現在のオススメ的なもの

 もうすぐ、「トランスフォーマー・アニメイテッド」が始まりますね!

 こういったアメコミなアプローチが、どれだけ現在の日本にウケるのか、非常に楽しみでもあります。

 結構なアイテム攻勢をかけてくるみたいですね。私は最近お小遣いが減る一方なので、購入できるかどうかは微妙ですが(苦笑)。

 ↓のようなラインナップになっています。

バンダイ 1/300 ゴーグルロボ その1

 歯医者に行って、歯科医院のリューターがあったら、プラモ削るのも楽だなぁと思いました^^

 そんなわけで、今度はこれを作ります。

バンダイ 1/300 ゴーグルロボ

 以前、サンバルカンロボをパチ組み&筆ベタ塗りで作りましたが、今度はちゃんと合わせ目を消したりして、丁寧に作ってみようと思います。

 が、箱を開けてみると…。



“バンダイ 1/300 ゴーグルロボ その1” の続きを読む

トランスフォーマー・オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/クリフ シュプリームレッドパール

 オルタニティ第三段は、イエロー仕様のバンブルと共に、このクリフがリリースされました。バンブルのバリエーションとしては、順当なセレクトと言えるでしょう。初代トイにおけるバンブルとクリフも、車種こそ違えど同機構を共有した関係ですから、非常に自然です。

 レッドの塗装は、かなりメタリックな質感に振られていて、落ち着いた感じが美麗です。メタリックカラーは色情報が増える為、分割線もバンブルほど気にならなくなっています。

 ロボットモードは頭部造形の変更によって、よりクリフに近付いたイメージに。元々、旧トイの頭部もかなりハンサムでしたが、このオルタニティ版はよりシャープなハンサム顔になっています。

 旧トイの「製造ラインの関係から、赤いバンブルが混入した」というマニアックな話題に甘えることなく、クリフにした姿勢を、是非買いたいところ。ちなみに、当時私は赤バンブルを掴まされたクチです(笑)。

 ミニボット系の同様のキャラクターは、他にハブキャップというマイナーなキャラクターぐらいしかありませんので、恐らくこれで打ち止めかと。次には何と、光岡オロチがスタンバイしています。

※インラインフレーム、FLASHプラグイン、JavaScriptの全てが有効なブラウザでないと、下のギャラリーは閲覧出来ません。

※ギャラリーが閲覧出来ない方は、「続きを読む」にて、同内容のWebページを見ることが出来ます。



“トランスフォーマー・オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/クリフ シュプリームレッドパール” の続きを読む

トランスフォーマー・オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー

 オルタニティ第三段は、まさかのバンブル。実車映画でのバンブルビーの人気振りを反映してのラインナップかも知れませんが、元々バンブルは超人気キャラクターですからね。

 このSUZUKI SWIFT SPORTモデルは、レッド仕様との同時発売。今回初めて、単なるカラーバリエーションではなく、別キャラクターによる展開を見せています。レッド仕様にはクリフが割り当てられ、往年のミニボットのコンビを思わせるリリースが、旧来のファンには嬉しいところです。

 ビークルモードは、SUZUKI SWIFT SPORT。バイナルテックを含めたこれまでの高級スポーツカー路線とは、一線を画すセレクトが楽しいです。試作モデルが披露された際に、パーツの合いが心配されましたが、改善された製品版も完璧とは言い難く、このあたりは前2体よりクォリティダウンと言えそう。また、イエローの塗装にもう少しグロス感が欲しかったところです。

 ロボットモードは、往年のバンブルのスタイルを彷彿させるパーツ配置ながら、かなりスパルタンなイメージとなっており、パワフルです。上半身はいかにもG1、下半身は実車映画を彷彿させるディテールで、実に面白くカッコいいスタイルになっています。

 前2作が同様の変形パターンであったのに対し、このモデルは旧トイをかなり意識した変形パターンになっています。ボリュームあるロボットの四肢が、たちまちコンパクトなクルマに収納されていく様子は小気味良く、ギミックも良く練られています。ただし、シンクロテックが今一つで、ギアの噛み具合が曖昧だったり、注意しないと変形不能に陥るハメになります。特に車体から脚部を引き出す際には、運転席のハンドルが下部に巻き込まれると、ネジを外しての大手術になってしまうので要注意。ラチェット君の手を煩わせないようにしましょう。なお、かなりの指の力と勇気も必要です。

