騎士竜戦隊リュウソウジャー 第40話「霧の中の悪夢」

 遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

 新年一発目のエピソードは、新春バージョンを全く押し出さない、通常回のような趣でかなり驚きました。最終クール突入としての特別感もなかったので、サラッと観られてしまいましたね。



サタンマイナソー

 「忘れ去られた呪いの鏡」から生み出されたマイナソーで、これまでの無機物系と共通の「付喪神」的なアイテムからの発生でした。

 このサタンマイナソー、「最強バトル」に登場した「究極大サタン」のリデコ・リペイントで、今回のプロットを含めてリサイクル感が満載なのでした(笑)。

 恐怖を吸収してさらに強化される無敵ぶりは、意図的に耳に馴染まないようにしたであろうビームの効果音も相まって、視聴者に恐怖を与えるに十分な迫力。どう攻略するかという、「リュウソウジャー」における見どころを物言わず潰していくところが目新しかったですね。

 コウたちが逆転への手がかりを掴んでからは、一気に敗退への道を突き進んでいきますが、巨大戦でもほとんど善戦する余地なく、最強のマイナソーという肩書もクレオンの戯れに収斂していく様子が少々悲しく感じられました。

メルトの悪夢

 幼少期のメルトを出して雰囲気たっぷりに演出されていたので、最終クール・恐怖の前兆として機能するのかと思いきや、何と今回のみの仕掛け! 正直それで良いのかとツッコみたくなりましたが…(笑)。

 この悪夢によってサタンマイナソーの姿が作り出されたわけで、ある意味、メルトも生み主の一人と言えるかも知れません。

 メルト由来故に、メルトが悪夢を払拭すべくノブレス化して戦うシーンは格好良さに満ち溢れていました。リュウソウカリバーがコウとカナロ専用というわけではないと明らかになり、俄然魅力を増したと思います。一方で、リュウソウカリバーが何らかの脅威の鍵として機能していることも(敵側の会話のみで)語られ、後の展開への言及になっていましたね。

 そして、ノブレスリュウソウブルーでも撃破不能だった意味は、今回のテーマとしてフィーチュアされました。

仲間の再確認

 このプロセスについては、最終クール突入に際しての一種のイニシエーションとして効いていたように思います。ただ、前述のようにやや「リサイクル」感覚は否めないところで、今更な雰囲気も若干はあるんですよね。

 しかしながら、それぞれの恐怖、例えばトワの足が動かなくなるとか、アスナが太るといった硬軟取り混ぜた語り口は実に巧い。そして、サタンマイナソーを強化したのが面々の「仲間を失う恐れ」だったのも非常に巧いと思いました。

 バンバが、「仲間の存在が弱さに直結する」という短絡的な結論に至る一方で、コウが「皆がそう思っているということは、皆が仲間を大切にしている証拠だ」と無邪気に応えることで、全員が恐怖を克服できるというくだりが、正に「リュウソウジャー」が掲げる第一義のテーマであることは、論を待たないでしょう。バンバがカウンターとして機能する限界ギリギリの線に立てたのは、恐らく今回が最後なのではないかと思います。

 私なんかは「スター・ウォーズ」のジェダイと比較してしまうんですが、ジェダイとリュウソウジャー最大の相違点は、コウの無邪気さにあるのではないかと思うんですよね。むしろバンバこそジェダイの原理主義的なものに近く、コウの行動自体はそれに反するものです。しかし、コウが無垢である故に、ノーブルな騎士であり続けられるというテーゼ。この辺りはルーク・スカイウォーカーの呈するポリシーによく似ている気もします。

次回

 どう見ても「逃走中」なビジュアルが予告の時点で炸裂しており、コメディ要素強め?? 坂田梨香子さんも登場ということで、楽しみです。



投稿者: SirMiles

【マー 🏃 SirMiles / Masafumi Fujimura / https://sirmiles.com / maruzoku】 Run、音楽、プラモ。趣味は広く浅く。生業はIT系。

ディスカッションに参加

6件のコメント

  1. 遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。
    いつもだと、年をあけると急展開になる戦隊ですが、まだ今回は通常モードでしたね。
    というか、放送から時間が経ちすぎて(というか、次の話の印象が上書きされて)あまり感想が書けない(おいっ)
    とにかく、出来る範囲でいいのでラストまでよろしくお願いします。
    それではまた。

    1. 記事のアップとコメントのタイミングがズレて、いつ新年のご挨拶をしたかよく分からなくなっていますが(笑)、改めてよろしくお願いいたします。

      かく言う私も二話分を視聴した後にようやくブログを書けていたりするので、整理するのが若干大変な状態です…(笑)。

      今シーズンラストまでは、どうにかちゃんと完走しますので、よろしくお願いいたします。

  2. 明けましておめでとうございます。

    今年もよろしくお願いします。

    今週はういちゃんがいませんでしたね。何かあったのでしょうか?

    リュウソウカリバーが全員に使える、というのはシンケンジャーのインロウマルを思い出しました。特定要員のパワーアップアイテムじゃないというのはストーリー展開上便利であるため、見ている楽しみが増します。

    マスターブラック、気になりますねぇ。後姿が見えるということは先の展開で顔出しもあるんでしょうか。

    1. 改めてよろしくお願いいたします!

      そういえばういちゃんを見てませんね。OPやEDには出てくるのであまり気にしていませんでしたが…。

      インロウマル、そうでしたね。あと、ニンニンジャーの超絶もそうでした。単純な装飾の上乗せなので、造形物としても各メンバーで登場させやすい面はありますね。

      マスターブラック、「まさか」と驚かされるようなキャスティングだと凄く嬉しいんですけどね。例えば細川茂樹さんとか(笑)。色々期待してしまいますが、果たして??

  3. 年明け一発目なのにクライマックス感が無い、と思っていたのですが、今作から放送時期がずれてるんですよね。すっかり忘れてました。
    ただ、テーマの再確認というか、久々の名乗りもあって、仕切り直し的エピソードではあったと思います。
    守るものが増えると弱点も増える、というのはヒーロー物ではありがちなテーマですが、コウの底抜けな前向きさが総てを飲み込んで前へ進ませているんですよね。リュウソウジャーはシナリオについては、色々「?」となる回もあったのですが、キャラクター造形としては、大成功だったシリーズではないでしょうか。

    話は変わりますが、新年早々、脚本家の上原正三さんが亡くなられたという報道がありました。管理人さんや私のような世代の特撮ファンは、上原さんの脚本に育てられたと言っても過言ではない、それ程、幼少期から影響を受けた作家さんでした。まさに特撮の父。謹んでご冥福をお祈りいたします。
    今ごろ、あちらの世界で円谷監督や石ノ森先生と再会しているのでしょうか・・・。

    1. 最強バトルで放送時期を調整したんでしたね。すっかり忘れていました。年明けから一気呵成にクライマックスという展開に慣れると、なんだか調子が狂いますね。

      コウのポジティヴなポリシーは、あらゆる考え方を持つメンバー全体を包んで、無理矢理にでも引っ張っている雰囲気があり、戦隊の中ではかなり珍しいパターンですね。そういう意味では、仰るとおりキャラクター造形としては成功ですよね。

      上原正三先生のニュースは非常にショックでした。
      私は上原脚本の持つウェットな(情念といった)部分に物凄く惹かれるので、明確な後継者不在ということに寂しさを感じています。
      円谷監督や石ノ森先生、そして円谷浩さんと再会して談笑していて欲しいなぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return to Top ▲Return to Top ▲