快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #46「抜け出せないゲーム」

 本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 新年第一回目となる今回は、お正月編としての体裁を保ちつつ、総集編をしつつ、次なる展開への布石を打つという、結構なボリュームを誇る一編となりました。

 快盗側はギャグ編、警察側はシリアス編といった具合に、両者の正月に対する職業姿勢(?)を反映させた作劇も見事。最終編突入が俄然楽しみになりましたね。



“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #46「抜け出せないゲーム」” の続きを読む

バンダイ 1/144 百式

 「Zガンダム」における、エゥーゴのクワトロ・バジーナ大尉専用機として人気の高いモビルスーツ、それが百式です。

 ゴールドに彩られた派手なボディが、クワトロことシャア・アズナブルの趣味に合致しているようにも感じられ、その統一感がキャラクターの妙味を引き出していました。百式自体は、次作の「ガンダムZZ」にも登場し、ガンダムチームの中の一機として引き続き活躍しました。

 HGUCで早期にリメイクされ、その際はいきなりメッキ仕様でのキット化となりインパクトがありましたね。近年になってREVIVE版でリニューアルされるなど、機体人気は相変わらず高いようです。



“バンダイ 1/144 百式” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #45「クリスマスを楽しみに」

 前回まででとりあえずノエルの件が決着したということもあり、今回はなんだかよく分からないシュールなコメディ回に。クリスマス編は総集編になったりすることも多いですが、敢えてここまで常軌を逸したエピソードを持ってくるあたり、なかなか挑戦的でありつつ、クリスマスという時期に相応しい雰囲気だったと思います。

 ただし、ザミーゴ周りの件は静かに、そして重い雰囲気で進行中。主に圭一郎がその語り部となることで、よりその重大性が強調されています。



“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #45「クリスマスを楽しみに」” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #44「見つけた真実」

 ノエルの「正体」が明かされ、さらにザミーゴが提供する「化けの皮」の真相までが明らかになる、激震の年末クライマックス編。

 一応、ノエルの謎に関して決着の付く話ではあるのですが、一気に鬱展開へ加速する感もあって、救いのある部分と救いのない部分が交錯する独特の読後感がありました。

“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #44「見つけた真実」” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #43「帰ってきた男」

 年末も近付き、急展開を見せる一編。これぞクライマックスへの助走と言った雰囲気です。

 ノエルの謎がさらに深まり、その「事実」に翻弄される快盗そして警察の機微が丁寧に描写され、警察側に至っては「相棒」の陰謀劇に肉薄する重厚な演出を見せてくれました。

 この急展開をお膳立てするのが、東雲悟という人物。配信コンテンツにて旧パトレン2号として登場したキャラクターです。残念ながら私は配信コンテンツを観ていないので詳細は知りませんが、圭一郎たちの同期でありパトレン2号だったという経緯さえ把握しておけば、鑑賞に支障はないようです。

“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #43「帰ってきた男」” の続きを読む

バンダイ 1/144 ガンダムMk-II

 かなり前、HGUC初版を組みましたが、その時、旧キットについて「お世辞にも出来の良いキットとは言えませんでした」などと書いておりました。

 申し訳ございません! その認識は完全に改めます。

 RGや新版HGUCがどんどんスタイリッシュになっていくのを横目に、Mk-IIってもっと無骨だよな…と思い、ふと、数十年前に挫折した旧キットを思い出した次第。どうにかして(安価で)入手し、あれやこれやの積みプラを放置して早速製作。道具も塗料も飛躍的に進歩した現在に、それらを用いて作る旧キット。ワクワクが止まりません(笑)。

“バンダイ 1/144 ガンダムMk-II” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #42「決戦の時」

 また引っ張ったらどうしようかと心配していましたが、無事デストラ退場となった激戦の一編。

 結局、最後の最後までポジションが明確でないまま退場していった印象ですが、皮肉にも華々しい散り様は、今シーズンの敵役の「当て馬ポジション」をよく体現したと言えそうです。

“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #42「決戦の時」” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #41「異世界への扉」

 ギャングラーきっての「空気」と個人的には思っているデストラの急襲編。

 とにかくパワーで押してくるデストラに、どう立ち向かうかというのが主軸ですが、透真とつかさの交流を添えてくるあたりが非凡。逃走劇、脱出劇、救出劇、激突、裏切り…といった各要素が一気に押し寄せてくる贅沢三昧な一編でした。

“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #41「異世界への扉」” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #40「心配が止まらない」