 それでもバイナルテックよりは、変形に気を使わないレベルです。後はビークルモードのパーツの合いが良ければ完璧だったのですが…。

※インラインフレーム、FLASHプラグイン、JavaScriptの全てが有効なブラウザでないと、下のギャラリーは閲覧出来ません。

※ギャラリーが閲覧出来ない方は、「続きを読む」にて、同内容のWebページを見ることが出来ます。

“トランスフォーマー・オルタニティ SUZUKI SWIFT SPORT/バンブル チャンピオンイエロー” の続きを読む

トランスフォーマー・オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック

 オルタニティ第二段のメガトロンは、シルバー仕様とブルー仕様の同時発売を経て、しばらく後にこのブラック仕様が発売されました。

 例によって、詳細なギミック等の記述はシルバー仕様に譲り、主にカラーリングについて述べてみようと思います。

 ブラックの色合いの違いに言及するのは非常に難しいのですが、やや実車よりも黒の度合いが強いように感じます。全体的に、コンボイモデルのブラックと、色合いは大差ないようです。

 ロボットモードは、ブラックのメガトロンというより、古いファンにとっては「ニューミクロマン」版「ガンロボ」のカラーリング。アクセントのカラーはレッドになっているので、多少イメージは異なりますが、ガンロボ版のカラーをイメージしたブラックバージョンは、いくつかの商品で展開されているので、恐らく今回もそれを意識していると思われます。

 メガトロンはとりあえず、今回で打ち止め。次回はSUZUKI SWIFTモデルです。

※インラインフレーム、FLASHプラグイン、JavaScriptの全てが有効なブラウザでないと、下のギャラリーは閲覧出来ません。

※ギャラリーが閲覧出来ない方は、「続きを読む」にて、同内容のWebページを見ることが出来ます。

“トランスフォーマー・オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ダイアモンドブラック” の続きを読む

トランスフォーマー・オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン モンテレーブルー

 オルタニティ第二段のメガトロンは、このブルー仕様とシルバー仕様が同時発売されました。ブルーという、メガトロンにはやや馴染みのないカラーリングは、コンボイにおけるシルバー仕様と同様、カラーリングの妙味を感じさせてくれます。

 例によって、詳細なギミック等の記述はシルバー仕様に譲り、主にカラーリングについて述べてみようと思います。

 カラーの名称は、「モンテレーブルー」ということになっていますが、FAIRLADY Zのオフィシャルでは「プレミアムルマンブルー」となっています。両者のカラーイメージには大きな隔たりはなく、むしろ実写の色合いを良く再現していると言えます。

 ロボットモードは、ブルーのメガトロンという、これまでにないカラーリング。ところどころに紫がアクセントカラーとして配されており、ガルバトロンのカラー、あるいはビーストメガトロンを彷彿とさせます。ガンメタルの頭部は、ビーストメガトロンの系譜と言えそうです。

 メガトロンモデルはもう一体、ブラック仕様が発売されていますが、そちらの方がカラーリングとしてはややマニアックです。ブルーは単純に実車に合わせたカラーリングだと思って良いのではないでしょうか。

※インラインフレーム、FLASHプラグイン、JavaScriptの全てが有効なブラウザでないと、下のギャラリーは閲覧出来ません。

※ギャラリーが閲覧出来ない方は、「続きを読む」にて、同内容のWebページを見ることが出来ます。

“トランスフォーマー・オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン モンテレーブルー” の続きを読む

トランスフォーマー・オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ブレードシルバー

 オルタニティ第二段は、メガトロン。遂にバイナルテック系にメガトロンが登場です。というより、メガトロンが「クルマ」なのはマシーンウォーズ以来ではないでしょうか。

 このモデルは、ブルー仕様との同時発売。オルタニティは、同車種のカラーバリエーションを2体同時に発売するというセオリーになっているようです。

 ビークルモードは、FAIRLADY Zの現時点最新モデル。GT-Rよりコンパクトな車体ながら、随所にパワーを感じさせる曲面を、うまく再現しています。パーツの合いも良く、ミニカーとしての完成度は充分なレベルです。ブレードシルバーの色合いは、コンボイのシルバーよりも落ち着いたもので、メガトロンというキャラクターにマッチしていると思います。

 ロボットモードは、やや脚部の密度が低いものの、全体的なプロポーションはマッシヴな仕上がり。接地性もコンボイより改善されており、アクション性能も高くなっています。シルバー仕様は、オリジナル・メガトロンのカラーリングを踏襲しており、やや若返った感じの頭部造形と相俟って、シャープな印象を与えます。

 変形ギミックは、基本的に先のコンボイのバリエーションといった感じですが、全体的により整理されている感があります。ただし、シンクロテックの動作にコツが必要だったり、脚部のテールランプ部に強度的な不安があったり(私はブラック仕様を破損してしまいました)と、コンパクトなビークルモードの中に、いかにコンボイと同じハイトを収めるかという苦慮が、そのまま厳しいポイントとなって現れた部分もあります。

