騎士竜戦隊リュウソウジャー 最終話「地球の意思」

 とんでもない結末が待っているのかと思いきや、結構普通の最終回でした。安心感が勝るというか、「良かったね」と素直に声を掛けられるというか。

 結末については概ね予想どおりでしたが、エラスとの最終バトルの中で意外性が織り込まれましたね。

 キャスト全員がやり切った感に包まれていて、その点ではかなり珍しいタイプの最終回だったと言えるのではないでしょうか。そういう芝居を要求されているというより、そういう感情が画面から滲み出ている感覚。まだ公演やVS等が残っているにも関わらず、「終わった〜〜!」という感じが色濃く出ていたように思います。



エラス

 俯瞰の荒野で、巨大戦から開始されるというインパクトある画作り。大きさを比較するオブジェクトがないため、スケール感の描写が難しいのですが、巧く空気感を調整することで巨大さを表現していました。

 総力戦という形容が相応しいシーンになっていて、あえて最強形態にならず3体に分かれて連携攻撃を繰り返していたところが良かったですね。いわゆる全合体が登場しなかったのは、個々の繋がりを「一体化」ではなく「関係性」で見せたかったというところでしょうか。そしてこれは大成功だったと思います。

 巨大戦ではエラスに歯が立たないあたりも、絶対者の圧倒的な存在感を示していて見事。騎士竜の力を込めたリュウソウカリバーしか封印する手段がないことに、ちゃんと収斂していく段取りが美しかったです。

 封印のビジュアルをどうするのかと思っていましたが、何と騎士竜のパワーを受け取ったコウが、リュウソウカリバーを手にエラスへ突っ込んでいくという、衝撃の描写に。エラスの抵抗で変身解除しながらもリュウソウカリバーを突き立てるコウの格好良さたるや!

 そしてエラスが徐々に等身大へと縮小していくことで、「封印」の説得力が映像化されました。謎フィールドに包まれて消滅といった描写でなく、創意工夫が凝らされたシーン作りに感服しました。

最終決戦!

 しかしながら、リュウソウカリバーは崩壊し、エラスの封印は成就されず。色んな意味でリュウソウカリバーに振り回されまくるリュウソウ族なのでした(笑)。

 ここで諦めないのは、今シーズンの積み重ねを見れば明らかなのですが、ここのプロットの特殊性は数多の戦隊の中でも随一と言えるのではないでしょうか。

 巨大戦のクライマックスを、騎士竜の力を託されたコウが担ったのに対し、今度はコウ以外のメンバーが一気呵成にエラスへの反撃を開始するという筋書き。正直驚きました。エラスによって生命エネルギーを奪われて、この時点で「死んだ」と見做せる状況のコウ。レッド不在でクライマックスバトルを繰り広げるという、意外性に満ちた、しかしながら「リュウソウジャー」として物凄く説得力のある展開でしたよね。

 エラスの中で、ちゃんと問題提起をするコウが描かれるのも高ポイント。肉体的なコウは不在でも、ソウルでは繋がっているというテーマ性の貫徹が心地良いですね。

 エラスが孤独に動揺するくだりには、「ウルトラマンG」のゴーデス最終戦を思い出しました。絶対者は孤独と表裏一体であり、他社との繋がりがある者には勝てないという、ダイバシティへの言及が鮮烈です。

メルトの忘れ物

 エラスの中に取り込まれた際、メルトが体内に落としていたというリュウソウル。そのリュウソウルこそが、コウ復活の鍵となる…様々な展開が収斂していく様子には圧倒されっぱなしでした。

 少々ご都合主義的ではありますが、エラス消滅後にパーッと光りながら復活するよりは何十倍も良い!

トワの謎

 トワは光を秘めているというマスターブラックの言を、エラス戦で少しだけ垣間見せたのですが、結局何が起きたのか具体的には示されませんでした。このあたりは今後の展開で言及?

カナロの怪しい視線

 これも明確には示されませんでしたが、カナロの次なるターゲットはアスナになったのではないかと思われる節があります。各々の「やりたいこと」を披露し合うシーンで、妙な視線をアスナに向けていたり、アスナが開いた学校に入り浸っていてアスナに怒られたり…。こちらも次なる展開が用意されているかも…。

ワイズルー様

 Twitterのトレンドに「リュウソウジャー」ではなく「ワイズルー様」が躍り出たことから、彼の人気ぶりが分かろうというものです。

 相変わらずクレオンとはいいコンビ。マイナソーを生み出す能力を持ったクレオンをエラスと同等だと評価し、意外なことにしっかり生存していたプリシャスと共に、新天地(クレオンの出身星)に旅立っていくラストは、何故か爽やかでしたね。

 彼らは「改心」したわけではなく、あくまで自分たちの興味で行動しており、それが破壊活動に繋がらなくなっただけというのも良い解釈。理想的な幕引きでした。

エピローグ

 それぞれの「やりたいこと」をちゃんと実行している面々の姿が爽やか。ちゃんとういも一時帰国し、レギュラー全員が揃って一枚のカットに収まったのが美しかったですね。

 龍井さんは抜群の存在感を発揮するキャラクターでしたが、最後まで存在の「意義」は抜群に低かったのが笑えます。

 長老も、登場話数の少なさが災いして抜群に存在意義の低いキャラクターに(笑)。しかも事業に失敗して村に帰っていたとは…。郷さん…。

その後

 既に「戦隊」は最終話が終わりではなくなっており、とりあえずひと区切りという感覚になっているため、各キャラクターの今後を描く余地が残されています。今シーズンも例に漏れず多数の「決着」が保留になっており、VSや他の媒体などで今後が描かれる可能性が非常に高いわけです。ファンにとって楽しみの一つになりますね。

