まれたマイナソーで、何故かそのマジックでクリスマスの飾りを次々と正月飾りへと変えていくという、意味不明な作戦を遂行。

 意味不明ですが、今回のプロットにはなくてはならない存在。ゲストを通じてバンバを怒らせ、ケーキを通じてアスナを怒らせるという勲功を成します。

 巨大戦はガチレウスの担当だったため、このマイナソーは等身大戦でぶちのめされるという、報われない最期を遂げてしまいました。

ガチレウス

 その巨大戦担当はもっと報われない…。

 死んだと思ったら生きていて、大した働きもないままプリシャスに脅されて死地へと送られ、年末のロボ大販促戦にて消耗されるという、なんとも不運なキャラでした。

 ワイズルーとクレオンのコンビがあまりにもキャラ立ちしてしまったので、幹部たちがプリシャスすら含めて「その他大勢」になってしまったのは否めないところですね。今シーズン、敵側描写に今ひとつノれないのはこの状態が払拭し難い小規模感を醸し出しているからでしょうか。

小松彩夏さん!

 あかりという幼稚園の先生が登場。小松彩夏さん、相変わらずお美しい…。

 何故か「リュウソウジャー」は実写版セーラームーン関係者で賑わっていますが、今回もセーラーヴィーナスのネタが随所にあって盛り上がりましたね。

 バンバとの関係は全く掘り下げられることなく終わってしまいましたが、バンバのあのうろたえようからすると、浅からぬ関係なんでしょうね(笑)。

バンバ

 そのバンバは今回、これまで見られなかった描写のオンパレードで楽しませてくれました。

 あかり先生が一生懸命準備してきたクリスマスを奪われ、いつも一歩引いて冷静に物事を捉えている彼が完全に「暴走」する様子は、ギャグの一環としても楽しめますが、バンバの変化を感じさせる効果もあって重層的な魅力がありました。

アスナ

 坂本組ということで、サンタのコスプレをフィーチュアされた上に、これまでになく激しいアクションを展開。

 このアクションがまた物凄く、アスナがパワーファイターであることを完璧に表現していたので、もう大満足でした。さすが女の子のアクションを撮らせたら随一ですね(笑)。

 食い意地からの怒りも「らしく」て満足。多彩な表情も含めて尾碕真花さんの成長ぶりが感じられる一編でした。

次回

 次回は新春編というよりはいきなり危機的状況を描く一編っぽいですね。

 年末数ヶ月はこんな感じで記事も遅れまくりでしたが、来年もどうぞよろしくお願い致します。



投稿者: SirMiles

【マー 🏃 SirMiles / Masafumi Fujimura / https://sirmiles.com / maruzoku】 Run、音楽、プラモ。趣味は広く浅く。生業はIT系。

ディスカッションに参加

6件のコメント

  1. 照れるバンバの(イヤ~ッ)ラブ~のかお~り~♪
    や~って~来たのは~セ~ラ~ム~ン、ヴィ~ナス(違)

    思わず某イナズマンの歌を歌ってしまいましたが(汗)相変わらず小松彩夏さんは美しいですね。
    ぜひ捕まっていたぶられる姿が見たかった(おいっ)
    あと、サンタクロース姿のアスナが見れるとは(嬉)

    あれ?何か感想になってないような・・・まあ、いつもの事なんで、そこら辺は他の方にお任せします(待て)
    それにしても、ガチレウスは不憫なキャラでしたね。
    あそこ(宇宙空間)でやられていた方が印象強かったかも(おいおい)
    とにかくこの1年お世話になりました。
    的確でなるほど~と唸らされる解説が、毎回楽しみで楽しかったです。
    無理しない形で(毎週でなくても)続けていただけると嬉しいです。
    それではまた、来年もよろしくお願いします。

    1. イナズマン、メロディ付き再生余裕でした(笑)。

      小松彩夏さんのヴィーナスぶりは素晴らしいものがありました。沢井さん同様、特撮に出てくれると嬉しいですね。

      本年もよろしくお願い致します。
      ちょっと間隔開けつつ感想スレッドみたいな形ででも続けられればと思っていますので、宜しくお願い致します。

  2. 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
    細かいことは考えずに楽しく観られる、これもクリスマス回の重要な要素ですよねー。
    アスナ大活躍は坂本監督らしかったです。特に絶対領域が強調されていたのは偶然ではあるまい。バンバは、これまでキャラを崩さなかったことを生かしたギャグ担当に。真面目すぎる天然発言に爆笑でした。日曜朝の子供番組で「脱げ」はギリギリだぞ・・・。しかし、バンバは序盤に悲恋の話があったようななかったような・・・(汗)。
    戦隊のクリスマスと言えば、ルパパト衝撃の鮭回がありましたが、自分は気づかなかったのですが、ゼロワンの同日放送回は、なぜか鮭推しの演出だったようです。ルパパトの罪は重い・・・。
    実写版セーラームーンについては、上手いことをつぶやいている方がいました。セーラームーンはマスターに、マーキュリーは鎧武の姉に、ヴィーナスは幼稚園の先生に、そしてマーズはウルトラマンの嫁になってしまった。だそーです。

    1. 本年もよろしくお願いいたします。

      坂本監督のアイデンティティは「脚」ですから、アスナもその辺を強調したアクション(と格好)になってましたね(笑)。バンバの「脱げ」発言には期待しましたが、小松彩夏さんのグラビアに機会を譲りましょう。

      ゼロワンは録画がずっと溜まってて観ていないのですが、鮭推しだったようですね。しかも実世界でもイオンがサーモンを大々的に宣伝しているという、なんだかよく分からない状況でした。

  3. あけましておめでとうございます。

    本年もよろしくお願いいたします。

    無口、無表情、クールというキャラのバンバが感情をあらわにしただけでこの爆笑(失礼!)

    つくづくギャップとはものすごい力があることを思い知らされます。そしてそれは前回に続いて今回もアスナに色々とやられてしまいました。ほ~んと魅力が増しました!

    ツィッターでは新戦隊の情報が流れだし始めました。まだ詳しくチェックはしていませんが、毎年この時期に新番組情報を目にしてしまうと現戦隊の終焉が近づいてきている、と意識してしまいます。

    日常はバタバタし続けていますが、最後まで楽しみたいと思います。

    1. 本年もよろしくお願いいたします。

      バンバのようなキャラは、シリーズが半分過ぎたあたりから崩し始めるのが常套句でしたが、今シーズンはかなり温存してきたというか、大事にされている雰囲気がありますね。

      アスナは前半こそキャラのつかみどころに迷う感覚でしたが、やはり終盤ともなると安定し、さらに魅力を増していますね。今後にも俄然期待できる女優さんに成長しました。

      新戦隊は、今シーズン以上にオーソドックスな感があります。期待と寂しさが同居するこの時期こその楽しみ方もありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return to Top ▲Return to Top ▲