 それでも、手持ち武器が全く付属しなかったコンボイと比べてプレイバリューは上がっていますし、相変わらず一度変形させれば説明書不要になる仕様は素晴らしいものがあります。オルタニティはいいシリーズです。

※インラインフレーム、FLASHプラグイン、JavaScriptの全てが有効なブラウザでないと、下のギャラリーは閲覧出来ません。

※ギャラリーが閲覧出来ない方は、「続きを読む」にて、同内容のWebページを見ることが出来ます。

“トランスフォーマー・オルタニティ NISSAN FAIRLADY Z/メガトロン ブレードシルバー” の続きを読む

トランスフォーマー・オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ スーパーブラック

 オルタニティ第一弾のコンボイは、シルバー仕様とレッド仕様が同時発売で、遅れてこのブラック仕様が発売されました。リカラーモデルとして合計3台となったわけですが、オルタニティがコンパクトだということや、車自体のカラーバリエーションという趣も強いので、不満は全くありません。

 例によって、このアイテムそのものに関する記述はシルバー仕様側にゆずり、ブラック仕様の特徴を見てみようと思います。

 まずはビークルモード。GT-Rのブラック仕様として見た目は非常にクールです。ブラックというカラーリングのメリットとして、分割線が目立たなくなるというものがあり、よりミニカーとしての存在感が増しているような気がします。

 ロボットモードに関しては、「ニュークリオンクエスト・スーパーコンボイ」、「ブラックコンボイ」、「スカージ」、「ネメシスプライム」といった歴代ブラックコンボイのイメージを踏襲。特に「ブラックコンボイ」と「ネメシスプライム」を意識しているようです。

 これでとりあえずコンボイモデルは打ち止め。次回はメガトロン編に突入!

※インラインフレーム、FLASHプラグイン、JavaScriptの全てが有効なブラウザでないと、下のギャラリーは閲覧出来ません。

※ギャラリーが閲覧出来ない方は、「続きを読む」にて、同内容のWebページを見ることが出来ます。

“トランスフォーマー・オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ スーパーブラック” の続きを読む

トランスフォーマー・オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ バイブラントレッド

 運営していたTF系サイトでは、この「オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ バイブラントレッド」まで紹介しています。というわけで、以下の記述はTFサイト版の焼き直しです。

 オルタニティ第一弾のコンボイは、シルバー仕様とレッド仕様が同時発売でした。シルバーがコンセプトモデルという位置付けとするならば、こちらはコンボイのイメージを再現する為のモデルであると言えそうです。

 このアイテムそのものに関する記述はシルバー仕様側にゆずるとして、このモデルをいわゆるコンボイカラーにしたことによって、得られる印象を記しておきたいと思います。

 まず、ビークルモードに関しては、GT-Rのレッド仕様として素直に納得できる出来になっています。塗装精度自体も、後期バイナルテックよりはかなり良いという印象。

 ロボットモードに関しては、レッド部分がコンボイを想起させるのは勿論、頭部、手首、膝という最小限の部分にブルーを用い、腰と腿にシルバーを用いることで、オリジナル・コンボイのイメージ再現が高い水準で行われています。これは、コンボイのトータルイメージのカラーリングを巧く落とし込んだ結果であり、高く評価できると思います。

 バイナルテックより取り回しが良く、コレクション性も高いので、是非とも多様なシリーズ展開を期待したいところです。

※インラインフレーム、FLASHプラグイン、JavaScriptの全てが有効なブラウザでないと、下のギャラリーは閲覧出来ません。

※ギャラリーが閲覧出来ない方は、「続きを読む」にて、同内容のWebページを見ることが出来ます。

“トランスフォーマー・オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ バイブラントレッド” の続きを読む

ミニプラ シンケンジャーロボシリーズ サムライハオー

 毎年、バンダイ・キャンディ事業部から発売されるスーパー戦隊シリーズの「ミニプラ」ブランドは、挑戦的な仕様で高いクォリティを維持していることが知られています。

 私も、「ガオレンジャー」あたりから買い始めたのですが、「ガオ」からしばらくは買うだけ(いわゆる積みプラ)になり、本格的に作り始めたのは「ゲキレンジャー」からです。

 今年度の「シンケンジャー」のミニプラも、挑戦的な内容になっており、充実度は非常に高いものになっています。今年度も、パチ組み+全塗装(一部シールで手抜き)のパターンで作りました。合体パターンがあまりにも多いので、最終形態のサムライハオーと、おまけのダイゴヨウを紹介します。