今後のこと

 折に触れ、こちらやSNS等で述べておりましたが、個人的なリソース事情で週一のブログ記事アップが困難になりました。「キラメイジャー」は久々の純粋なダブルヒロイン体制とあって実に魅力的なんですが、残念ながらこれまでのようなペースでは展開できそうにありません。

 これまで飽きずにご覧くださった皆様には、心より感謝申し上げます。

 今後は月一とかになってしまいますが、完全にやめてしまうわけではありませんので、時々覗いていただければ幸いです。

 ありがとうございました!



投稿者: SirMiles

【マー 🏃 SirMiles / Masafumi Fujimura / https://sirmiles.com / maruzoku】 Run、音楽、プラモ。趣味は広く浅く。生業はIT系。

ディスカッションに参加

4件のコメント

  1. 43話でマスターブラックが「トワには光がある」と言っていたことが最後で示されましたが、管理人さんが言われる通りその理由については不明のままですね。

    この辺が次回に向けて明かされてくる可能性は・・・低いですかね。でも期待していたいです。

    恐竜自体が太古の生物であるため「地球」というワードが出てきたときに何となくキョウリュウジャーを思い出してしまったのですが、ドルイドンがクレオンの星へ向かった(地球から出て行った)下りでは、追放された、との違いがあるとはいえ、ジュウレンジャーを思い出しました。

    こちらも未来に向けて楽しみがある、と思っておきたいです。

    そして、リュウソウジャーにつきまして一年間の記事アップ、本当にありがとうございました。

    昨年のルパパトからコメントさせていただくようになりましたが、私の方も春の人事異動等で4月からしばらくはバタバタする生活になりそうです。

    とはいえ、番組を見なくなるわけではないので私もゆっくりとコメントさせて頂けたら、と思います。

    管理人さん、天地人さん、竜門さん、その他コメントされている皆様におきましても私の拙い文章にお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました。

  2. めでたしめでたし、で締めたくなる最終回でした。
    個人的な解釈ですが、コウという存在はリュウソウ族にあって異端だったのではないでしょうか。凶暴な本能を持ちながらも、メルト、アスナとの繋がりを経て変わって行き、それが周囲の変化を促してゆく・・・。分かりやすく例えると、リュウソウ族にとっての「ニュータイプ」でしょうか(違)。それはともかく、そのことが創造主を超える力となったのではないかと。
    最終回を終えて、公式から結構重大な設定ばらしがありまして・・・、何とクレオン由来ではないマイナソーは全てリュウソウ族から生まれており、それはリュウソウ族が増えすぎないように、あらかじめエラスに仕込まれていたこと!らしいです。
    このあたりのことは序盤にマスターピンクが蘇った時に考察されていた設定だったのですが・・・勿体ない・・・。
    邪推ではありますが、前作のルパパトが噂どおり、商業的に苦戦していたとしたら、1クール目は、商業面と現場で、結構な行き違いがあったのでは、と勘繰ってしまいます。コスモラプターなんて、居るだけになってしまいましたし・・・。
    ま、それはそれとして、一年間ありがとうございました。今シーズンも楽しませていただきました。ブログ自体は続けていただけるようなので、無理のないペースで続けるのが一番楽しいとおもいますヨ。
    それでは!

  3. 途中、いろいろと不満を述べさせてもらったリュウソウジャーですが、まさに「終わり良ければ全て良し」の最終回でしたね。
    郷さん(長老)や永井さん、ういさんも、キチンと出てくれました。
    まあ、郷さんはもうちょっと出てほしかったですけど、あまり気にならなかったのは、それだけリュウソウジャーの6人の存在感が大きくなったって事なんでしょうか。
    ワイズルーとクレヨンが生き残ったのは予想とおりでしたけど、まさかプリシャスまで生きてるとは・・・
    今までの行動と言動を考えれば、う~んなんですが、この後の展開を考えての事なんでしょうかね。

    管理人さん
    とにかくこの1年間ありがとうございました。
    今後も出来る範囲で続けていただけるという事なので、またよろしくお願いします。
    それとコメントに参加されている、白秋さん、竜門さん、M’sRoad さんほかの皆様方、コメントを読ませていただき楽しかったです。
    それではまた

  4. お疲れさまでした。一年間楽しませて頂きましてありがとうございます。
    「とっ散らかった」印象のあるリュウソウジャーでしたが、最終回は
    とても「らしい」ものでした。ワイズルーとクレオンはともかく、
    プリシャスまで続編(あるいは外伝)への引きがあるし、長老、
    マスターブラック、竜井ういちゃんも出てきて、バナナで締めるのも
    褒め言葉として最高に下らなかったです。
    真面目に語るとすれば、商業性や視聴率はともかく、内容的には常に
    一定のレベルを保つ現場のポテンシャルの高さを改めて感じる作品、
    それがリュウソウジャーでした。それではまたいずれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return to Top ▲Return to Top ▲