騎士竜戦隊リュウソウジャー 第44話「試されたキズナ」

 「絆」という言葉が陳腐化して久しいですが、まだ特撮界隈ではそれなりに輝きを保っているような気がします。特にウルトラでは顕著に思えるのですが、目的を同じくする複数ヒーローを擁する戦隊でも、それはまだ有効なタームとして機能するわけです。

 今回の美点は、そのテーマを大上段に構えるのではなく、細かい描写を連続させて主人公の成長した関係性を浮き彫りにしたことでしょう。



ヤバソード

 新たにエラスから生まれ出たドルイドン。正直意外でした。ガンジョージが量産されるものと思ってましたので(笑)。やはりマイナソーの代わり、いわば進化獣に対するメカシンカ、次元獣に対するバイオ次元獣といったような、後半戦を盛り上げるパワーアップ版怪人群と見做して良いかと思います。

 そして、マイナソーの代わりが現れるようになったということは、クレオンの敵側としての役目も終わってしまったということになります。やはり、これから先の展開でクレオンが何らかの鍵を握っていそうですね。

 ところで、このヤバソードですが、誕生直後という面がかなり強調されて非常に気持ち悪いキャラクターになっていました。強大な戦力を持っていたり、勝手に巨大化したりといった面では他のドルイドン達と共通しているものの、圧倒的に知性が欠けているあたり、かなり不気味です。私としては、割と嫌いなタイプの怪人でしたね(笑)。

プリシャスのチーム

 チームと言いつつ、そこに個人へのリスペクトは欠片もないあたり、プリシャスらしい悪辣さ。ガンジョージの1体も自爆戦法を強いられていましたし、エラスから誕生した直後の稚拙な知能を利用しているのは明らかです。

 そんな中、サデンがどう従わされているのか、明確になりました。やはり心臓を握られていましたね。そして、なんとサデンは…。

マスターブラック

 五人のマスターのうち、唯一人の生き残りとなったマスターブラック。サデンに化けてドルイドンとして暗躍していたという設定になっています。匂わせる描写が正体を明かす直前まで出て来なかったので、かなり意外でしたね。

 何のためにそんなことをしたのか、それは次回以降に譲っていますが、物凄い驚愕設定といったサプライズはないと思います(笑)。ただ、バンバを手ひどく打ちのめした過去や、その去り際の発言等に整合性を与える説明は期待できそうですね。

 このあたりは刑事ドラマが好きな坂本監督、「キョウリュウジャー」で行き当たりばったり感満載の連続サプライズに見事なエクスキューズを用意していたように、安心していても大丈夫なのではないかと思います。少なくともガイソーグ絡みよりは納得できそう。

 ここで「キズナ」ですが、バンバとマスターブラックの間には双方向性のある関係は見られません。ここでまたコウが持ち前のポジティヴ・シンキングで事態を解決していくのかも知れません。コウこそ、外部とのリンクを次々に果たしていく人物ですからね。

それぞれのチームワーク

 サブタイトルの「キズナ」は、主にこれらチームワークの描写に込められています。

 コウとメルトがアイコンタクトのみで互いの考えを読み取り、華麗な連係プレーでオトちゃんを救出するのを皮切りに、トワが逸るバンバに冷静になるよう促す成長振りを見せつけたり、コウとアスナが互いに背中を預けるという描写が観られたり…といった具合に、熱いカットやシーンが連続します。このあたりは集団ヒロイズムの練度の高さを充分に感じられますね。

 そして、極め付きはオトちゃんです。

オトちゃん巨大ロボに乗る

 「次郎くん怪獣に乗る」じゃないですが、今回一番の衝撃。

 未だ、テレビ版では騎士竜に素面キャストが乗り込んでいない中にあって、初搭乗がオトちゃんという快挙。しかもトレース型操縦なのでアクションもあるという! 色々と危機的状況で重い雰囲気を湛えたエピソードながら、この一連のシーンにはかなりのカタルシスがありました。

