続いては、ナンバリングどおりNo.014のブロッケード・ランナーです。

 スター・ウォーズ エピソード4の冒頭で襲撃されつつ逃走を図っている宇宙船で、事件の発端を描く重要な舞台となります。レイア姫、ダース・ベイダー、C-3POとR2-D2という主要な登場人物がテンポ良く一気に紹介され、その段取りの良さは現在も驚くに値します。



キットの仕様、塗装など

 このブロッケード・ランナーも、パッケージは標準のビークルモデルの倍の容量になります。完成品は標準モデルよりも大きめのサイズですが、ビークルモデルのシリーズとしての統一感はディテールの細かさによって巧く担保されていますね。

 塗装はアクリジョンベースカラーのグレー+ホワイトによるサフ吹きから、水性ホビーカラーのグランプリホワイトをベースに調色したものを吹いています。細部の赤いラインはマルーンを筆塗りしています。この時はまだ新水性ホビーカラーに慣れておらず、筆塗りのコントロールに苦労しました。

 デス・スターIIの項では書き忘れていましたが、新水性ホビーカラーのつや消しクリアにフラットベースを追加したものをトップコートとして使用し、Mr.ウェザリングカラーでのウォッシングを行いました。

各部ショット

 ビークルモデル、まだまだ続きます!



投稿者: SirMiles

【マー 🏃 SirMiles / Masafumi Fujimura / https://sirmiles.com / maruzoku】 Run、音楽、プラモ。趣味は広く浅く。生業はIT系。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return to Top ▲Return to Top ▲