ミニプラ サムライハオー

 こんな感じで、とってもスタイルがいいのです。

“ミニプラ シンケンジャーロボシリーズ サムライハオー” の続きを読む

トランスフォーマー・オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー

 これまで、トランスフォーマーの、それもバイナルテックやマスターピースを専門としたサイトを運営してきましたが、これからこちらに書いてみることにします。というわけで、以下の記述は前述のサイトの焼き直しです。

 また、FLASHでギャラリー的なものを作ってみたので、トランスフォーマー系はそれを用いて紹介してみようと思います。擬似的にアングルを変更出来るようにしてみましたが、写真の露出調整がダメダメなのは御容赦を。

 バイナルテックのエッセンスを継承したオルタニティは、バイナルテックで培われたリアルなミニカー路線と、2007年度劇場版のアイテムで培われたリアルなロボット路線(そして変形のし易さ)の融合とも言うべきシリーズ。ちなみに、オルタニティはバイナルテックの海外展開名である「オルタネイターズ」を踏襲したものと思われます。

 第一弾は、トランスフォーマーファンのみならず、多くのトイファンにアピールしやすいキャラクターである「コンボイ」に決定。人気車種であるGT-Rをカーモードとして選択するなど、入念な企画が伺えます。

 ビークルモードのスケールは1/32となり、バイナルテックの1/24よりかなり小さくなりました。また、基本的に外装はプラスチック製となり、強度が必要な部分にダイキャストが用いられるなど、バイナルテックにおける質感重視の傾向を受け継ぐのではなく、強度や遊び易さが重視されています。しかしながら、外装は全面的に塗装されており、ミニカーとしての完成度はちゃんと追求されているのが嬉しいところです。

 変形プロセスは、複雑すぎるきらいのあるバイナルテックより数段簡単になりつつも、各パーツの動きは非常によく練られており、シルエットの変化が重視されています。また、売りである「シンクロテック機構」は、劇場版アイテムの「オートモーフ」を取り入れた形となっており、複雑な変形手順を省略するのに一役買っています。

 ロボットモードは、初代アニメのイメージ再現に務めたバイナルテックとは全く違うアプローチになっていおり、むしろ、劇場版の実写CGのイメージを反映させた印象でまとめられ、フィギュアとしてかなりクールなものになりました。この傾向により情報密度が高くなった為、バイナルテックよりもむしろ精密感が出ており、その満足度は高いものとなっています。

 物語の方は、もう殆どコアな同人系と化しており、私の理解の範疇を超えてしまっています(ちゃんと読めば分かるのでしょうが、面倒…笑)。

 とりあえず、コンパクトなラインでこれだけのものが出てきたという点で、高く評価しておきたいと思います。

※インラインフレーム、FLASHプラグイン、JavaScriptの全てが有効なブラウザでないと、下のギャラリーは閲覧出来ません。

※ギャラリーが閲覧出来ない方は、「続きを読む」にて、同内容のWebページを見ることが出来ます。

“トランスフォーマー・オルタニティ NISSAN GT-R/コンボイ アルティメイトメタルシルバー” の続きを読む

仮面ライダーW 第18話 「さらばNよ/友は風の彼方に」

 唐突に「W」について書いてしまいますが、何と言っても霧彦さん退場だったので。

 この霧彦というキャラ、どういうポジションにしたかったのかが、今一つ見えにくかったのですが、冴子の冷酷なキャラを印象付ける為に、周到に用意されたものだったということでしょうか。

 翔太郎との関わりや、若菜との微妙な関係を見ると、ホントに勿体無いキャラなので、今後何か仕掛けがあるのかと予想してましたが、あっさり「消滅」してしまいました。ナスカメモリに霧彦の情報がフィードバックされていて…とかも考えましたが、公式サイトを見ると、しっかり君沢さんが「オールアップ」の花束を抱いていて。

 1年間通して育てて欲しいキャラだっただけに、残念です。

 次回にはアクセルが出て来ますが、単純にイヤなヤツなのは、やめて欲しいところです。多分、大丈夫だと思いますが。

バンダイ 1/100 シャア専用ザク(旧キット) その3・完結

 完成しました。

バンダイ 1/100 シャア専用ザク(旧キット)

 脛部の割れ以外はトラブルもなく、かなりの短時間での完成となりました。素組みバンザイ!

 色は、前回の工程を経て、ガンダムカラーのシャア色を2色そのまま使用。

 グレー部分も全てガンダムカラーのグレーで。バックパックもガンダムカラーのレッド。ヒートホークは、オーソドックスにパープルで塗り、刃の部分をイエローで細吹きしました。

 後は、エナメル塗料で墨入れ&ドライブラシ。武器のドライブラシはシルバーにしました。

 ※結構重い画像の連発につき、ご注意下さい。

“バンダイ 1/100 シャア専用ザク(旧キット) その3・完結” の続きを読む

Return to Top ▲Return to Top ▲