 いっそのこと変身まですればいいのに…と思いましたが、それはそれでやり過ぎかも知れませんね。ギリギリの線で理性を効かせているのは、今シーズンの美点の一つかと思います。

次回

 色々と謎解きの一端が垣間見られそうです。マスターブラックの変身もあるとのことで、期待してしまいますね。



投稿者: SirMiles

【マー 🏃 SirMiles / Masafumi Fujimura / https://sirmiles.com / maruzoku】 Run、音楽、プラモ。趣味は広く浅く。生業はIT系。

ディスカッションに参加

4件のコメント

  1. マイナソーはバイオマンにおけるメカジャイガンのような「舞台装置」の存在で、レギュラーの幹部キャラが話を進めるのが、リュウソウジャーのフォーマットなんだなー、と思っていましたが、ここで崩れてしまいましたね。タンクジョー2号とかガチレウス(弟)が出てきたら面白いけど、残りの話数を考えると雑に扱われそう・・・
    オトちゃんが意外に早く助かって、サプライズの巨大戦参戦があったり、尾崎さんと朴さんの女優対決(?)が互いのチーム観を良く現していたり、マスターブラック周辺はやたらと男臭いし、で楽しめました。
    コウは「かつては破壊を好んだけどアスナと出会って優しくなった」とか、「無自覚にティラミーゴを支配下に置こうとしている」とか、良くも悪くも無垢である事が指摘されてきましたが、メルトとアイコンタクトで奇策を実行するのは、むしろ「大人のしたたかさ」を感じました。
    これは「成長」なのか、「その場のノリ」なのか・・・うーむ・・・

  2. やはりコウとアスナのコンビ戦が最高に熱かったです!
    そしてレッドとピンクのペアというのが何気に懐かしい演出だと気付きました。近年の戦隊は、レッドは別格としても、他のメンバーは同格に扱うことが多かったり、複数ヒロイン体制の場合はヒロイン同士がバディを組んだりすることがパターンなのですが、昭和の頃は、完全にレッドとピンクでヒーロー・ヒロインでした。恋愛関係とか、そういうのは関係なしに。
    特にリュウソウジャーはアスナがコウよりも男前なところがあるので、バディ感がすごかったです。
    本文でも書かれているように、チームとしての差が明確に描かれているところも、実に戦隊らしいですよね。やっぱり子供向け番組は、プリキュアなんかもそうですが、恥ずかしいセリフや展開をバンバン押し出して行くべきです(断言)。
    そして意外だったのは、マスターブラックが結構軽かったこと(苦笑)。その辺りは次回に持ち越しですね。

  3. 番組早々に救助されるオトちゃん
    え~っ、吊るされないの(これこれ)
    そして変身しないで巨大ロボで戦うオトちゃんですが、空を飛んで登場するもんで、ジャンボーグAを連想してしまいました。
    で、用済み(?)となったクレヨンですが、お約束の
    「止めるなよ」
    が物悲しいですね(笑)
    マスターブラックは、正直正体はバレバレでしたが、ホント軽かったです。
    来週の変身には今から楽しみです。
    それではまた

  4. サデンの心臓=マスターブラックの心臓、ですよね。やっぱり・・・

    ここら辺はもうひと盛り上がりさせる仕込みでしょうけど、サデンの正体を顔見世するなら心臓のくだりは(ミエミエでも)描写しないほうが良かったのではないかと。

    コウとアスナの「ペア&背中を守ってくれる」については、ゴーカイレッドとゴーカイブルーの出会いの話、とキョウリュウレッドとキョウリュウピンクがデーボスに突っ込んで行った時を思い出しました。

    今週も日直アシスタント(それは某番組での立ち位置)のオトちゃん、リュウソウジャーをアシストするべく、ピーたんに乗り込みましたね。ひょっとしたらリュウソウチェンジまで出来ちゃったりして。出来るものなら最終話までに一度は見てみたいものです。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return to Top ▲Return to Top ▲