 前回のシリアスな展開との落差を意識したと思われる一編ですが、ここのところストーリーに流れているムードに引っ張られて、何となく弾けられていないような…。

 魁利にスポットを当てて、その猛進振り(例えばザミーゴを執拗に探しているとか)が伝えられるのかと思いきや、本筋とはおよそ関係ないオチだったりと、本当に「閑話」として制作されているものの、やや上滑りな感は否めませんでしたね。

“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #40「心配が止まらない」” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #39「こいつに賭ける」

 一週のブランクを経て、見応え充分のアクション編を展開。

 ザミーゴ絡みの要素がかなり明確になってきたことで、逆にこれまでのテーマが揺らぐという仕掛けが実に面白く、39話という3クール目のピリオドに相応しい動きが見られましたね。

“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #39「こいつに賭ける」” の続きを読む

バンダイ 1/100 ガンブラスター (ガンイージ)

 遂にRE/100でガンイージが発売されることになりましたね。MGでは訴求力が弱いMSに関しては、RE/100としてリリースするというスタンスがはっきりしてきた様な気がします。

 まだガンブラスターの報はなく、プレバンではないかとファンをやきもきさせていますが(笑)。

 ガンイージは、当時「ザク色のガンダム」というイメージで、結構驚いた記憶があるMS。後半登場のガンブラスターはその改修型ですが、本体はほぼリカラーのみという潔さも鮮烈でした。よりガンダムに近付いたカラーリングがこれまた新鮮でしたね。

“バンダイ 1/100 ガンブラスター (ガンイージ)” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #38「宇宙からのコレクション」

 東映製作の「宇宙からのメッセージ」を思わせるサブタイトルで、まさか第三勢力の宇宙人とかが登場する!? と妙な予想をしていましたが、実際は極めてオーソドックスな新ガジェット入手譚でした。

 さすがに新ガジェット入手のみに話を振るわけにもいかなかったのか、ザミーゴやデストラといった、口の悪さを隠さずに言えば「ギャングラーの空気」メンバーを活躍させ、何らかの伏線を張るといった仕掛けが導入されています。

 一方、ノエルの「居場所」を確立するかのようなテーマもあり、こちらは胸に響く良いお話でした。

“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #38「宇宙からのコレクション」” の続きを読む

グッドスマイルカンパニー MODEROID 六神合体ゴッドマーズ

 恐るべきことに、平成最後の夏にゴッドマーズのプラモデルが発売されました。

 スーパーミニプラで盛り上がる懐かしロボコンテンツのキット化に追随したのは明らかですが、所謂「中の人」が元スーパーミニプラの設計開発に携わっていた方だと知って余計に驚きました。

 「六神合体ゴッドマーズ」は直撃世代の私にとって、色々と思い入れのあるコンテンツ。DX超合金を幸運にも買ってもらったり、当時のプラモを作ったり、再販プラモを作ったり…。最近はサントラを買い直したりしました。

 当時のキットとしてはベストメカコレクションの1/440と、デラックスキットの1/300がありました。デラックスキットの方は合体ギミックを備えていたものの、ウラヌスとタイタンが省略されていたりと、結構残念な仕様。ただし、スフィンクスのギミックに関してはDX超合金より優れた部分もあり、後の超合金魂でも参考にされていたりします。

 作品の方は、語り出すときりがないので割愛致します(笑)。

“グッドスマイルカンパニー MODEROID 六神合体ゴッドマーズ” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #37「君が帰る場所」

 ビジュアルが奇異なので、もっとコメディ寄りなのかと思いきや、かなりウエットな質感が印象に残る一編でした。

 魁利と圭一郎の交流がメインになりますが、魁利の危うさと圭一郎の強引さのコントラストが見事にWレッドたるメリットを喚起していましたね。

“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #37「君が帰る場所」” の続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #36「爆弾を撃て」

 完全に警察のターンでしたが、快盗にも活躍の場が意外とあり、さらにドラマ上不可避な対立をも盛り込まれ、充実の一編となりました。

 ギャグとシリアスのバランスも見事で、咲也が原因で繰り広げられるドタバタは、彼の本質部分と敵の能力由来の部分が見事にブレンドされたものになっています。圭一郎の「名演」も素晴らしい。そしてつかさの意外な活躍振りもまた嬉しいところでしたね。

“快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー #36「爆弾を撃て」” の続きを読む

Return to Top ▲Return to Top ▲