いわゆるお盆休みで、まとまった時間を手に入れたので作ったプラモの写真を一気に撮りました。

 まずは、このデス・スターIIから。

 スター・ウォーズ エピソード6に登場した超巨大要塞で、惑星を一撃で破壊するビーム砲を備えた、帝国の最終兵器です。スター・ウォーズに詳しくない方でも、Xウイングかデス・スターあたりはご存知なのでは。

 ちなみに、デス・スターIIは建造途中だが運用に問題はないという設定なので、中途半端な姿になっています。これをビークルモデルでキット化する発想が凄い(笑)。



キットの仕様、塗装など

 キットは標準のビークルモデルの倍のパッケージとなっており、完成品こそコンパクトですが結構なボリュームです。複雑な形状のパーツを組み合わせると球体ができ上がるという、珍妙な体験ができるので気分転換にはもってこいなキットです。

 塗装は、このキットから、本格的にアクリジョンベースカラーと水性ホビーカラーにシフトしています。アクリジョンベースカラーのグレーで下地づくりをし、調色した水性ホビーカラーのグレーやホワイトにて行いました。詳しいレシピは覚えておりません…。

 スミ入れはMr.ウェザリングカラーでのウォッシング。拭き取り痕が残らないように専用うすめ液で丁寧に拭き取っています。

各部ショット

 「各部」と言っても他の角度も似たり寄ったりなのでこの辺で(笑)。



投稿者: SirMiles

【マー 🏃 SirMiles / Masafumi Fujimura / https://sirmiles.com / maruzoku】 Run、音楽、プラモ。趣味は広く浅く。生業はIT系。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return to Top ▲Return to Top ▲